日記


2021年8月29日(日曜日) 色事典は、ピンクどうなのかな?

 今週のたろっと占いですよ。
先週は少しは、のんびりできましたか。私は、いつも通りでした。
さて、今週の世界のキーワードです。
でたのは、力の逆位置でした。
遂に、国が国を、支え切れなく、なってきています。現政権に弱さがあって、このまま持ちこたえるのに、協力するかしないのか、です。
コレに従えば、節制の逆位置でした。
皆で、弱さを受けて、しまいますね。チームワークを崩して、ささいな、喧嘩を繰り返したり、チャンスを素通りしたりします。しかしながら、皆でそうやっていれば、割と、恐くないし害もありません。結果的に、国は活かせて、いつも通りの、生活です。
従わなければ、悪魔の正位置でした。
何か、波乱含みです。悪魔の誘惑でもあるかのように、政党の方々が、堕してしまい、国のことを全く考えません。かなり状態が悪くなるまで、気がつきませんし、危険です。
さて、今週の人です。
でたのは、隠者の正位置でした。
光明を見抜く、賢人です。今週は特に良い導きを知っていますので、素直に従いましょう。国を支えながら導いてもらえば、良いのかもしれません。お礼は国を良くすることで!
今週は節制したほうが、良さそうです。多少の苦しみは受けたほうが良いのかも、です。

 こぴっくのお話を、兄としていて。
油絵とこぴっくの、お話になって、思いついたことが。
こぴっくのピンク色ですね。相当、色々、種類がありますが。
たくさんピンクがあるイーグルカラーでも少ないくらいに、多いのですね。
しかも美しい。
兄のお話によると、油絵は顔料で、こぴっくは染料だというのです。
使っている材料が、違うのですね。
染料の激しい程の、特徴ある色の、特性を活かしたのが、こぴっくのピンクです。
暖色系がお好きならこぴっくを選ぶのも、悪くないです。
ただ、全体的に明るい色がお好きなら、海外のものを選ぶほうが良いかもしれません。

 アドナイさん、結局、み力、開かないのかなあ?
放ったらかしになっていて、何も、おっしゃらないのです。

自分勝手なのですけれども、み力、開いておきますね。
別に、何がどうとか、ないのでしょうが!

朝の契約のお菓子、頂き忘れていましたよ!
いま、頂きましたが、だいぶなくなってきて。また、買わないとな。

 アフガニスタンですか。
アドナイさん「不安定だろう?しかもかなり。皆恐がっているが、手もだせない。正直にな、アメリカ兵が、110人も殺められたのだから、もっと報復も、多くなるべきだろ。何か、先に作戦があって、順序良くしているなら、問題はないのだが。この問題を解決すれば、先行きの不安もかなり、なくなるだろうがなあ・・・、まあ、可哀想な、状況だな」。
はい・・・。

 ロシアで、感染症ですか。
アドナイさん「かなり恐ろしくてな、もう、神頼みだから、私も、忙しいぞ。結局、オーストラリアもだが、長続きしているし、収まる傾向がない。何らかの、良い薬がでてくること、これが重要だなあ、日本辺り、良い薬がでてきたら世界中に配ってやってくれと、いってあるだろう?その、アースさんの言葉が守れるなら、やってみたらどうだ」。
ワクチンは色々な国で、でてきていますが・・・。

 また、今週は母のショート・ステイだぞ。
やることを作ろうと思って、賑やかしチラシでも使える、イラストを一枚描いてやろうと、考えていたのですが。
また、描けてしまいました・・・。
で・・・、でも、チラシはもう、作らないです。20号までですね。
18号で、もう、福祉施設には、お送りしないとお手紙に書いてあります。いつまでもお世話をおかけするのもイヤだし、チラシが、たまり過ぎる。次にいったら、引き取ってこよう。
一般家庭には、切手代と、ネタのことが解決するなら、一応まだ、できるのです。
ただ、飽きますよね・・・、コレ。
まあ、感染症が、どこまで続くのか・・・、個々の孤立問題がいつ、解決するのかです。

大体、感染症の、今の状況が厳しすぎて。
賑やかしチラシも、早め早め、差し上げてしまい、ご迷惑が、かかるのです。
たとえ失敗チラシでも、暇つぶしには、なりますから。
電子版で、お送りすれば、根本解決になりますが。ここでも、できますよね。
でも、それだと、被災地などは、素通りですし。ご年配の方々の支援は、できないです。
今では一人暮らしになってしまった方々などおられて、どうにもこうにも・・・。

な・・・、何か。
いま、いつも使わない引き出しを、開けたのです。
そこには、お金が入っているのですね、お小遣いで使わなかったもので、いくらかです。
数えてみると、賑やかしチラシ十回分くらいあって。
コレを使うのなら、できるのです。切手代は、払えます。
でもまあ、そこまでするとおせっかいが酷すぎます、やめておくべきですよ!

 やはりダメですか!
アドナイさん「ごめんな、気を遣ってくれているのは、分かるが。み力はもう閉じておく。私が指定したもの以外、開かない。連中が気付かずに、悪さをするのでな。皆にもすまないな」。
分かりました、アドナイさんがご指定したもの以外、み力、閉じます。

 結局、送り先を、減らしますか?
アドナイさん「これからも続けるとしたら、だな。賑やかしチラシは、各地、淋しがっている方々に、送ってきただろう?感染症が収まれば、人と、会えるようになるだろ。被災地のおばさま達も、孤立世帯などにしても、もう、必要ない。まあ、以前、会誌をやっていた方などに、差し上げたら、面白いかもな。後は、隔月でも、四季に一回でも良いし、気楽にやってくれ」。
そうかー。

それじゃあこうしよう。
次回、20号は、普通に差し上げて、それで一般の方々には、終わりにする。
そこからはインペリアル;コードの方々プラス2名様に、差し上げます。
年の回数については未定ですが、まあ、それ程重要でもないし、やれるところまで、です。

 う〜ん・・・。
結局、ゆめだよりは、終わりになったらしいです。
というよりも、表紙自体がなくなって、こころちゃんは挿絵になるらしいですが。
別に、読者様に求められていない、それが良く分かり。
何か、虐げられている子のために働くのが、馬鹿馬鹿しいなと。結局、私の好意など、いらないのですね、はなから、お断りだったのでしょうね。
もう、虐げられている子のために、働くのは、やめよう。
ここでも、そうしますね。

ただ。
ナゼかこころちゃんがお好きで、ファンレターを下さった方々が、いらっしゃるのですね。
ここでも、やめないで欲しい、そういって頂けた、ことも過去にあって。
何か、私を、嫌がられているのだろうな、そういう方々が大半なのでしょうが。
やめてしまうことで、そのこころちゃんがお好きな方々に、申しわけ、ないのですね。
定額給付金で足した、スクリーントーン、まだまだ、新品がありますし。
もう一度、福祉施設には、かけあってみます。
描きかた・仕上げかたが、変わるかもしれないな、など、思っています。
アースさん「あの〜っ・・・、ちょっと、賑やかしチラシのこと、よろしいですかね?」。
急に、何だ。
アースさん「一応、アドナイさんはああおっしゃいましたが。僕は、福祉施設のみお送りせずに、被災地や、孤立支援のことは、続けて頂きたいです。よろしくお願いします。絶対、淋しがる方々がいらっしゃいますね、続けたほうが良い」。
ありゃあーっ!?もう、次の、予算を組んでいたのですが!とほほほ。

 それじゃあ結局予算は、あれくらいで・・・。
アドナイさん「お取り込み中、失礼!うん、良かった良かった。お前は我々の試みに、よく、打ち勝ったな。金や名誉に尻尾を振らないでいたな、うん、よろしい!」。
はて?
アドナイさん「ちゃんと、良いものを任せてやろうかなあ!面白かったぞ、では!」。
結局、何かあったの?

 賑やかしチラシですが。
結局、来年から、また、資金は得るワケで、今のところ心配は、ないのですね。
でも、あまりネタがないし、基本的に、隔月くらいで、良いのかなと。
それで資金が余れば、また、差し上げれば、良いだけであって。
コレで来年一年やろうと思いますが・・・。
感染症は、もう、収まるのではと思って、まあ、正直、計画倒れかなと思いました。

何か、私に、いいたいことがあると。
アースさん「あのさー、賑やかしチラシや、お手紙ですが。政府とか、福祉って、自分から、滅多にきませんよね?分かりますか?」。
ま・・・、まあ、私のお家にも、あまりこないのだよね。
アースさん「福島とか、お金をもらっているようで、全然、各家庭に、届いていないのですよ。当然自活、君にお手紙をもらって、やっと溜飲を下げる、そういう方も、いらっしゃるわけです。しんどい生活して、慰めなど、全く、ないのですね。こういったボランティア頼みなんて、酷すぎますよ。更に、一般家庭のお母さん方など、旦那さんの分も負担が増えているし、お互いに愚痴吐きして、会いたいのに、お友達にも会えないなどの状態、どうしますか?まだやめないでよろしいですよ」。
う〜ん・・・、続きやるなら、もうちょっと、情報源増やしたほうが、良いよな。

でもまあ。
チラシも、普通にしていれば、良いのですね、それ程に、気にする必要はないですね。
まあ、あまり気にしないで下さい。
期待できるようなものはどの道、作っていないですしね。

 アフガニスタンと、ロシアが何か?
アドナイさん「交流がな、途絶えたら危険なのだ。防衛問題で欠席とかは、まだ良い。ロシアのように上からものがいえる、国がいなくなると、どうなるかな?そのロシアが、感染症で、重大な危機だ。国際問題があるからといっていても、防衛線がなくなってしまう、その危機を捕らえないといけないぞ、正直まだ、問題は始まったばかり、将来的な子どものため、ある程度、戦うべきだぞ」。
アドナイさんの説得は、続くわけですけれども・・・。

 まあ、とりあえずやれるところまでは、賑やかしチラシも、ここも続けて・・・。
アドナイさん「あと、なあ。お前は以前に、虐げられている子を汚いと、いっただろう。聞きたいのだがな、あれは何でだ?」。
う〜ん・・・。
結局、我が身が可愛いというのか・・・、自分が好きなのですね。自己批判できないというか、人を傷つけても自分のほうが大事で、自分が可哀想だから、他はみえない。どれだけ、人を傷つけることをいっても自分を庇う。その行為は悪に近いのではないかな、そう思うのですね。それが実際に、悪に堕ちるとかいうのではなく。神様は結局それを、裁かれないでしょうし。
アドナイさん「そうだな、まあ、悪かった。ごめんな」。
どうもすみません。

それでは、今週も疲れない程度張り切って参りましょう!


2021年8月27日(金曜日) スタートせっとは売り切れ多い!

 こぴっく、最初は12色から、スタートしました。
大昔に買った分は、30本程、あったのですけれども。学び直すため、本を買い、それに従って、買い直しをしたのです。
自分の描きかたには、渇き切ってから塗って、あまり色が広がらない、そういう、クセがありました。
それでは、こぴっくの「ぼかし」、広い色味での「重ね塗り」ができません。
思い切って変えて、2〜3年経ちましたが、やっぱり、変えて良かった面もありますね。
すぐみて飽きるような、イラストから、少し、逃げだせたというのか。
先生がたには敵いませんし、これまででも、満足はしていないです。まだまだ、です。

その12色からで、結果的に、その後買い揃えをして。
そうしたらこぴっくは、圧倒的に数が多いのですね。焦るくらいに。
一度、してみると良いと思います。とにかく、多いから!
でも、パターンを記憶すれば、番号などで色を選べるようになっていき。
順当な色使いができるようになって、上達するのかもしれません。
ただ、全く違った色味を合わせる、そういったセンスのある使いかたを、したいものですが。
やはり練習が、必要です。
圧倒的に生まれつきで上手いか、相当しつこくないと上達できないと、思います。

 今回のイラストは、ギルティギアのミリアです。
一枚、息抜きに、描いたものですね。
ちょっと、南国風かしら?
左フレームの、イラスト3よりご覧下さい!

 賑やかしチラシの、発送をしましたよ。とっぷからのイラストにも、UPされています。
投函したところなので、まだ、届かないと思いますが!
今回は印刷のできが悪いし、申しわけない。
急かされなければ、もっと良いものを、作れるだろうにな。
後一号のみなので、もう、焦りはないですね。
何か、意味なく、それ以降、続きの原稿が、あるのですが!中の人のいうことは実行しないかと。

 先日の兄の記事は、ウソですって・・・。
ガブリエル「どうもすみません!もうそろそろ、良いほうにエネルギーが向いてきたので、今週から少し、あなたは、お休みに入ります。ちなみに、先日からのことは、犠牲です」。
もう、兄の面倒はみないつもりですが。
ガブリエル「お恥ずかしながら、頼みます。もう、お兄様の、お元気が、なくなっているのが分かります?ところで、賑やかしチラシは、もう差し上げない・・・」。
もう、いらないだろ、こういうのは。意味がないよ、印刷、失敗するしさ。
ガブリエル「大丈夫ですよ、印刷とか。むしろやめてしまう、これが問題ですね。後10号、お願いできませんか?」。
イヤです、やりませんよ、どうせあなたがケチなことをしてイヤになる、決まっていますね。
ガブリエル「儲からないお願いばかりで、どうもすみません。資金はお渡しできますので、ぜひ」。
ネタもないし、あなたの頼みなど、イヤです!もっと絵が上手い方は、いるでしょう。

大体です。
もう、十分、チラシ置き場を賑やかした、です。福祉施設のですね。
緊急事態宣言で閉所されて、チラシは減らない、これでは、置く意味もないですね。
今では会誌みたいになってしまっていて、後悔というか、お金は結構かかるしで、無理なのです。
儲けが欲しいとか、そういうものではなく、単純に切手代が結構かかります。
ガブリエル「ちゃんと、お渡ししますから!もっとありふれた、話題で良いですしね。それにもう福祉施設に、お配りしなくても、良いですので。私がお願いしたいのは、個別宅の、孤立問題なのです、感染症で、もう少し、お時間を頂きたく思います。それにもっと、隔月などでも良いですしね、もし、長く続けて頂けるなら、もっと違った形の、孤立支援だってできますし・・・」。
勝手に夢を広げないでくれーっ。不登校の子にお配りするとかの、ご縁ならともかく。

 しかし不登校か〜い。
学校、いけないとか、そういう問題より。このような状態で、いけるほうが、珍しいよ!
いじめとか半端ないだろう、絶対!いかないだろ!
不登校の皆さんは、命を守るようにしましょう。長生きしようぜ〜。

 今までの記事、消してしまい、良いのか。
アースさん「ええっと・・・、まず、無茶苦茶な人生で、ごめんなさい。そしてありがとう」。
私の人生、終わりみたいだな、それ。
アースさん「人としては終わり、です。それではこれから、三位の神様として、生きて下さい。三位の神様以上ですが。長生きを心がけて」。
はぁーっ!?何だそれ!?

