日記


2021年7月30日(金曜日) 哀愁の蛍光色

 こぴっく、蛍光色に、ついてですが。
とにかく、こぴっく、数が多すぎて。まだ、開けていないのですね(汗)。
確認は一度したことが、あったはずですが。
8本、あるのですね、数が。
蛍光色らしく、それぞれ必要な色の一色ずつを、だしてきた感じで。
コレ、色紙とか描かれる方が、使うのかなあ。
現実には、スキャナで色がでない、ですよね。
やっぱり、色紙とかでポイント使いに、使うのではないか、など。

そもそも、イマドキ、パソコン画面でみない、アナログイラストなど。
置き場や、売り場が、もう、ウェブ空間なのですね。
個展を開くとかの、そういった場所でしか、使い道がないです。
後は、個人的に、気に入ったイラストにしたいとか、そういう、凝った方です。
文化祭とかの、学生さん達が使う、自由な表現世界でのものなのか。
とにかく、私のこぴっく置き場に、それらが、淋しそうに置かれているのです。
私は、いるだけで良いのです、そのような遠慮が、感じられ。
コレはちょっぴり、問題アリです。作品展も、本になるというしなあ!

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのベホイミスライムです。
サボテン、サボテン。
トゲが刺さってマリモ羊羹みたいに、なりませんか!?ナゾです(汗)。
左フレームの、イラスト3からご覧下さい!

更新したくないのに更新しろと。昨日いったことと、違うじゃないかよ。
熱がでたせいで疲れたのか。
母のお昼のリハビリ前に横になって、すっかり、寝てしまって。
寝られない次には、急に、寝られるようになるのだよなあ・・・。

大坂選手を庇うわけではないですが・・・。
皆は、日本の国旗好きなのだなあ、ずいぶん。日の丸の下の、星条旗なあ〜。
でも、自衛隊の方ってワクチンも、遅かったですよね、本当。それだけ、いうのならば、もうちょっと考えてあげたらどうか。
口だけで、責め立てなくても、良いじゃないかな。
うつがお嫌いなら、雅子様の批判もするのかなあ、私は、そこまで情報、知りませんが。

しかし大坂選手は、人気のある選手だと思っていたのですが・・・。
引火に起用されたのも、ハイチがいま、危機的状態にあって。
国が、彼女などの病気に関心があるというのを、示すためでもあり。
政治的関心があるのならば、なぜ叩かれるのか、分からないですね。
彼女はそういう子ではないですけれども、人気がでるはずなのですが・・・。
あんまり、庇ってもらえてないな(汗)、おかしいなあ。

まあ、そういう子は、世間から、庇ってもらえなくても。
神様とか、庇って下さりそうですしね。別にまあ、大丈夫かもね。

こころちゃんの大きめのイラストが、四枚、描けましたが!B5サイズですね。
使い道は、特になく。趣味で描いた、イラストです。
最近、色鉛筆を使わなかったので、主線から、使って描きました。
イーグルカラーは、手を傷めない、良い、色鉛筆ですね。

そろそろ、色事典を、買いたいです。
しかしながら、なかなか、激しい色味も、あったりして。あの色鉛筆に合う、イラストを描いているのか、疑問