 み力ですかね?
アドナイさん「お前にケチをつける、ヤツがいてな。み力なんてないっていうのだよ。まあ、そうかもしれないけれども、閉じておいて、くれないかな。別に、構わないだろ?」。
はい、それなら別に、み力は閉じておきますので。

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆


2021年8月25日(水曜日) 基本に立ち返りたい

 小説がなくなって。
お話を書かないと、このページが、無駄になりますが。
いまいち、書く気がしないというのか。書くことには、無気力ですね。
誰も、期待していないし、いい加減ので、良いのですが。
いったん、書くことに熱中すると。そればかりに、なるのですね。
それなので控えているというのもあって。
節度を持って書ける、小説書きの方々は、やっぱりスゴイですね。
いや、まあ、でも。熱中される方もいそうです(汗)。
私などよりも、熱意はあるだろうし、書きものがお好きな方ってスゴイじゃないですか。
本とかに、かじりつけたりするし。また、本とか読もうかなあ。

ただ、一回二回、長いのを、やっていると。
次にいくのが、何というのか、前の、余韻があるというのか。
少し、間を空けてみたく、なるのですね。
またスグに長いのをやると、息切れするし、何か、息苦しいです。
短いものを書けば、すぐ終わってしまいますが。そちらのほうが良いような。
母がデイケアの日とか、ショート・ステイの日に、やれば良いですが。
何か、続かないのですね。ここら辺がいかにもシロウトですね。
まあ、こういった普通の記事でも、別に良いですしね。本の感想とか、書ける人間ならなあと。

 アメリカ軍撤退表明か。
アドナイさん「逃げ腰だよな、ここら辺。いったん逃げておいて、でも、なさそうだし、せめて一人でも多く逃がしてやれよ、一般市民をな。さて、荒れるぞ」。
どうも何だか、危険過ぎるよ・・・。

しかし預言者なあ。
私は、神様に対して、何か、いけないことでも、したのかなあ。重過ぎる。
もっと地道な、こう・・・、体を使って働くお仕事、頭脳は学校いかずにダメなので。
だって人間の、微妙な駆け引きと機知、コレが分からないと、このお仕事できないよ。
そこら辺で下手したら亡くなって、闇に葬られる、それもあるわけで。
ま・・・、まあ、素直に神様のおっしゃることを、お伺いしていれば、良いのですが・・・。

 気はついたら、そのようなお仕事をする羽目になり。
危険なことに、家族を晒してまで、やりたくはないですが。
大国に提言をしたり、しなければいけないのです、こういうのは。
しないと、ダメですかね・・・?日本のために、なりますかね。
アドナイさん「それだからな、家族のことは、お前が守っているのだ、気にするなよ。何で、こういうことをいうのかというとな、アメリカがあまりに逃げ腰でな、アフガニスタンの民衆が危険に晒されているからだよ。皆が、逃げ出したいのに、できないだろ。国際協力的な立場では、日本のためにはなるからな、大丈夫だ」。
しかしまあ何です、酷い状況です。
アドナイさん「死に物狂いだろう、あそこは、いま。私は提言しておく、アメリカが今逃げなければ、世界の平穏は、守られるのだ。テロ組織とは、戦うというべきだ。ひいては、それがイスラムのためだぞ。国際協力も得られるし、これはテロ組織からの防衛線だから、守っておいてやれ。私の、警告を聞かなければ、引っ張った糸が抜けて、アメリカもイスラムもダメになる。聞いておけよ」。
確かにそうですが、いま、アメリカ兵も、逃げられるのかな。大丈夫なのか。

 アドナイさん「急にだが、3日程閉めようと、思う。まあ、こいつは元気だし、不思議がっているが、たまには、良いと思ってなあ」。

何か、急に、お暇を頂いて。
もう、自由にして良いというので、書いてみるとですが。
何だか更新することが、できない状態が続いて、特に、やる気も、起きずに。
先程から、頼まれて、作業をしていましたが。長くなり。
アドナイさんがぽろっともらしていたのはですが、何かもう、イヤになったらしい。
何のことかは、良く、分からないのですが、何か、やるつもりらしい。これ、書いちゃダメなの?

ええーっ、やっぱり、書いちゃ、いけなかった。
アドナイさん「まあ、なあ。しかし何だか、お前が書いてくれたからか、少し、マシになった、どうもありがとう。まあ・・・、障害者五輪が、あるだろ。プロスポーツ選手達が、こう、頑張って。でもなあ、あそこにでているような方々は、恵まれた、障害者でなあ。市井にいる障害者というのかどうか、疑問に思うのだよ。私は、何だか逆にそういった方々が憐れに思えてな。すまなかった」。
何か、するつもりだった・・・!

 作品展ですか?
アドナイさん「まあ、一生懸命頑張った、でもなあ、だな。結局、途中で終わってしまったな、何でかな。実現するには、色々、陰に苦労があったろう。率直なお前の意見が、聞きたいのだ」。
う〜ん・・・。
皆が、本当に望んでいるものは何かな?って。作品展も長くなってくると、色々と時間を割いてもらったり、色々、できるようになった、です。でも、皆がやりたいことが本当に、みつからなくなって、あれ?ちゃんとできているのかな?って。
アドナイさん「皆は、真剣ではなかったのか、なるほど。本にするそうだが、なかなか、打ち合わせもしないようだ。確かにやる気があるのかな?だな」。
本当にやろうと思えば、できるのだね、本当。でも、もし、形にしたいけれど、途中で自分で諦めてしまったら、できない。私が手をださないのは、本当にやりたいことに、手を貸したいから、です。やりたくないなら、やめてしまうでしょう、でも、それなら、仕方がないでしょう。
アドナイさん「まあ、確かに電話とかでも、打ち合わせできるしな。ありがとうな」。
余計なことは、したくないからね。

やりたいけれども、できない?
ガブリエル「はい、作品展は、そういう状態です。どう思います?分かりますか」。
私の場合、大抵、どれだけでも、やるべきことはやってやる、形式だったからね。少なくとも今まで、それで作品展もすたっふさんに、頑張ってもらって・・・。
ガブリエル「確かにある意味気合がない、それはいえますが。体調が悪くなったりと、なかなか、てこずっているようですね。力を貸してあげればどうですか。今回は本当に、作品展を、やりたいのだと思いますよ。あなたが、一番、本を、仕上げるのに、確実です」。
う〜ん・・・?

仕方ない、もう一度、作品展を、やってみるか。
まあ、隅っこのほうで小さく、ご協力みたいなね。今は、別に、おやりの方が、いるのだしね。


2021年8月22日(日曜日) 感染者どこまで増える

 今週のたろっと占いですよ。
先週は大荒れでしたね、皆様、大丈夫ですか。
さて、今週の世界のキーワードです。
でたのは、隠者の逆位置でした。
ステイホーム・オン・オフです。長く続く中で、ご病気になりかけたり、精神不安定になっておられる方々の、平安はあるのかという、ことです。
コレに従えば、隠者の正位置でした。
ステイホーム・オンなら、こちらになります。お家の中で我慢をすることになりますが、何かの生活の知恵を、得られるでしょう。非常に地味なので、生活にハリをつけましょう。
従わなければ、女教皇の正位置でした。
ステイホーム・オフなら、こちらですね。オン・オフどちらも、知恵に関することです。外にでていくなら、それに関して、堅実な判断が、できます。マスクはつけておいて、損はなさそうです。
さて、今週の人です。
でたのは、戦車の逆位置でした。
勝ちにいく判断ができずに、世間に負けてしまった、方々です。勢いを欠きますが、今週はツキが回ってくるので、生活をしっかりと、安定させましょう。
今週は安全な感じがします、割と、大丈夫かもね。
ちょっと、地味なのが欠点ですか。

 サラサの、続編です。
今回はビリジアンです、よく、からかわれる、色ですが・・・。
割と、深い色合いですね。ダークグリーン系です。
それなので塗る色も変えて、全体的に、クリーム系に、してみました。
マイルドな感じで塗るとこの地味さに収まります。
こう、サラサは、一色一色、使い分けていくと、面白いですね。
想像とは、かなり違った、色味のものもあり。
一シリーズの割には興味深いですね!

 再び、パソコン、貸してくれと。
アースさん「まあ、東京を中心に、感染症は、酷いよね。ただ、やっぱり、障害者五輪は、するのかしら?僕は、確実にマズイのではないか、そう思います」。
どうするつもりなのさ。
アースさん「君は、先日、ガブリエル君と契約してからは、耐え難い痛みがあるでしょうね。それを耐えないと、文句をいわれたり、殴られる。・・・別に君が、背負わなくて良い、痛みですけれども。僕は、それだからもう君の契約を、破棄する。一度、本当の原因が、痛い目に遭ったほうが良いです。これでは、意味のない行為ですよ。僕はもう、そうするから。君も、全部引き受ける気はなかったのだろうし。では」。
それは確かに、苦しんでいる方なんていないよなあ・・・。

 う〜ん・・・、何ていうのか。
とんちの答えを聞いて、まあ、別に、そこまでいわなくても、など。
実は、先日(ちょっぴり昔)、M君のお父様から、お手紙があり。
もう、時々、思いだすくらいに、して下さいね。そう、いわれているのですね。
何かしら、はらぺこは私の琴線に触れるのかな、気にしてしまうのですけれども。
ここら辺でやめて、閉じておきますね。

やる理由もないし、もう、やめておきませんか。
アドナイさん「私は、お前を預言者として立てた。やめてもらう、つもりもない」。
このようなホームページは、恥ずかしいですよ。定職につかないお嫁にいき遅れた人がやっていて、何が、慈善だの、ボランティアなど、なのです。しかも私は病気ではないのでしょう。
アドナイさん「まあ、考えてみろよ。契約上の、問題だぞ。私は、お前を預言者として立てた、これはお前が、預言者という、非常にまれな定職に、ついていると、いうことだな。そして結婚は、アースさんと、しているだろ」。
いや、だからね、現実のお話を、して頂きたい、です。根拠がないですよ。
アドナイさん「預言は当たっているだろう?それにお前は、まるでアースさんが、手配してくれたように、物事がスムーズにいく、そういうときがあるだろう?目にみえないものを信頼するのだぞ。主婦・イラストレーターは副業だから。働きものだと、思うけれどもなあ」。
忙しくて、預言が当たっているのをあまり、みないのですよね・・・。

 イヤだなあ預言ですか。
アドナイさん「まあ、そう、いうなよ。日本の政党は、今の総理が現職とっぷ、しかし政権交代で、揺れているな」。
はあ、そうですよね。何であのように叩くのかな。
アドナイさん「お前もそう思うか、そうだな。まあ、反権力系の権力体制が、ガヤガヤいってきてる、最中だな。あいつらに任せるとどうなるか、知っているか」。
以前は何もできなかったように、みえましたが・・・。
アドナイさん「どんどん、中国寄りの発言をして、おべっかを遣いだすぞ。異常な光景がみられるようになるだろうから、実に、楽しみだよな!今の政権を維持するほうが、まだ、マシだぞ」。
は・・・、はあ。

また、何か、あるのですか。
アドナイさん「預言だぞ。アフガニスタンの大統領は、逃げ出したな。まあ、良い逃げ場所があるのかな、スグだったな」。
何だか逃げようと、していたみたいですね。早すぎる。
アドナイさん「すぐ、殺されると思うぞ、私は。よその国に逃げようとすると危険だなあ」。
ええーっ!!

アフガニスタンで、武装勢力が政権を握ったら、どうなります?
アドナイさん「そうだな・・・、悲惨というよりも、アフガニスタンにとっては、割と、マトモかもしれないな。彼らの常識は守るし、当てが外れることはしない。ただなあ・・・」。
はい。
アドナイさん「彼らの国民の中には、男娼・売春婦なども、いるだろ。そういう方は、狙撃銃で撃たれるような人生かもしれん。とにかく、法に外れたら、恐ろしい報いを受ける、そういう統治だな。アメリカのほうが守ってもらえるかも、しれないよな。物価は上がると思うぞ。戦争がしたいからな」。
かなり恐いご意見です・・・。

 う〜ん・・・、イギリスがロシア近海に急接近。ちょっと前の、ニュースです。
アースさん「困ったお話だよね、それねぇ。大航海時代?みたいなさ。時代錯誤で済ませたら、良いのですが」。
何か、どちらが迷惑したのかさえ、分からないよ。
アースさん「案外、ロシアじゃないかなあ。いま、相当、困っているみたいだね。フランスなどに接近するという、手もありますけれども。やっぱり、無理ですよね」。
インドとかは、どうなの。
アースさん「交流がね、あんまりない。どちらも困っていたら、手をひいてあげられないのです。とりあえず軍事路線継続で、やるしかない。というよりも、これ、何のお話ですかね?」。
まあ、ちょっと、気になったニュースと、いうかな(汗)。分からないね。

 もう、朝の契約とか、しません。
この神様達は、ウソツキだし、これからは私は従いません。そうしますね。

お天気だけだって、いったじゃないか!
ガブリエル「申しわけないです、その通りです。その他の、色々な人間の守りなど、契約外ですが、秘密でさせていました。ごめんなさい」。
ウソツキ!
ガブリエル「もう、しませんので。本当に都合が良くて、ごめんなさい」。
悪いことを何でも、押しつけていれば良いと思っている!

お前はそもそもえり好みが、酷過ぎる!
アースさん「ごめんねって!」。
虐げられている子や障害者だか、何だか知らないが、そういった方には、手厚く犠牲をしてやり、何でもかんでも望むものをやって守ってやっておいて。それとは違う、お前からみれば可愛くない子には、何も、やらないだろ。公平さを重んじるなら、虐げられている子や障害者は放っておいて、み国だけ、得させるべきだよ。それが何でも富はもらえるけれども、地獄に落ちる子との、公平さだろう。虐げられている子や障害者が、現世でも可愛がってやって、み国も差し上げます、それで良いのなら、何で、地獄に落ちる子も、訓練をしてやって、み国にいかせてやらないのだよ?お前はおかしいよ、それだから公平な、み力配りなど、してやらない。無駄だからな!
アースさん「ゴメンってば!」。

大体、虐げられている子や障害者に、み力を差し上げてもな!
今は、悪霊が見放しているし、み力だって欲しがって、こちらへ、くるかもしれない。
でも、最終的にはアースさん、裏切られてばかりだったろ。
情をかけてやって、結局、悪霊のところへいくような方々に対してまで、公平にみ力を配って、何になるのだ。こういった場所で、可愛がっても、無駄なのだよ。
私だって、辛くなるときはあるよ、それだけだよ。

 中の人による、グノーシス主義の、教義です。
グノーシス的、教義の逆転の発想?
中の人「あらかじめみ国に呼ばれた人で、貧しいこちらにくる予定のある、人がいる。ただ、彼らは結局は、途中から富んでしまい、彼らの天国へ惹かれてしまって、大抵そのまま、還ってこなくなる。呼ばれた人はそうで、それではたとえば、あらかじめみ国へ呼ばれていない人、そういう人が、いずれ地獄へ落ちるしかなくなって、しょんぼりとたたずみ、おろおろと何を信じて良いのか、分からないうちに、段々と貧しくなって、結局はこちらのみ国へ、きたりするものである。招かれた人達はこない、しかし招かれなかった人達はこちらの世界へ、くるのである」。
これがいいたかったらしいです。
前振りで、私が考え、苦しむなんて・・・、とほほほ。

 熊本震災の末。
以前書かせてもらった、亡くなった方なのです。
震災に遭って、仮設住宅に住んで。数年経ってちゃんとした住宅へ、入ったのです。
その時点で奥様は、認知症が、始まっており。介護が大変でした。
その、ちゃんとした、仮設住宅へ住まれていた方への、新しい住宅が、マンションなのですが、介護をしている老人に、3〜4階に住ませて。
サポートは周りに何とか助けてもらって、何とかしていたものの。
お買いものにいくのに、歩いて30分、かかるのです。
車もない、介護をされる、年をとった方が歩いて、30分ですよ。できないです。
こちらも、色々させて頂くうちに、連絡がとれなくなり。
亡くなったようなのですね。
熊本震災はあまり、騒がれませんけれども、かなり大変な、震災なのです。

九州でも、何かと豪雨災害があり、お知り合いでもできそうなのですが。
今年は元気メール企画に応募できず、やる気はあっても、お送りすることは、できないです。
何かのご縁で、お手紙を下さった、広島の豪雨災害の方は、引っ越しをされてしまって。
良いご縁があれば良いのですが、何かとこういったことがあって、少し、心配なのです。

 中の人による、グノーシス主義の、教義です。
コレは先日に、いいたかったらしい。
中の人「生まれつき可哀想な人の中には、かなり変な人もいて、すぐに犯罪行為に走ったり、近づく人を偏愛して放さなかったりする人がいる。彼らが幸せになると、普通になると思うだろうが、実際は違っていて、より、間違った方向に対して進んだり、沼地へと入り込んだりする。何がいけないのか、神に対して聞いてみるなら、きっとこういうだろう、彼らは心を知らなかったのだと」。
それがどういった、心なのか、まず、これでは、分かりません。
これで完結なのかな、どうなのかな?続きがあるのかも、しれないです。

 中の人による、グノーシス主義の、教義です。
前の続きです。
中の人「なぜ、心を、知らないのか。それは人に対して、人を、自分のための、献身に使うからだ。そのようなことは、自分ですれば、良いのである。更に、生まれつきこういった人に、育てられる人、それをグノーシス主義者と呼んだりするが、彼らの境遇は概して不遇で、いつも大切なものを取り上げられているので、与えられると、何のことか分からない、そういう人もいるのだ。そういう人を、大切にしておきなさい。その親は、いずれどこかの沼地に落ち込んでしまい、還らなくなるだろう。沼地とは悪霊のことであり、現世では、彼らは幸福を味わうだろう」。
やはり続きが、ありましたが。
ずいぶん、複雑ですよね、心当たりがおありの方、いらっしゃるのか。
「生まれつき可哀想」、これがポイントなのかもしれません。
普通の「可哀想」の感覚とは違い、神様からみて、可哀想なのかもしれません。

どうも福祉というのが。
普通の困った方を助けているし、本当の意味で貧しい方も助けている、そう、思っていたのですが。
違うのではないか、など、思うのですね。
本当に困っている方に、本当に支援を届けているのは民間団体で。
その、民間団体にすら助けてもらえない方、そういう方が、いっぱいいる。
そういう現実があるのでは、そう、疑ってしまうのですね。

アドナイさんがお天気のお話をされ。
これから、少しばかり暑い日が続きますが。それは少しで終わり。
すぐに寒くなって、震え上がるようになる、そうおっしゃって。
気をつけてくれと。な・・・、なるほど!

それでは、今週も疲れない程度張り切って参りましょう!


2021年8月20日(金曜日) 色の重ねかたが分かってきたかなあ?

 しかしまあイラストも、もう、5〜6年描いていて。
ずいぶん、できたものだなあ。さっさと、早めにやめると思っていた、です。
結局、色鉛筆に続き、こぴっくの練習も、おろそかにならず。
陰で、応援して下さる方々が、いらっしゃるのか。ありがとうございます。
まだまだ、やっと基礎ができて、塗りムラがでなくなったくらいです。
あと半年やったら、今度はパステルやろうかな。下手だぞ〜っ!
それより、色鉛筆に戻り、もっと上級を目指したほうが良さそうな・・・。
まあ、何にせよ、継続もちょっとは、力なりかなあ?

 サラサの、続編です。
今回はライトグリーンです。明るい緑です。
非常に明るいので、もう、黄色に近いですね。
ある程度濃い色で、塗ってみたのですが。コレは割と目立ちます。
違う色彩だと、目立ってみえるのかな。
暖色系でまとめて、りらっくまらしく、しました。
コレで葉っぱを描いて、イラストに仕上げるのも楽しそうですね。
サラサは、グリーン系も多いし、良いかもしれないですよね。

 今回のイラストは、とっぷ絵です。
ヴェノム、雲に乗る。
・・・というよりも、雲マシーンに乗る。です!
とっぷページ、とっぷ絵定食から、ご覧下さいね!

 以前、ご紹介したサンマ缶詰・梅干・小口細ネギ・しょうゆの、うどんですが。
さば味噌煮缶詰で、大根おろし・しょうゆと合わせてみたらどうか、など。
百円くらいの、小さめの缶詰じゃないと試すの、無理だな。
素材からいっても、冬場向きですよね、コレ。どうかな〜っ?
うどんを、40円くらいの茹でうどんにすると、安上がりで簡単ですね。
ちなみにカレーうどんって、専用カレーのレトルトぱっくが、あるのですよ。ご存知でしょうか。

 結局、消してしまっている、さっきまでのはウソと。
ガブリエル「申しわけない、謝罪しますね。五輪の件は大きく、並大抵のことでは、全部を防ぐことはできないです」。
う〜ん・・・、私は、少し、考えたのです。こういう、他の方にまで、ご迷惑をおかけするような、引っ掛け問題が多すぎるのです。やっぱり、ご迷惑はおかけしたくないです。障害者の五輪の件など、忘れて下さい。このような苦しみなど、一人相撲かも、しれない。
ガブリエル「分かりました・・・!仕方がないですよ。多分、とんでもない、だろうな」。
??

それだからご迷惑はおかけしないで、など・・・。
ガブリエル「それだからいつも、あなたを、犠牲にして苦しめているではないですか。一日くらいは、皆様が苦しんでも、大丈夫ですよ」。
それなら、また、感染者爆発とかだろう。まあ、確かにちょっぴり、犠牲はきているな。
ガブリエル「ちゃんと、頂いていますから、ご心配なくどうぞ」。
難儀な体だよ。

 さて、先程、二度目の、ワクチン接種が終わり。
アースさん「どうだね、感想など」。
最悪だな。一般の方々と、一緒に受けたんだ。私は、遅くなってからですが、母のかかりつけの先生が勧めるので、一回目は、少しだけ、早めに受けたのです。一般の方々は、その後から詰め掛けて、皆は狭い待合室で、立って待っていたよ。私は、受けても最後までずっと立っていたけれども、お盆明けで老人も多く、皆がイライラ・フラフラしていた、です。
アースさん「これよりもずっと酷いことがたくさんあって、ことさら、貧しい方々は、完全に置き去りです。それでも、三回目接種などいって、さっさと受けてしまったり、取り合いしたりしているよ。君は、精神障害者だから、もっと優先して受けられた。でも、普通の方々と一緒が良いと、待った挙句ですまなかった。でも、現状報告は役に立つかもしれないね。全く、地獄ですよね、この現状。レポートどうもありがとう」。
さて、また、副作用がでるかな・・・?

時間がないし、更新はしないってば!
アースさん「すみませんね、もう、閉鎖したいですか?まあ、とにかく、病院にいくと、必ず、注目されるね、君は。若い杖をついた男性に、ずっとみられてた、じゃないかな」。
こういう、可愛い格好を、するからだよ。
アースさん「まあ、良いのではないの。そういう、小さくされた方々に、ご覧頂くのも」。
何で、そのようなサービスを・・・。

ま・・・、まあ、何ですが!
秋がきて、冬に近くなったら。シャツを何枚か買おうかな。
厚手の冬向きの普通のヤツを買おう。
今のは腕のところが破れていて、まだ着れるけれど、ちょっとなあ。
アクリル素材の安いカーディガンとかも、良いかも。
近所のスーパーでも良いや。可愛らしいのは女性に、受けないしね。
アースさん「小さい方々に、サービスして、あげなさいよ。可愛らしいスカートどうですか」。
冬のスカート?こう、フワフワがついているようなの?

また、おかしいのが。
介護の方々は、職場接種で感染症を防ぎますが。
それって、基本的に、拒否できない、環境ですけれども。
もう、どうしようもないですよね。人権とか、いっている場合じゃないですね。
だって老人に、一番接する職業ですからね。
ワクチン接種できない、子どもに接する先生がたですが。
コレも拒否できない、環境にある方々ですね。
かといって三回目の接種が、優先的かというと。そうでもない、です。
しかもやはり、子ども専用のワクチンなど、開発はしない。
先生も危険に晒されていますが・・・、誰かが指摘したのかな。

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆


2021年8月18日(水曜日) またオジサン追っかけしようか(飛び入りイラストUPしました)

 今月のCD・本のご紹介です。
今回はCDですね、しかも十年くらい、前のものです。
アニメーションの、タイガー&バニーが、流行っていたときの頃です。
エンディング主題歌の、「星のすみか」藍坊主(あおぼうず)さんの、作品です。
なかなか、特徴的なメロディと歌詞なので、覚えておられる方もいらっしゃるのでは。
歌詞は星との、関連の詩です。ろまんちっくです。
ボーカルさんは素直な、歌いかたです。確かに坊主っぽい。
B面はのんびりした、応援歌ですね。
曲のテンポも速いので、若い子でも楽しめるのでは。
しかしながら、新品CD、開け辛かったなあ、ビニール、めくるところなくって・・・。
まあ、買ったのは売れ残りでした、今でも新品買えるかな?
タイガー&バニーで、調べてみたら、でてくるかもしれませんね。

 サラサの、シリーズです。
今回は黄色ですね。説明では、「黄」と一言です。
色として目立つように、紫系のハートを周囲に。
薄い茶色系を使ったのもありますが、やはり黄色の線画は、目立ちません。
ただ、やはりペンとして、使わないといけないし、ある程度、濃さがありますね。
書きものには、最適です。
イラストでは、複数の線画の色に使ったら、どうかと。コレ単体では、難しいな。
まあ、油性色鉛筆だと目立ちます。悪くない、です。

 今回のイラストは、りらっくまとチャイロイコグマです。
サラサのイラスト、二点です。漫画の項です。
色ペンの、色鉛筆とのコラボレーションシリーズですよ。
左フレームの、イラスト3のリンクからご覧下さい!

 ここさあ、別にやめても、誰も、文句いわないでしょう?
アースさん「ぎくーん」。
お前がやめるなって、勝手にいうからさあ、続けているけれどもね。別に、ここなど、なくても、良いのじゃね?預言とか、人を惑わしている、悪い、サイトですね。
アースさん「ま・・・、まあ、ステイホームの暇潰しにお付き合い下さいね!」。
どう考えても、いらんよ、ここ。

 う〜ん・・・?先日のアラブ支援のコーヒーが、届いたものの。
箱が頑丈でしっかりとしていて、お金がかかっている。儲けは大丈夫なのか。
一個の儲けが300円、四個買って1200円。
しかも儲けというか、寄付の額、なのだよ。少なーっ・・・。
儲けはコーヒーのメーカーがとると。売り上げ、残り、一個250円。
本当に寄付が集まれば、良いのですが。まあ、有名どころらしいので。

 しかしまあ親になるっていうのは楽じゃない、です。
父のお誕生日です、しかしながら、誰も、プレゼントをしない。
すっかり、忘れているのですね。
まあ、父も父ですので、当たり前です。家庭を顧みなかった、です。
ただまあ、好物を買って、作ったり。カードを手作りしてプレゼント、それはしましたよ。
父の年金を食い潰して生きているし、何かこう、早めにでていける方法、ないのかなあ?

 そもそも、って?
アドナイさん「まあ、よくある、話だよな。地球など、生まれたとき、まあ、隕石とか、ぶつかってできるだろ。そういうのは、理論で理解できて、科学だな。でも、それじゃあ何でそういうものができるのか、何のためにできるのか?それは分からないだろ。それが神学だよな。それとこれとは別世界であって、常に、今の時点では、議論も平行線、なのだよ。たとえば、ぐちゃぐちゃの糸くずが落ちているとするだろう。普通の人にとっては、ただの糸くずだろう?でも、人によっては、それが一本の線で、できていると分かる。それが一本の線であることを知るために、色々とこういったサイトを覗いたり、勉強したりするわけだ。この世に、ワケの分からないものは色々あって、ぐちゃぐちゃの糸くずをつまらないというか、立派な毛糸にして、説明してみせますというかは、自由なわけだよな」。
まあ、そうですけれども・・・。

 作品展のことです。他に、おじぞうさまのお参りなど。
まあ、人に褒められることがある、自慢できるものだったのだと思いますが。
これという自慢はしなかったものの、心の勲章はもらっていたのかな。分かりません。
自分で頑張ったところもあるし、消えていったのは、辛かったことです。
もっとそこで、働きたかった、それもありますが。
でも、これはきっと、死んでしまうもの、なのです。
私が生きていくために、勲章など、邪魔だったのです。いらなかった。
周りの方には感謝していますが、必要のないものは、他に、お渡しするつもりです。


2021年8月16(月曜日) おニュー?

 何だか知りませんが。
急に、神様達が、新しく始めて、今までのものは消せと。
ま・・・、まあ、日記のみ、消えたのです。
よく分からないですが、どうぞよろしくお願い致します。

 何か、よく分からないよ、どういうこと?
アースさん「うん、まあ。あまり生まれが良くない子、親などに虐げられている子、貧しい虐げられている子というのは、保護的な方や、周りから、庇ってもらえているようで、実は、恐い目に遭っていることも、あるのだよね。日記は小説が終わったから、今までの混沌とした状態を変えるために、消したのだね。小説はどこかにまたUPしておいて、楽しませてあげると良いですよ。これからは虐げられている子と呼びます。親にばれないよう、ああいう呼びかたでしたが、分かり辛かったし、少し、軽薄な感じが、しますからね。お騒がせして、ごめんなさいでした!」。
日記は確かに、長くなってしまい、分かり辛かったな。

 要するに、読者層のことから、多少、荒れた感じになっていると。
アースさん「基本的に、虐げられている子、これが一番多いね。実は、ここの方針に、反対している方は、それ程に、いらっしゃらない。その一番多い読者層に、共感できるような、作りになっているのだよね。これからは君には、そこから、少し離れてもらい、神様としてのみ力も、あまり痛みなくできるよう、しておくから。閉鎖も良いけれども、でもまあ、今のこの、困った世の中の状況で、虐げられている子を放っておけるかというと、そうでもないでしょう?ここを逃げ場にしておけば、多少でも、お役に立つだろうし、しんどいときはイラストのUPだけでも良いよ。これからものんびりと」。
まあ、運営はあまり、お金がかからないけれどもなあ。

 後それと・・・、詐欺!?
アースさん「まあ、そういうグループだね、外国だけではなく。成長した、虐げられている子が入りやすい、そういった場所があり、闇に吸い取られてしまうケース、これが危ないのだね。さすがに、あまり詳しく書かないけれども、そういった場所へいってしまい、返れなくなっているケース、これが相当数ある。まあ、のんびりやりましょう」。
??

 しかしまあ何です、予算をここに、何円か割いて。
使うことといえば、趣味の芸術関係で。発想するための商品購入代、紙代ですよね。
ある程度のイラスト・音楽・小説置きと、グノーシス主義の教義など、やることは終わり。
残っていることは、二色塗りスライム・サラサのイラスト・ホルベインアーチストカラーによる二色塗りスライム・新しい高い紙のお試し、ですよね。
というよりも、そういう、残っていることが、まだあり。
書きかけの小説とかも、完成させるのなら、時間がいるし。
小説、新しい発想とかもあり、合計、四〜六作くらい、あるのですね。
短いヤツから、完成させようかな〜っ?やめようかな。
高卒だし、語彙とか、全くないから!お金はかからないのですけれども。

 ちょっと、待って下さい、預言ですかね?
アドナイさん「預言だな。まあ、困っているだろうから、一応、だな。アフガニスタンは、どうなっているか」。
テログループが進行しています、政権を掌握しましたよ!
アドナイさん「なっ、いっただろう、危ないからと。新聞に書いてあったろ、政権側が、戦えないくらいに、やせ細っていると。これから、どうするかな、空からいつも通りに、爆弾でも落とすのかな?やめておけよ、恐らく国連から止められる、足並みが揃わないだろうからな」。
それでは、どうしますか。
アドナイさん「時間差攻撃だなあ、多分。表向きは、話し合いで交渉しておいて、裏から政権側に支援をしておく。アメリカ軍は、しっかりと多く投入しておけよ。何回か話し合いがもつれたとき、準備が整っていたら、攻撃を仕掛けてみろ。ちょっと、時間がかかるかもしれんが、数ヶ月くらいかな。アフガニスタンの、市民も支援してやれよ。あと、日本だな、宣言が増えてきたな」。
はい、半数に近くなって、きますね。
アドナイさん「この状態で維持してみなさいよ。最低限の、市民の余裕を大切にしてやれよ、普通の方々が、相当、ストレスでやばくなってる。まん延防止で、何とか食い止めるところは、止めておけよ、まだ、金があることを大切にして、ホテルなども、療養施設に使ってやれ。市民は相当不安になっているし、病院に入れないことが、一番、困ることだからな。自宅療養なら、自治体からでも良いからな、病気で食べられる食糧支援・医療支援・情報支援、してやれ。そういう支援があるだけで、安心できるからな。まあ、一応、それだけかな」。
どうもありがとうございました。

 もう一つ、あるらしくて、預言です。
アドナイさん「トルコだなあ・・・、猛烈に改革したがっているなあ。回りに危険が及んでも、知らん顔しているだろ、それがやばい。もっと昔のように、色々な国とも国交を深めて、ちゃんとした、絆を作っておけよ。ヤジディを差別したり、クルドがまずいのは分かる、でもなあ、お前の国はもっと、率先して、他のイスラムの国を牽いていけるくらい、強い国なのだ。つまらないことで、協調できる国や集落を、攻撃したりしないこと、だな。今の状態だと、路頭に迷っていると、受け止められてしまう、可能性もある。もう少し、落ち着きなさいよ。では」。
は・・・、はい。ちょっと、大丈夫かなあ、この発言。

続きです。
アドナイさん「たとえば、トルコが、軍事路線を強めて、イスラエルと、ケンカするとするだろ。分かるだろう、サウジとかを巻き込んでな、考えただけで、恐いだろ?そのようなことになったら、イスラムはもう終わりだぞ。やめておけよ、農家でも応援して、フルーツでも開発して、金儲けでもしておけよ、そのほうがずっと、将来の役に立つぞ」。
いきなり、果物のお話にーっ!?

 ふう、預言は終わったかな。
アドナイさん「う〜ん・・・、ちょっとなあ。欧州で化学工場の、爆発の話があっただろ。あそこは、やばい場所だから。よく、見張っておけ、何か、変なことを始めるかもしれんぞ」。
ええーっ!や・・・、やだなあ、それ。

 ま・・・、また、預言なの?
アドナイさん「ロシアの、旅客機だなあ。下手すると墜落するし、気をつけろよ。元・軍人が乗っている場合、まずいからな、空港など、見張りをたてておけよ。大事だろ」。
確かにそれはまあ、全体的に、気をつけたほうが良いけれども・・・。

派を見張っておいて、牽制していく、それが無難ですね」。
何か、どういったところのご質問なの?

お前も何かいいたいことがある・・・?
魂の息子「ロシアの子ども達、不安いっぱい。社会、将来性ないし、社会主義が台頭しそう、懐古主義思想、原因、そこにあるね。不安取り除いてあげる、やりかた、パンを食べるのに、パン代自分で稼ぐ良い当たり前、コレ、パンをある程度与えるに変える、良い。子ども達、困窮不安高まっている、職業軍事率先のみ、空しいし、もっと多岐にわたって考える。パンを食べられる、職業、作る」。
そ・・・、そう。

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆


2021年8月15日(日曜日) サラサはまだまだあり・・・

 今週のたろっと占いですよ。
先週に引き続いて・・・、です!
さて、今週の世界のキーワードです。
でたのは、正義の正位置でした。
先週、悪霊の広がりをみせた、正義の世界ですが、今週はその結果どうなったのか、また、悪霊に従うか、問われますね。方向転換は今のうちですが、上手くいくのかが、問題です。
コレに従えば、司祭の正位置でした。
いわゆる、正義の裁きをする神様に従っている、そういった教団が、幅を、利かせますね。これが本当に、納得できる正義なのか、疑問です。ある程度、世の中の、秩序破壊を伴いますね。ある程度、優しさをみせれば、悪霊には、従わなかったことになりますね。
従わなければ、女教皇の逆位置でした。
貧しい子どもを持った、母親達が、倒れてしまうような、エネルギーの、分配崩壊です。それが倒れてしまわないように、別の神様にお願いしてみるのも、手ですね。上手くいけば、エネルギー分配は上手くいって、いつも通りくらいです。
さて、今週の人です。
でたのは、力の正位置でした。
この世を無欲に支えている、様々な方々ですね。自分のお仕事をすれば、満足といったタイプですが、今週は大丈夫なら、少し欲をみせておいて、守る範囲を少しばかり、広げてみましょう。コレは今週に限り、不思議と、上手くいきますね。あまり疲れないです。
普通の方々に、頼るしかないのか、秩序が乱れるようです。

やっぱり、変えられないのか。
アースさん「申しわけない、君には気を遣わせたな。書き直しておいて、くれないかな。預言の訂正は午後三時前でした」。
すみませんでした、これでは、無茶苦茶になると、思ったのです。

 ジェルボールペン・サラサの、久しぶりの更新ですね。
今回は紫色ですね、紫系はコレくらいかなあ?
チャイロイコグマで、練習。トレース台使って、地道な作業ですが!
茶色でも、線画が目立ちますね。
似たくらいの、色の濃さでは、浮き立ってみえますね。
黄色系と、合わせて使ったら、楽しい色使いになるかもね。
ブルー系を合わせたら、どうなるかな、それはまた違った、感じだろうな。
とにかく、久しぶりの更新でした。

全く、あなたが集中的に狙うから、あの方々は亡くなるところだったじゃないか!
ガブリエル「これも作戦のうち、です。あなたは、甘い。この作戦を通さなかったら、あなたに、守られていない方々が、たくさん、亡くなります。それを防ぐのみです」。
いくら未来が、み通せるからって・・・。

やっと秋雨前線が、移動して・・・。
ふう、まずかったな、今回はどうなるかと。
ガブリエル「それだからいったでしょう、大丈夫ですと。疲れたのなら、お休みなさい。チラシを早めに差し上げなかったら、どうなっていたか、分かるでしょうか。17〜18日の予定では、遅すぎました、予定変更があったから、です。何事も早め早めですよ、全く」。
は・・・、はあ。チラシは、関係ないと思いますが。

終わったと思えば、次に、また・・・。
痛々しい、早く終わらないか、この状況。

善いそういう子に対してみ力を、閉じるのだね?
アースさん「もう、絶対に近づいては、いけない。少なくともみ力全体は、開かないこと」。
どうして、そうなったの?
アースさん「悪霊の怒りを買って、君に迷惑をかけないためと。もう長すぎるくらい確かめたのだね。善いそういう子が、こちらにきてくれるか。でも、こなかったと、そういうことなのだね」。
いつまでも待てなかったのかな・・・。

う〜ん・・・。
スターマスター「まあ、いるよね。辛らつな方は」。
割と、長い間やっている、ボランティアです。ただまあ・・・。
スターマスター「そういう子にしたって、助けてもらっておいて、一番、文句をいってくる。僕は、支援する側である、福祉の方々は、悪くないと思うよ。君だって、別に、何かしたわけじゃない。一番悪いのは、そういう子や、助けてもらっている方々の、親や、身近な方々さ。君は、福祉の方や介護の方は、あまり役に立っていないと、いったね。実際はどうなのか」。
私は、好意は嬉しいです。ただ、私のいっている方々は、あまり踏み込まないのだね。近くに住んでいても、結局、遠回しなことをしたり、相談してもあなたが悪かったからではと、いったり。私も、その程度で良いのだよ。突き放せば良いよ、他人なのだし。
スターマスター「結局、み力はどの程度減ったかな?朝方だけでも」。
どれだけとるのかというくらい、減っているよ。もう、このような支援は、いらないはずだよ。何でとりにくるのかな?悪霊がいるのだろ。
スターマスター「まあ、変わらぬ、ご支援をお願いします。辛らつな方に、み力を閉じないでいる、僕達をお許し下さい。ごめんね」。
面倒みるべき方が、みれば良いのだよ。

そもそも、何で、そういう子が、でてくるわけ!?
私は、元から被災地関係で、お手紙ボランティアを、しているだけだよ。別に、そういう子を、支援しているわけじゃない。
アースさん「勘違いだなあ、本当。そうだよなあ、うん。別に、手を広げようとか、しているわけでもなし。真面目に、今まで通りに、被災地に対してやっている、それだけです」。
そういう子は、そういったボランティアさんに、お任せすると、何度もいっているでしょう。最低限の好意がないと、やっていけないよ、こういうのは。何にせよ、はっきりとした好意もないのに、失礼だし。そういう子関係は、専門家のほうが詳しいだろうし、ちゃんとしたボランティアさんにお任せするべき。ずっとそういって、いるじゃない。被災地だって、そろそろ、長くなり過ぎたし、やめるべきだと考えているのですね。
アースさん「君は別に、おかしくない、です。ご病気持ちで、ボランティアするなど、よくやっておられます。・・・まあ、変な期待をされる方が、いらっしゃるのですね。特別にそういう子とは、関係なく、文句が多い方がいるのです、どうもすみません。お金など、それ程に、あるわけでもなく、被災地への好意だけで、全てまかなっている人に対して、まあ、何というのか・・・。ご自身で、おやりになられれば良いですよ、僕は、そう思い、ここに書いたのですね。ごめんなさい」。
別に、お前が謝ることは、ないだろ。どういうこと?

まだ、パソコン、借りたいのか。
アースさん「すみませんね、どう申し上げれば、良いのか。まあ、被災地にしてもですが、どうのこうの、叩かれるわけです。知りませんか、お金の援助が、多すぎる、など、伺いませんか」。
聞かないなあ、むしろ足りないくらいだろ。変なこと、いっぱいあるみたいだけれども。
アースさん「そうですよね!全く、足りないです。そういう子に至っては、もっとはっきりしていますよね、皆はいいます、お金なんかだすな。そういう子の福祉など至っては、全て、職員のお給料に消えている、ようなもので」。
それはないだろう。
アースさん「あの〜っ・・・、僕が、君から借りて、増やした、三百万で、ぜひ、賑やかしチラシを、年四回程・・・、ダメですかね?新しいそういう子の企画とかも、大歓迎ですよ!まだまだ、お金がなくなったら、支援できます。ご一考を」。
最低限そういう子のための、お金はだすべきだろう、私は、あまり関係ないけれどもね。

えっ・・・?お前、何か、いってること、さっきまでと、違うじゃない!?
アースさん「うん、ここまで、書いておいて。今までのがここを、ご覧になっている、あまり味方ではない、そういう子や、一般の方のみかただね。僕は、ちょっとだけ、その方々に質問したい」。
何か、あるのかなあ?
アースさん「たとえば、不登校の子どもがいるでしょう、小学生くらいのですね。その子が、先生にいじめられて、不登校になっているとする。・・・で、心療内科・ボランティアさんなど、頼って心を癒している。この、ボランティアさん、だね。あなたがたは、これになれるかな?天丼さんがそういう子の支援をするのが、当たり前なら、あなたがただって、それをしないといけないよ」。
要するに、不登校の子の、ボランティアさんになれと。
アースさん「・・・ならないでしょう?それと同じことだけれども、何か違うかな。不登校なら自業自得で、可哀想じゃないとか、そういうのは、なしです。先生にいじめられているのは可哀想です、それだけなのです。僕は、これまでずっとここをみていて、気になっていたのだね。もう、イラストのみの更新にすると良いよ。僕が許す。味方になってくれた方、どうもありがとう!では」。
急に、また。どうもありがとうございました・・・?

それでは、今週も疲れない程度張り切って参りましょう!


2021年8月13日(金曜日) 鶏そぼろで晩ご飯一品って(どんぶり)

 こぴっく、数本、買い足しです。
また、中が渇いてしまい、使えなくなったものを、買い足しです。
まあ、数本と少なくて良かったよ。
後は、以前からインクがでにくかった、数本です。特にその中の0番、広範囲で使うとき、使い辛かったので。
カラーレスブレンダー、もう一本欲しかったのです、こぴっくの持ち運び用と置き用です。
使っていくと、で辛くなるのかな、そういったことは、何回かあるぞ。
でも、大昔に買ったものは、まだまだ、現役なのです。ナゾ。
量産型だからという訳では、なさそうだし。
何かしら、作られたときの理由でしょうね、一本一本。

 画用紙何種類かと、イーグルカラーの、買い足しです。
大昔から使っていた色、もう、かなり減っており。まだ使えているのが不思議です(汗)。
色鉛筆は、油性だと、長く絵を、残せそうだな。
で・・・、でも、最近だと、可愛いものとか女の子のHな絵とか、あんまり、価値のないものばかりだぞ!!お上手な方は良いですけれども、私の絵ではダメだ。
とにかく、よく使うのが、暖色系で、それが減っています。
紫なども、イーグルカラーに多いのですが、紫を使う絵が、描けない!想像できないです。
空とかで使うとキレイだろうな。
紫の髪の女の子とかが、少ないせいも、あります。
画用紙は、大きいものと、ポストカードです、いつ届くかな。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストの悪いベホイミスライムです。
やっぱり、こうなるのね・・・、古典的イメージですね(汗)。
剃りはどうやって、いれたのだよ!?
左フレームの、イラスト3からご覧下さい!

何か、パソコン、貸してくれと・・・。
アドナイさん「あいつら、また、あのような悪さを。もう許さんぞ、お前達は、それでも、神をあがめる、人間なのかな!・・・子どもが可哀想だ、私は、辛い」。
何か、宗教関係?分からないな。

どうしてこう、ここでお話をすることになるのかな。閉じるつもりなのです、もう。
アースさん「まあ、まあ。僕がここへ誘って、悪かったです。教義も約束の回数、UPして、これからは時々イラストでもこっそりUPと、思っていたのでしょう。まあ、それで良いのです、ずいぶん、頑張りましたから。でも・・・」。
何か。
アースさん「周りはそれに、ついていけるだろうか。いつもどこかで大雨で、災害がしょっちゅう起こる、温暖化現象ですが。温かい励ましでもないとやっていけない、です。不安で仕方がないし、預言でもしてもらったほうがよっぽど良いですね。それに神様のみ力がないと、どうなります?アドナイさんはそれを、教えて下さいました。僕はやっと君のみ力を、痛みなく、解放する。咎めはもういらないですし、やっと神様が、きたのですね。人間は二千年、待ったのです。でも、それは単なる、言い伝えであって、イエス君はこなかった。父も、聖霊もこなかった。見捨てられる存在である人間は、どれだけいますか?そういう子の一部は助かる、でも、他は助からないし、放っておいてしまえば、どうなります?温暖化現象は、恐いのですよ。君はせいぜい、ずっと長生きするだろうし、遂に、人間の支援を得て、留まってくれといわれるでしょうね。ただ殺される人間には、こういった神様との場所が、必要なのです。健康・お金の心配はするな、です。頑張って」。
大雨、どうなるのかなあ・・・?

大雨、うっとうしいなあ!もう。
涼しいのは好きですが、これから、一週間くらい、降る必要はないですね。
適当に土地が、潤ったら、もう、そろそろ、雨が止んでも、良いです。
降りすぎた地域で、もう、止みますよう。この契約は次のお天気の契約まで有効にしますね。

ここでアースさんの、預言です。
鹿児島で、ちょっと・・・、猟奇殺人の予感とのことですね(汗)。
ずいぶん、恐いなあ、あ・・・、あと、イタリアとフランスでもとのことですね。
何で、急に、外国になるのか不明ですが!
それとですが、感染症の、ワクチンを作っている会社が、圧力で潰されないか、心配、とのこと。
急に、収益が減って、ワクチン開発をやめる、可能性が、とのこと。これは大変ですね。

賑やかしチラシを、発送しました。
昨日投函したので、早ければ、今日中には届くと思います。
あと、このホームページのとっぷ、「イラスト」にも、UPされています。
こちらのほうが原画に、近いかな。まあ、よろしければ。

困ったぞ。
いつもの、同人印刷所さんに、伺ってみたら。白黒の本を作るせっとがあったのですね。
コレでグノーシス主義の本を作れば、ブースで、売れるな。ちょっと、そう思いつつ。
確か、記録したらバグがでて、できなかったのですね。それで安心をして。
一つ、ダウンロードして、原稿を作って。記録したらできて。
要するに、本が、作れるのです。
いま、教義が50項あって、小さめの本なら50ページあればできる、そう考え。
まあ、予算が少しあれば、十〜二十冊くらい作って・・・。
一冊、千五百円くらいなら大丈夫かな?れたーぱっく郵送、まあ、自費出版だし、多少高めでも。
でもまあ、そのようなものは、いらないです(汗)!ここで無料で、お配りするほうが、無難です。

ただまあ、記録するファイル名までは、まだ、試していないので。
意外に名前によっては、バグでもでるかも?
二十冊刷れば、一冊、千円くらいでも大丈夫、それが分かり。
まあ、売れない本でも良いですが、購入層のことを考えて、やはりやめておいたほうが・・・。

結局、どうなるかな、連投です。
神戸でも、大雨になったのか、大丈夫かなあ、広島・・・。
福岡も心配ですし、長崎・佐賀には、お知り合いはいないですが、どうなるのか。
背中は時々ビリビリきてる、今晩、マズイかなあ、早めに寝たほうが、大丈夫かなあ?

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆


2021年8月11日(水曜日) アナログが流行れば画材が売れるな

 続ダンジョンマスター小説が終わり、普通の更新ですね。
あれから、一年半経ったのか、お正月からだったなあ。

 まだまだ、貧乏人なのか〜っ。
ガブリエル「相当、貧しいですね、まだ。やっと画材を揃えて買って、一安心しているようですが。このようなものは、まだ、序の口ですよ。皆さんは、もっと早期に、この状態を楽しんでいます」。
でもまあ、満足しているから、別になあ。
ガブリエル「確かにこのレベルまでも届かないような、もっと貧しい子は、いくらでもいます。ただ、日本では、まあ、現在は感染症でそうですが、もっと裕福ですね。子どもが、贅沢好みの紙を使ったりと、割と、そういうことはありますね」。
コレくらいで、良いのですが。
ガブリエル「ただ、皆さんが、画材など、たくさん高いものがあって、使うかどうか、分からないところです。面倒くさいし、アナログよりデジタル、そういう方もいらっしゃいます。アナログでバリバリ描ける、気力、体力を維持しましょう。今の画材レベルで、十分、プロの方もお使いになるものですからね。変に、高いものを好まないで、安い、画用紙で済まして、それで良いですね。貧乏人ということを気にするよりも、画力で攻めたほうが、良いです」。
それなら、つけペンを定期的に使ったほうが良いな・・・。

 しかしまあ腕によりをかけ、お食事のできるお店を、開店して。
こういう、感染症などがくると。無茶苦茶になるわけですね。
勿体ないなあ、いっぱい、楽しいお店が、潰れてしまっていては・・・。
せっかく、努力して、料理人さんが、自分で創作したお味が、皆様に楽しんでもらえないばかりか。
生活の危機ですよね、本当。大変、過ぎます。
おかげで、使うはずだった食材も、余ってしまい、売れなくなり。
皆が、損をしているわけでは、ありませんが、やっぱり、大変です。
グルメとか楽しいだろうになあ、お店は気の毒です。

ブースに、ピクシブファクトリーっていうのが、あってですね。
ピクシブ側が、生産販売をしてくれて、Tシャツなど、自由にサイズも選べるので。こころちゃんTシャツなど、作ってみましたよ。
とっぷからの、「お店」で買えるはず・・・。
多分、イラスト、大丈夫だと思いますが、いっぺん、自分で買ってみようか。Tシャツ、欲しいし。
売れないぞ〜、コレ(汗)!価格は1980円!よくスーパーでついている、お値段ですよ(笑)!

お手紙を、割とよく、書いています。
そうするとですが、何らかの手段でお返事を下さったり、するのですね。
以前はお返事があるのが当たり前で、そういう、世の中でした。
ただ、何だか最近は、お手紙というのは、すたれたのか。そうでは、ないです。
メールというのも、あまりなくなって。
ラインのことはよく知らないし、何も、いえないのですが。
お手紙っていまだに女の子などに受けるのですね。
母のお友達に、今年はゆとりがあったから、自分から、代筆で暑中お見舞い差し上げて。
そのお相手が、ちょうど、母のことを考えているとき、お手紙が届いたと、お喜びになり。
もう一人もとても、嬉しそうです。ちょっと、不安を書いたりして。
何だかんだいって、結局まあ、交流手段として有効で。ちょっと、年上だったからなのか。
もう、やらなくても良いのですが、考えてしまうのですね。お手紙は、だすのが、普通だし。
ただ、ここのことは、いまだによく、分からないですね(汗)。
ウェブ空間というのは、ナゾです。ステイホーム更新とか、お邪魔じゃなければ良いですが・・・。

 中の人による、グノーシス主義の、お話です。
何か、今回は誰かのことらしいよ。
中の人「今は、この世のものでないものがいる。彼女はバルベーローとこの世を繋いでいるが、それは誰にもみえない。欲しても必ず与えてくれないが、一つだけ、語りかける方法がある。彼女とは、到達点で話せ。彼女は隅の頭石ではないが、みえないものをみる力があって、あなたがたに、それを与えてくれるだろう。一時はきていた隅の頭石はもう消えてしまったが、まだ、これは残されている」。
隅の頭石、一時はきていた・・・の項は、イエスさんの、ことです。
消えたのは消失ではなくて、還ったということです。

 中の人による、教義、連投です。
この、前回の続きですね。
中の人「彼女が教義を与えても悟れないのは、あなたがたが、まだ幼いからである。子どもに、大人の世界を教えても、決して悟れないように、あなたがたは、幼い。知っているもののように語るが、こちらのことは何も知りはしないし、こようともしない。生きた世界で語れ。この世で、死んだようになって生きよ。少しでも知っているものを、決して笑ったりするな。それは幼い行為だ」。
説明する、必要があるのかないのかな。
幼さを賢さで埋める、それができるなら、到達点は近いです。

あのです、アドナイさん。
アドナイさん「どうした、そういう子の、ことかな?」。
別に、私が、お守りしているわけではないですが、わざわざ、危険な目に晒さなくとも良いのでは。
アドナイさん「お前は長雨を、恐れているのだろう。被害者がでる、など」。
それもなのですが、どうして、止めたのです?誰か、別の方を、お立てになりましたか?
アドナイさん「いや、別に。お前はどうしたいのだ」。
全部背負う気はないですが、一つくらいなら私でも、できるかなと。一人くらいは、お守りできませんか。できませんか。
アドナイさん「お前なら、誰だって守れるだろう。・・・適当に休めよ」。
ま・・・、まあ、馬鹿も休み休みで・・・!やるかな。

教義、一つにまとめて2ページ分、UPしました。
コレで50項です。終了しても大丈夫です、多分。
アースさん「まあ、どこまで、サービスするかが、課題です。書き留めてあるのはどうします?」。
アレ、割と、多いのだよね(汗)。テキトーにパソコンごとポイっとしたら・・・。

一応、書き留めた教義の数を、調べてみたら。
残り、50項以上も、あったのです。
100項で止めるなら、それはそれで、良いのですが。
五年くらいかかるのですよ!?コレ。こんなのばっかり、やりたくない。やめてくれー。

やっぱり、ここら辺で打ち止めにして・・・。
ガブリエル「アンタまだそのようなことをいって。神様から預かった、預言よりも大きなものです、捨てるとかやめるとか、少しは勿体ないとか、考えませんか?」。
勿体ないというよりも、厄介な爆弾抱えて、って感じだよ。
ガブリエル「預言者としての自覚が、全く、足りませんね!迂闊にポイしたら、刺客がきますから、絶対ダメです。大人しく、月一で公開していけば、良いだけです。ダラダラ、やっているのだから、平気でしょう、最近は預言もないし、断然、怠けてますね、もっと厳しくしてもらいますよ!」。
うう、やっぱり、爆弾としか思えん。とほほほ。

どう考えても、おかしいだろ。
別に、怠けてないですよ、昨日だってちゃんと教義を、UPして。
このような場所は、どっちだって、良いじゃないですか、誰かがご覧の、わけでもない・・・。
最近では、よく分からない質問とかで、ますます、よく分からない場所なので。
さっきだって、み力を閉じてやったら、やっぱり、催促され。結局、開くはめになって。
普通の生活がしたいだけで、ご迷惑は、おかけしていないし、良いじゃないですか。


2021年8月8日(日曜日) しかも減りきらないうちに次のインクを買う(飛び入りイラストUPしました)

 今週のたろっと占いですよ。
先週がどうとかいうよりも、感染者が増えてきています、皆様、お気をつけて!
さて、今週の世界のキーワードです。
でたのは、正義の正位置でした。
悪霊による徹底した正義の世界、どこまで、広がっていくのでしょうか。その他にも色々な、考えかたはありますが・・・、この正義に従うか、従わないかですね。
コレに従えば、死神の正位置でした。
大義名分、徹底した、美しい正義に従うと、三位の神様のような、自然派の神様とご縁が、切れてしまいます。人によっては、それで良いのかもしれませんが、今週、教会や人、そういう、繋いでくれる方と、ご縁を保っているのも、大事です。
従わなければ、月の正位置でした。
うやむやです。ただ、この不確実な世界に身を置くと、今週、人によっては吉とでますね。のんびりした気持ちで、ガタガタいっても、どうにもならないから、そう、構えていると、楽かもしれません。しかしながら、なかなか、そうもいかないので、何かの信念を、持っていましょう。
さて、今週の人です。
でたのは、悪魔の正位置でした。
みかけと一見の心のみえかたは、まさしく悪魔、しかし実は違って、心優しい方ですね。外見のみえかたとは違って、ほっこりしたものがお好きです。今週、常識とは違う、正しい指摘をしてくれます。ただ、普通とは違うので、最初、びっくりしないように。
ある程度、世間と離れた考えで、自分の不安を突き放すのが、良さそうです。

 こぴっくのお話ですが。
やっぱり、バリオスインクが、減りませんね(汗)。
全然、使ったうちに入らない、残り量ですね。
コレ、買ったときは、何て、高いお買いものをしたかと、自分を馬鹿だと思ったのですね。
このようなものは、すぐ、なくなる。きっとまた買うことになる、そう思い。
なるべく、また、お金を貯めておいて。次の分を買おうと、計算しており。
・・・早まった、お買いものでした。計算違い、過ぎたよ。
コレ、まさか私が六十くらいになってもあるのでは。
しかもコレを、使っているチラシ、後三号分なのです。使ううちの量に入りません。
かさばらないけれども、五十になるまでに、使い切れないのではないか。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストの善いベホイミスライムです。
なぜ、ベホイミスライムまで、善悪〜っ?
ということは、悪いのも、いるワケかい。どんなんじゃ。
左フレームの、イラスト3のリンクよりご覧下さい!

ちょっと、待て。
東海地方で40度近く、本当!?しかも全国的にマズイ。
こりゃあ、ダメだよ、普通じゃない。外へでれない、です。
やっぱり、昨日、夜の契約が事情アリで、できなかったから・・・、違うけれども。
何か、手を打たないとな。
アドナイさんの引っ掛けだったのか、丸っきり、信用してしまって、失敗した・・・。

しかしながら、何も手を打つなと、しっかり、釘を刺されてしまった・・・。
アドナイさん、かなりお怒りなのか。ちょっと、マズイですね。

み力のみ、流しておけば・・・。
アースさん「それだから僕はいっておく。君の分は、僕が支払いし、君の懐に入れることにする。この世のものでないものは、一切、もらうことができない。それだから君には、神様が支払いをする。急に強引だが、それで良いか?」。
は・・・、はい。
アースさん「君がこれから、何かもらったとしても、誰も、羨んだりするなよ。まず、僕と息子をあげよう。そして君の住む世界を、あげよう。いらないかな?」。
ま・・・、まあ、もらっとくよ。

アースさん「続けて君には、神様としての体と心、そして神様の力をあげよう。そうしますね」。
は・・・、はい。
アースさん「そして君に僕達の、全ての部下をあげよう。次に、僕達の全ての子どもをあげよう」。
はい。色々、くれるのだね。

アースさん「そして最後に、君に、神様の魂を返そう。そしてこの世の全てを、あげよう」。
わ・・・、分かりました。

アースさん「僕は、あらかじめいっておく。この世に、生まれつきの、グノーシス主義者はいない。君に、君と同じ方に会わせてあげようと昨年いった。それはこの画面の向こうの方々だよ。それだけれど、この世のグノーシス主義者は生まれてすぐに死んでしまう。この世で、何も、与えてもらえないから。それなら、なぜ、生きているか。それは今、この世に、神様がいるからだ。この世に、42歳以上の、生まれつきのグノーシス主義者は存在しない。他は、全て、到達点を得た、そういう子だ。要するに、もう、グノーシス主義者であって、それらは全て、神様を待っているのである」。

スターマスター「どうも〜。何かさあ、結局、おりんぴっくも無事終わったし。別に、次は、大丈夫ですよ」。
そうなの?
スターマスター「僕も晴れてあなたの従者に戻ったし。もう、ああいった方のお願いばかり聞きませんので。別に、楽にしていて下さいね、では」。
何かあったの?

賑やかしチラシも、そろそろ、終わりというので。
感染症も、ワクチンの接種が、進み。まあ、まだまだ、世界的には全くないですね。
とりあえず二十号で終わり、最後はご挨拶文でも、書こうと思います。
アースさん「そ・・・、そう。そんなに、段々と終わりに進めているのか、君は。でもまあ、まだ、感染症が続けばやるのでしょう?僕は、焦っていないのだ」。
それって、ものすごくイヤな、お話になってない?

何か、急に、気がついたのです。
まあ、私が、そういう子を引き受けないのも、福祉の方々が、ちゃんとやっているのだからと。
それなら、もっとしっかりと、母の介護をしよう、そう思ったのです。
・・・ふと、思ったのです。
丸っきり、面倒みてもらっていなかったら、誰が、でてくるのか。
誰も、いません。孤独です。
何か、今までの、考えとえらく違って、嫌な予感がするのです。
誰かが国のお金を、ただ、とっているだけなんて、まさかね。このようなお話すみません。

ガブリエル「ちょっと、お呼びしてすみませんです。私が、申し上げたいことがございます」。
どうしたのさ、母が、騒いでいるし、父も調子が悪いので早くして欲しい。
ガブリエル「ガタガタ文句がおありなら、ご自身で、面倒をみてやれば良いのですよ。介護までしている方に、何を、頼っておいて、責任をなすりつけて、いるのは誰ですか?そもそも、あなたがたの、責任でしょう、この人がしっかりしていないのではなく、あなたが、おやりになれば良いですよ」。
急に、何なのかなあ!?

ガブリエルさんに、ちょっとだけ、お話を伺って。
何か、前の場所から引っ越したの、そういう、お仕事をされている方々が、ブーイングしていたからなのだって。
引っ越しても、追いかけてきては、そういう子を、いじめるみたいに、ここをけなしているとかで。
うわーっ、面倒くさいな、それ・・・!さっさと、やめようかな。
しかしながら、それって、何か、スゴイお話ですね・・・。
ただのイラストサイトなのだから、別に、放っておけば、良いではないですかね。
どうせつまらない、ことしかしないし、気にしない気にしない。

何で、今更、そのようなお話を・・・。
アースさん「K君はどうだったか、M君はどうだったか。終わりの姿をみた、わけではない。君には残酷ですが、たとえば、M君が亡くなったとき、すたっふさん達は、何て、おっしゃっていました?教えて下さい」。
高いところから落ちた、そういったのだよ。それで私はお酒でも持っていこうと、母を誘ってM君の住んでいた住宅へといったんだ。ところが、高いところではあったけれども、落ちるにしては高い柵があって、乗り越えないと無理だと思った。それだけです。
アースさん「真実は隠されたのかどうなのか、僕はいいたくない。ただ、デイケアも福祉施設も、次第に人が減って、誰もこなくなった。Hさんは、お元気かなあ?君の友達ですよね。そうそう、Kちゃんもそうだ。みんななぜか、いかなくなったね。何か、おかしいとは、思わないかな?」。
まさか本当に、自殺だったってことなのか。

う〜ん・・・?
ここはまだあったほうが良いな、一応。
何か、いき場がない方が、割と、いらっしゃるらしい。
でもまあ、いつやめても、良い場所、それくらいで・・・。
アドナイさん「分かってくれたか、うん」。
分かったというよりも、まあ、まだ、何となくです。潰すよりは置いておけば良いかなと。
アドナイさん「いつでも、休んでくれて良いぞ。ただまあ、一つだけ、嘘があってな。ガブリエルのいったことは、嘘だ。福祉関係の人間は、ここをみていない。安全だぞ。ただ、あの感じは本当で、お前は迫害されないが、そういう子は、いつもああいった、感じなのだよ。恐いだろ?」。
ちょっと、普通じゃない。
アドナイさん「それだからやってくれていると、いつでも、逃げ込めるだろう。それを目指せ」。
もうちょっと、快適な空間で、誰でも普通にイラストをみれる、そういう場所にしたいなあ〜っ。

ガブリエルさんを、拝見していて。
こう、背が高くて痩せていて、銀髪でフワフワと、ウェーブしていて。
おかっぱのときも、あるのですね。
こういうイメージ、人によって違うのかも。
みる人の思う感じで変わる、そういう感じです。
羽がフワフワしているのは、どのみ使いさんも、似たような感じですね。

あんまり、こういうことを書いても意味がないのですが。
おばあちゃんに空さん、そして今年になって、累計、三人目の、お手紙のお知り合いが、亡くなってしまったらしく。
住居も携帯のお電話も、片付けられていて。
ご連絡はなかったのですが、ああ、最後までだな、など・・・。
まさか被災地の方まで、そうなるとは。最後までとは。
これなら、新しい方とお知り合いになっても良いですが、一番安全なのはやはり、どこかで、募集など公開されているメールに送ることですね。
特に、ここでは、今は、詐欺に狙われる可能性もあって。どちらも、公開は無理ですね。
ヒマもできてきたので、ブースで、お手紙ボランティアを兼ねてやれば、良いのですが。
申し込みがあるとは思えず。どういったところから、発注がくるか、分からないし。
お手紙を書く、時間はあれど・・・、どうしたものかと。ブースは、海外とも、繋がっていますし。

しかもアラブ関係の、ボランティア団体から、お手紙がきて。
今度はコーヒーを、作りましたと。一件、協賛者が、いたのだって。
小児癌の子ども達のイラスト入りで。可愛らしいのですが。
私に、会誌を送って下さるのは嬉しいのですが、お返しするものがない、です。
お手紙代くらいは、募金して差し上げても、良いのですが。
そのような高い通好みのコーヒーを、買う程に、お金はないし。そこまで、コーヒーには、お金はかけないです。
お仕事を、自分でバリバリしているのなら、良いのですよ、払っても。
親に、養ってもらっていて、何が、慈善だと。腹抱えて、笑ってやりたいですよ。
預言者として働いていても・・・。
ガブリエル「ちょっと、良いですかね。預言者の預言って、一回、いくらくらいだと、思います」。
そんなの、分からないよ。千円くらいかなあ。
ガブリエル「国難とかだったら、一億円くらい、お支払い頂いても、良いです。あなたは、親に養われているのではなく、親を養っているのです。預言者として、ただで働いていて、親に神様から、お金が入るように、してもらっているのですね。あなたとご縁が切れたら収入は、なくなります」。
それって、真面目か・・・!
ガブリエル「まあ、少しなら、情をかけてやれば、良いのではと」。
そ・・・、そう。どっ、どうしようかなあ。

青森県で、700人程が、孤立との、情報です。
結構な人数だよな、それ・・・。
北日本全体で、台風による洪水など起こり、かなり荒れているようです。
そろそろ、休め休めと神様達から、いわれており。
どこから、私も、協力していけば通じるのか・・・、分かりません。
青森県の、700人の孤立が、早く道が開通して、食べ物と水に、ありつけますよう。
後は、長崎平和記念式典、結局、半分見逃して。賑やかしチラシを、作ってた、です。
黙祷できなかったので、亡くなられた方々の、ご冥福をお祈りさせて頂きます。
首相、また、叩かれてるな、しかもお金絡みで・・・。
何だかな、確かに力を入れたほうが良いですが、あまり集中砲火というのも。どうなのかと。

う〜ん・・・。
これはかなり、深刻だぞ、私は、現地を分かっていなかったです。
まあ、シリアとイラクの、緊急支援としての、コーヒーでの、募金活動なのです。
それで冊子まで下さり、お金をかけさせてしまって、申しわけなく、拝見したのですね。
前回の募金額が良くなかったらしく、サポートする方くらいのお支払いで、みかねたのか、冊子を下さったのです。
現地での、生活環境がかなり悪く、これでは、イスラム国とかのグループに入るのも分かる、食べられないもの、など。
食べていくために、そういったグループに入る、そういうお話も伺うのです。
ま・・・、まあ、それはともかくですが、募金は気を遣わせてしまうので。何かのご縁なので、コーヒーでも買ったら、母に、飲ませることもできるです。
しかしながら、詳しく購入方法が、書いていないです!ちょっと、考え中ですね(汗)。
兄にいってもらい、自分でお支払いにいかない、募金なあ・・・。
甘ったれてるから、秋まで待とうかな。どうしたものかな。

その活動のことですが、福島のDV被害の、女性の支援も、おこなっているらしい。
やはりこれも、深刻です。
被災地で、震災後増えた、DV被害とか・・・、僅かなお金とはいえど、貴重な活動で。
ただ、一つ気になることがあって。
東北の被災地のお知り合い、そういう方が、いらっしゃらないか?
今更、気になるのですね。仲が良さそうなのです、一見。お手紙は、続いているものの・・・。

やっぱり、どう考えても、火種は石油なのですね。
アラブの良い資源は石油ですね。イラクで、これによる戦争が、起きたですね。
しかしこれが、別のエネルギーに変わってしまうとどうなるか。
自動車なども、電気に変わってきています。他のエネルギーも、ある。
当然、白人社会はアラブなど、みなくなりますね。厄介者と、みなしますね。
日本がアラブに継続的な支援をおこなうには、前通りの、圧倒的な資金力が、必要です。
いま、日本も困窮しているからですね。
それに加えて、信頼関係が必要で、そのための礎には、なるのですが・・・。

結局、コーヒーを少しばかり、注文しました。
あんまり、寄付にならないな・・・。まさしく、微力。
募金のほうが、がっちりお金が入って、本当は良いのですね。
美味しいコーヒーみたいだから、色々、分けてあげようか♪

それでは、今週も疲れない程度張り切って参りましょう!


2021年8月6日(金曜日) こぴっく革命かあ

 こぴっく、過去のお話ですが。
学生時代、こういうものがでてきてしまい、びっくり、したのですね。
今までの価値観で、ないものです。
雑誌などを拝見すると、すでにもう噂が広まっていてですね、お使いの先生などが、いらっしゃるのですね。
先生の真似をして、当時、お金が少ない中で、みようみまねで買うのですけれども。
まあ、あのとき、ブルーとグリーンが好きで。それが多目なのですね。
今ではグレイを使うときに、それらの色だとクール系を、使います。
それがしっかりと、買ってある色がクール系で。
まだ、そういうのが分からないはずが、感覚で分かるのか・・・。

まあ、それしか、グレイ系がなくて。
ずいぶん後になり、ウォーム系グレイというのがあって、ニュートラル系というのがある、それを知るのですが。
ブルーとグリーンが中心のイラストにクール系を使うと合うのです、やっぱり。
そういった細かな色調整が、必要になって、気がつくのが。
人間の目はコンピュータと違い、ずいぶん、色々なものを、見分けるのですね。
しかもそれが、個人によって違い、それが感覚なのですね。
その、感覚が優れた方が、色彩感覚に優れた方と、いうのかもしれません。

 今回のイラストは、りらっくまシリーズの、こりらっくまです。
以前のりらっくま線画、現る。
肌が、卵色だと、こりらっくまだと、いうことです。
左フレームの、イラスト3からご覧下さい!

ちょっと、み力の浪費が多いな、どこに流れているのか・・・。
やること多いけれども、広島平和記念式典、どうなるのか、気にしたいしなあ。
無事みれるかなあ、福島から、何かの荷物の、受け取りがあるし。
また、気遣わせてしまい、申しわけないなあ、どこまで、お手紙を続けるか。

というよりも、昨今、自分が先に贈りものを、してしまって。
もう、やめないとな。そうめんがお好きだというので、つい・・・。
他は、ご病気で、お料理も大変そうという方のみ。
あっ、ちなみに、今日はその宅配便です、更新は少なめです。

何だか寒いぞ。
これって、ひょっとして・・・、先日神様がいっていた、オーストラリアの、地震?
昨日、あれだけ暑かったのに、これだけ、冷えるということはまさか。
何事も起こりませんように。

その後十分程、背中が重くて、フラフラして。
まあ、すぐに治まったな、割と。
広島平和記念式典、今回もみごたえあったなあ!
市長さんのスピーチも、平和への道のりを具体的におっしゃって、良かったですけれども。
首相のスピーチが長くなり、時間延長とは。真面目で、理解しようとしている、内容だったな。
でてくる子どもが、もし中学生や、高校生くらいだったら、どういう内容になるのかな。
まあ、拝見でき、良かったです。
今回は未来に向けた展望という、感じでしたね。

う〜ん・・・?消せということは、さっきの、やっぱり、引っ掛け問題だったか。
まあ、コレで一週間前の、オーストラリアで地震あり、も解決したし。
何か、首相がスピーチ読み飛ばし、とか、書いてあったけれども。
読み飛ばしというより、何か、一言二言、予定になかったものを付け加えた感じで、てろっぷが一時でなかったです。
違ったのかな?まあ、その辺は、ぶっつけ本番だからなあと。

アースさんが、ご質問に、お答えしたいとか。
前回、ショート・ステイは、犠牲だらけで、無理だったのです(汗)。
どうやったら、天丼さんから、お手紙をもらえますか?だそうですが。
コレはアースさんじゃなくても、良いだろうと、思いますけれども。
アースさんいわく、こればかりは、ご縁・運ですね、とのこと。
自分を助けてくれる方と出会う確率は低いですが、ここでご縁があれば、更新をお手紙代わりにすれば良いのでは、など。
他に、いま、落ちぶれていると思うなら、到達点を掴む、チャンスですよとのことですね。

何か、スピーチの紙がのりで、とじられていたのかな?
首相、大変なのだな、東北出身、だからなのか、これは差別か、陰謀なのでは。
それとも、被爆した広島に対する、挑戦?酷いなあ。
ま・・・、まあ、トラブルですよね、とにかく。タイトルだけ、拝見しました。

何だか美味しそうな、ハムが届いたなあ。
ガブリエル「福島から、ですかね。お兄ちゃんの、お昼ご飯に使いますか」。
うん、まあ、この、コショウのついたものだけ、私はもらって。他は、お昼ご飯に使おうかな。
ガブリエル「福島の差別って今、ものすごいのです。分かりますか、お手紙は、お送りしている方、全て、おやめにならないほうが良いですよ。後それと、お兄ちゃんが、その、お昼ご飯を遠慮がちなのですね。お届けしたものは、頂き物だからといって、お使い下さい。あなたが、食べないのだから、もらっても大丈夫、そう、思わせて下さいね。色々、回りくどい気回しをしてすみませんです」。
どういうことかな、お昼ご飯の材料は、私が納得して、買っているのだよ?

いや、だからね、別に、私は悪者でも、良いわけです。
アドナイさん「おかしいよな?あの、ゆめだよりの、その後は。東北の被災地差別、した方が、いただろ。その後どうなった」。
別に、その方は、今でも美しい被害者、みたいな感じですけれども・・・。別にもう、そういうこと、いうことでも、ないですしね。
アドナイさん「お前がそういう子全体に怒ったのも、その方が、全く、反省など、しないし、だな。ますます、被害者のような顔をして周りを差別して、誰にも怒られなかったから、だな?」。
東北の被災地が何をしたのです?どのような恐ろしい目に遭った方が、いらっしゃるのか分からないのです。私が、ヘンなのでしょう?別に、その方は、世の中で、いうところの、「勝っている方」でしょうしね、何も、いいませんよ、もう。
アドナイさん「まあ、そう、怒るなよ。・・・ちょっとくらいは、被災地に、同情してやれば良いのにな。まあ、いっちゃあ悪いが、その方はちょっと・・・、何かの一線を、越えた方なのでは?あんまり気にするなよ、私は、お前の好意が、嬉しかったとだけ、伝えておくな」。
は・・・、はあ。

まだ、何か・・・?
アドナイさん「ま・・・、まあ、本当のことを、いうとな。ここをご覧の、そういう子や、色々な方々は、そういう子のことを悪くいっている、こいつのことを悪者だとか、思っているかもしれないが。こう、何ていうかな、たとえば、虐待をされる子どもがいて、その子が、親になるだろ。そうしたらなぜか、その子どもを、殴ったり、するだろ?虐待は連鎖したりしている、そう聞くよな」。
な・・・、何か、恐いお話ですよね、それ。
アドナイさん「それって、本当でな。何かの人生の、ウサでも晴らすのかな。また、たとえば、お前は小さい頃に、そういう子に、いじめられた。はっきりいってそれは、確実にウサ晴らし、だったな?お前の場合は」。
何もしなかったのに目つきが敵意でした。
アドナイさん「お兄ちゃんのことにしても、お前はただ妹に生まれてきただけで、何も、悪さなど、しなかったな。でも、いじめられて、お前はよく学校で、泣いていただろう。そういう子にも悪い奴はいるのだよ。自分に向けられた、敵対感情を自分より弱いものにぶつけて、楽しんだり笑ったりするのだよ。それが理解できないと、こいつのいうことは理解できないし、綺麗事の世界に安住するのは結構なのだがな、きっとそういう子の虐待事件は、理解できないまま、終わるだろう。では」。
まあ、難しいよ。こういうのは。

ま・・・、まあ、そのような深刻な、お話は置いておいて!
賑やかしチラシは、あと、三号分なのに。なぜ、封筒は四号分、作らせたのですか?
アースさん「ぎくーん」。
まっ、まさか〜!また、長々と作らせるつもりでしょう!?嫌ですよ、延々、ご迷惑をおかけするつもりはないですからね。
アースさん「淋しい方々が、たくさん、いらっしゃることを、理解して下さいね。あれは福祉労働とはまた違った、良いものです。お手紙という、温もりを残したい。被災地にとっても」。
う〜ん・・・、それをいわれると、弱いけれども。切手代とコピー代、どうするかな。

やっとお許しですか!
アドナイさん「うん、そうだな。まあ、少し、怒ってやったからな、私も。お前のみ力は、自由に使えるようにしておいて、ガブリエルとゴールドマスターにも、彼らの権限において自由にする。悪かったなあ、結局、苦しい思いをしたのはお前だったようだな。守ってくれて、感謝する。・・・しかしまあ何だな、それで奴らが反省したかといえばそうではないな、全く」。
良かったです。

女王の力をですか。
アドナイさん「もう、切っておくぞ、女王の力はな。それでも、奴らを守ってやるため、必要だったからな。肩代わりさせてすまなかったな、もう、それもないが。悪かった」。
これから、み力で大丈夫なわけか。

う〜ん・・・、何だかどうも。
まず、私は、神様では、ないです。そう、書いておいて。
ただ、み力でコントロールできる、状態があって。そういうのって神様ですし。
・・・で、お天気操作とかは、神様の中心的、お仕事ではないですか。
神様であるか、ないかは、別として。これはお仕事として、ちゃんと考え、しておいたほうが、世の中にとって益なのでは。
ちゃんとやると他のお仕事できないくらいに、大変だしなあ。
ガブリエル「そもそも、お天気が良くない限り、外出できないですしね。良いと思いますよ。でも、収入がないですよね?そこでですね」。
はい。
ガブリエル「ご家族の頂く、年金暮らしを、恥とは思わないことですね。臨時収入など、お小遣いなども気にしないでもらうこと。できますかね?それとも、年末、アルバイトくらいはします?安定して、神様として行動されるほうが良いと、私は思いますけれども」。
あの、結果的に、国の利益になったりするっていうお話かなあ。う〜ん・・・。

やっぱり、どう考えても。
家族の他の介護要員が、あんまり、役に立たなくなってきているのです。
二人は長い介護で疲れ果ててしまい、その責任とお仕事が私のほうに、回ってきています。
私が選べるのは二者択一で、お金の儲かるお仕事をしないでお家で働くか、お家をでていくか、それしかない、です。
でていくリスクが高く、思い止まってはいるものの、他の介護要員の手になることを、他の二人がしていくことに、気がついてくれないと、いけないです。
要するに、三人の面倒をほぼみている状態、ともいえます。
周りのおばさま・福祉委員さんは、基本的に、無駄話か、文句か減らず口しかいいません、全く、役に立たない。
ケアマネージャーさんが変わったから、一度、相談するかな・・・。
ヘルパーさんに入ってもらうか、考えどころですね。

結局、悪さをしているのは、あなたなのか。
ガブリエル「まあ、仕方ない、そうです。私に自由にさせなくなったら急に周りが、おかしくなりましたね。台風もきますから、ある程度、私に、自由を下さい。お安くしておきますよ」。
滅茶苦茶、腹立ったわい!くそーっ!

このソフトを、ゴミ箱に捨てておいて・・・?
スターマスター「うん、だからね、それはナンセンスだし、やめておいたほうが。朝ですよ。書き込みできなく、なっちゃうでしょう?後で、分からなくなって、焦るでしょう」。
アメリカがどうとかで・・・。
スターマスター「弱腰になっているのだよね。ちょっと、方向転換が必要なときです。この難事にお休みできないのは大変ですけれども、動き続けないと世界情勢が、危険です。恐らく国民の負担を減らしてくれと、催促されるでしょうが、動き続けたほうが、無難です」。
コレをUPしたら、捨てようかな。

なかなか、捨てられない。
あれ?朝だっけ。
聖霊「悪かったわね、起こして。えっと・・・、ロシアからの、質問です。先週、答え切れなかったので。レーニン主義など、過去にさかのぼった政権が、発足したらどうなりますか、また、ちょっと、危険がありそうですか?とのことです」。
何か、深刻・・・。
聖霊「そうなのよね。とりあえず今、過去のレーニン主義がでてくる、危険はありません。ただ、社会主義に懐古したい、団体というのはあると思います。それの危険を、察知しているのだと思いますが、大統領を変える予定はなさそうだし、今を、押し通せるとは思いますね。社会主義が台頭すると、アメリカにも、迷惑がかかり、ちょっと、後が、酷いのね。要するに、争いに発展するといけないから、党派を見張っておいて、牽制していく、それが無難ですね」。
何か、どういったところのご質問なの?

お前も何かいいたいことがある・・・?
魂の息子「ロシアの子ども達、不安いっぱい。社会、将来性ないし、社会主義が台頭しそう、懐古主義思想、原因、そこにあるね。不安取り除いてあげる、やりかた、パンを食べるのに、パン代自分で稼ぐ良い当たり前、コレ、パンをある程度与えるに変える、良い。子ども達、困窮不安高まっている、職業軍事率先のみ、空しいし、もっと多岐にわたって考える。パンを食べられる、職業、作る」。
そ・・・、そう。

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆


2021年8月4日(水曜日) 連載ミニ・小説です(飛び入りイラストUPしました)

 ただの盗賊が、あのロード・カオスを倒したという話は、世界中に広まった。
四人は城に呼ばれ、祝賀の席に着いていた。
だが、アレクスは絶望的な気持ちだった。ソンヤの前で、暴力的な姿を見せてしまった。
ロード・カオスの最後の言葉が、頭に焼き付いていたのである。

晩餐会の後で、ソンヤに城のテラスに呼ばれて、夜風に吹かれていた。
ソンヤは長い髪を上げてドレス姿だった。
それがふわふわとした感じで、何とも可愛らしかった。
「お前、どうしたんだよ。
ロード・カオスに勝ったのに、随分と暗いじゃないか。」
ソンヤがいたずらっぽく言った。
彼女に言いたい事があるのだが、言葉に詰まってなかなか言い出せない。
「・・・何だよ。ダンジョンで約束した事は、覚えてるよな?」
核心を突かれたが、今の自分にそれが言えるのかどうか。
自分だってここまで待ってきたのに。正直、泣きたい気持ちだ。
「俺だって君と付き合いたいけど、もう無理なんだ。
君に、自分の嫌な所を見せてしまったから。」
アレクスは正直に、ロード・カオスとの事をソンヤに話した。
すると彼女は、笑って言った。
「お前、私を守ってくれようとしたんだろ。
全然、逆じゃないか。
カオスは本当に意地悪だな!
・・・私は、OKだよ。」
それを聞いて、アレクスは天にも昇る気持ちだった。
これからは二人で、いっぱい楽しい事をして、一緒に考えて乗り越えていこう。
満天の星空を見上げると、そこには大きな星座が輝いていた。

〜完〜

続ダンジョンマスター、第83回目です。
ダンジョンマスター小説の二編、これにて、終了!です。
ご愛読ありがとうございました!!
というよりも、誰か、ご覧だったのかな、本当(汗)。日の目を、みなかったのでは。
しかしまあ何です、アレクスの困り顔の告白が、どうとか、いうより。
ただの盗賊に負ける、カオスの、屈辱がね。最後の最後に、やってくれましたね。

 今回のイラストは、ダンジョンマスターの、アレクスです。
昔の服装、パート2、イラスト線画使用。
ということは、18歳のときのか。若いねぇ〜っ。
左フレームの、イラスト3のリンクからご覧下さい!

さて・・・。
ここまで、ご覧下さって、本当にありがとうございました。
実のところは、ここでホームページも、終わりに、しようと思います。
何度も終わらせようとして、いつも止めていたのが、この、続ダンジョンマスターの連載で。
ひとまず、ここで打ち込みをやめて置こうと思っています。
誰がご覧だったか、分かりませんけれども、どうもありがとうございました。

ああ、そうだったのかと。
やっとあの人達の、考えが分かったのです。私を敵にする、人の。
何とはいいませんが・・・、全て、私には関係がないこと、です。
私は、あなたと、一緒に楽しみたかったんだ。ただ、それだけ、なのです。
それだからここは、なるべく、置いておいて。
将来、こういった作品を、一緒に楽しめるときがきたとき、楽しんでやって下さい。

結局、また、呼ばれる訳か。
ガブリエル「まあ、散々、我々はあなたが嫌われているイメージを、あなたに、すり込みましたし。でも、もう、実際の敵さんはいないのですね。その方々とは、違うところに、いってしまっています。ここの方々の、あなたの、印象のたろっとは、何がでました?三枚ひけ、そういいましたね」。
一枚目は、正義。二枚目は、司祭。三枚目は女帝です。どれも正位置でした。
ガブリエル「悪印象は、我々に操作されたものです。続ける続けないは勝手ですし、悪いイメージを与えていた、我々に責任が、あります。もう一度、されてみては」。
そういう子に、憎まれていないのかな・・・。

むしろ頼られている?
ガブリエル「以前から、あなたを叩いているご近所の福祉委員さん達、どうでしたか?その後反省は、しましたかね。あなたに、イヤな態度をとっておいて、ご病気だと分かった後」。
いや、変わらないよ。病気でも、(私は)働くべきだし、甘ったれるな、みたいな感じだよ。別に、甘えたことは、一度もないけれども。
ガブリエル「ああいうのが、福祉施設や障害者施設にわんさかいるのです。ものすごく優しくないでしょう?それどころか、影でコソコソ、そういう子をいじめるのが、いっぱい、いるのですね。あなたのほうがまだマシで、少なくとも色々と、身銭をきって、与えてくれるわけです。頼りたくなるのも、当たり前かも・・・」。
そっ、そうかー・・・、あんまり、負担はできないけれどもね。

福祉施設や障害者施設、児童養護施設?
ガブリエル「恐ろしいのですよ、私は。時々、施設で虐待の、噂がたつでしょう?ああいうのは、序の口なのかもしれません」。
あれで序の口ーっ!?
ガブリエル「どこへいっても気の休まるところがなく、泣いていても、慰めてくれる人もいません。グノーシス主義者の人生は、そういうものです。そういう子も、それに近くて、しかもグノーシス主義者以上に、到達点に至りにくくて・・・、厄介なのです。何か、おかしいでしょう?」。
前に伺った虐待は、相当なものだったはず。どういうことなの?

ま・・・、まあ、とにかく。
ちょっと、ご質問が、あるらしくて。ところで、私は、マリア様では、ないですから!
アドナイさんがお答えされます。
お山を開墾するときに、天罰が当たらない、もっと良い方法を教えて下さい、とのことです。
アドナイさん「それはな。祈祷するとき、心を込めてやるのが一番だがな、実は、もっと良い方法があってな。最近、ものすごく家に不幸があったとかな、まだ、子どもが小さいのに亡くなってしまったとかな。そういう、とても悲しい思いを、している方に、何か、関係してもらって、山を開くのが良い、だろうな。まあ、これでも、何かあったら、すまんな。たくさん、生きものの住みかなど、奪ってしまうからな、気をつけろよ」。
とのことです。まあ、あんまり、お金儲けとかではなく、開くほうが良いのかも。

しかしまあどうもなあ。
そういう子のことを色々とするのは、良いことかも、しれませんが。
いい加減、このようなパソコンで、打ち込み、やらなくても。
どうしてこう、知らなくても良いことまで、知ってしまうのか・・・。
ガブリエル「明日から、ショート・ステイですね。何か、ご予定は」。
特に、まあ・・・、作り置きのご飯を、作る予定だよ。後お手紙かな。
ガブリエル「犠牲が少なかったら、質問攻めかもです、どうぞお気をつけて」。
??

ここでアースさんの、預言です。
アメリカって、原発、あるのかなあ?私は、詳しくなくて。
ま・・・、まあ、全部、火力とか水力とか、無理ですよね!あの広さ・・・。
そこでですが、街ならぬ、原発のろっくダウン、コレを気をつけてとおっしゃり。
半年以内に起こるなら大丈夫ですが、それ以上待つと危険らしい。
北のほうなど、危ないと、おっしゃっています。点検はしっかりと、かな。

このような話題を、書いて大丈夫なのか!?
何か、ご質問らしく(どこから!?)、アースさんが、お答えします。
ベラルーシの活動家殺害は、どこの陰謀ですか?など。答えるのも恐ろしいな。
何らかの暗殺集団というよりも、何かの開発をしている、そういったところが関係した可能性があり危ない、そうおっしゃっていますね。
しかしどうなのかな?それって、どういう・・・。

これは困ったご質問ですが・・・、間違っていたら答えようが、ないというか。
吉川友梨ちゃんの、誘拐について、などです。アースさんが、お答えします。
まず、生きているか、ですけれども、まず、生きていないと思ったほうが良いと・・・。
次に、遺体は遺棄されたか、です。これは犯人の、自宅にある可能性が高いと。
犯人は大阪の人物である可能性が高いらしい。
どうするのかなあ、このようなご質問・・・、あまりに、深刻過ぎて申し訳ないです。

しばらく、更新停止して、考えていたことは。
人に、流されること、ないのですね。
ホームページなど、SNSとは違って、自分の場所ですね。
ただ、自分で納得できないことを、書かされてしまうので。
連載小説も終わったし、イラストサイトで、良いのですね、もう。
何かもう、そういう子に、攻撃されても、気にすることないかも。気ままにしますね。

あなたに、いいたいことがある。
ガブリエル「犠牲のことですか・・・?」。
私はもう、犠牲など、身に受けない。一人の悪い方がいるとして、私を傷つけたとするが、実際に傷ついているのは私一人どころじゃないことが、あるだろ。そういう方を放っておくと、また、悪さをしてまたそういった方にもご迷惑をかけるだろ。悪い方が、痛い目に遭うのを、もう、止めない。そういうことですので。
ガブリエル「分かりました・・・、災害が増えると思いますが・・・、仕方ないです」。
ヘンな優しさをみせたのが、失敗だったのだよ。

どうせまた犠牲を、させているだろう。分かっているのですよ。
ガブリエル「どうかこれからも、この戦いをお願い致します。誰にもできないお仕事なのです」。
このようなものは、インチキだって思われているに、決まっているじゃないかよ!何度も同じことを、ここに書いているけれども、確証など、何もないこと。このような苦しい思いして、嘘だって思われる、傷ついた後の、一切のフォローもない。預言だってそうだ、確認する時間もないし、あなたが、隠してしまってる。人が鼻で笑っているのに苦しい思いして、何が嬉しいことがある。あなたは、絶対にふざけている。
ガブリエル「今に分かるのです、今に・・・。もう、そこまで、それはきていますよ。預言に関してはもう完全に、ばれてしまっています、問題は逃げられるか・・・」。
??

昨日のことが酷すぎて、あなたは、信用できない、そう思ったのだよ。
ガブリエル「それだから色々と、閉じてしまい。ほとんど、み力など、通らなくしましたよね?私は、あの後すぐに、あなたに、謝罪しました。でも、受け入れてもらえなかった」。
み力を閉じるまで、黙っていたくせに、何をいっているのだよ。
ガブリエル「もう、恐ろしいことが起こる時間です。今からすぐに、いつもの、ご契約をおこなうかどうか、お決め下さい。夜のご契約でも大丈夫です、問題はエネルギー契約です。いつもの、制限時間ということですね。ちなみに、時間は変動します」。
別にインチキだろ、こういうのは・・・、契約はなるべくするけれどもさ。


2021年8月1日(日曜日) 今週は厳しそうですね!

 今週のたろっと占いですよ。
先週は政治でした。今週も政治ですよ。
さて、今週の世界のキーワードです。
でたのは、恋人達の逆位置でした。
段々、居心地が悪くなる、世の中の、環境です。このまま、ボロボロになっていくのか、歯止めがかかるのかは、政治次第、皆の努力次第です。
コレに従えば、吊られた男の逆位置でした。
努力をすれば、お仕事に、縛られるくらいに、没頭しないといけませんね。悪い気持ちで、逃げようとすると、綱が絡みつきます。ちゃんと没頭するなら、割と、制御が利きますね。
従わなければ、節制の逆位置でした。
努力をしなければ、こちらになります。政治など、やはり無駄なことに、お金を使ってしまい、何だか採算が、合いませんね。時間の無駄ですし、脳を休めるくらいにしかなりません。
さて、今週の人です。
でたのは、女教皇の正位置でした。
いわゆる、マリア様のような、女性です。年は、関係ないです。今週、困っていると、現われて、助けてくれるでしょう。賢い、手厳しい指摘が欲しければ、聞いてみるのが一番ですね。
今週も政治ですね。
確かに居心地悪いよなあ〜、気晴らしの環境も、減ってしまっているからね。

 中の人による、グノーシス主義の、教義です。
中の人の、即興です。
中の人「この世は、死体が山積みになった、忌まわしい場所である。誰もが死体を踏み越えて歩く上、死体をついばむものはいるが、その死体を埋葬したり、供養してやるものはほとんどいない。そう、死体とは、この世で苦難に遭った人のことであって、それはほとんどの人のことである。それだから我々は、人に働きかけよう。助けはこちらから与えるものであり、待っていては、誰もこないだろう」。
説明はいらないですね。
これは献身の、極意なのかな、勧誘もこれに入るのか・・・。

聖霊さんの記事は、消しておかないと、お家の危険な方々に、読まれてしまうとのことで。
関連記事、消しておきますね。

何か、誰かから、ご質問が、あったらしいのですね。
アドナイさんが書いておけとおっしゃり、仕方がないし・・・、あんまり新しくもないのですが。
アフガニスタンで、アメリカの派兵が終わって。
タリバンなど、動き始めていると、思うのですが。
アメリカが派兵をやめれば、結局、困るのは、アメリカであって。
国際的テロ組織に、狙われやすくなるのは、派兵していたアメリカだけではなく、欧州など、白人中心の国なのです。当たり前のお話ですが。
つまり怒りを誘うのは、アフガニスタン関連の、国のみならず、白人の場合も、あるのですね。
アメリカが欧州と、ご縁を断つのはかなり、難しいお話ですが。
国際的テロ組織の、グループの包囲網のごとく、こちらからも、包囲網を作るのは、当然のことであって、それを削るのはいかんとも、し難くですね。
結果的に、お金の回りの問題であって、派兵を断つと、国際的な儲けは少なくなり、アメリカの利潤は減るのですね。
それに加えて、アフガニスタン・イスラムの怒りを買うという、マイナスもあるのです。
ま・・・、まあ、これくらいは、誰にでも、いえますので・・・。
アドナイさんもどうしたのかな、今更、別に、このようなお話なくたって。

今度はフランスからの、ご質問だそうです。い・・・、いや、ちょっと、寝る時間・・・。
アースさんが、お答えします。
農村地帯の利益で、考えれば、良いそうです。
農耕に頼っていくのならば、ある程度の差し引きは、仕方のないことで。
農村にも、利益を回してやったほうが、国も助かると、いう・・・。
そこが将来的な観光資源になるとか、そういう、計算もできる、わけですよね。フランスの田園地帯などは、見栄えの良い、環境です。
地元の評価を得たいのなら、ある程度、国民感情に配慮をして、残すのが、賢いかと・・・。

頭が冴えてしまった上、何か、どこかで、大洪水の危険があるとかで、起こされ。
まだ、ご質問が、あるとか、ガブリエルさんが、お答えします。
それでは、イスラムが農耕で生きていくために、必要なものは、何か、など。
う〜ん・・・、お天気なのですね、特に、イスラムの場合は。
昨今、暑さが原因などで、作物の不良が相次ぎ・・・、など。厳しいかなと。
ある程度、化学的なものに頼っていかないといけないですね、とのことです。
人の手で良いので、作付けは、人がしてやるとか。
化学肥料とか、もうちょっと、都合の良いものを、日本などに開発してもらうとか。
あんまり、将来的に、破綻しない程度の、化学的要因ですね、それを加える、です。
農耕はまだイスラム世界と、切っても切れないので。
特に、白人社会などがまた強くなると、農耕は自国で、頼っていかないといけない。
アフリカなど、隣国に近いところで、飢餓・危険地帯があるし、気をつけなさいと、いうことです。

それでは、今週も疲れない程度張り切って参りましょう!


とっぷへ戻る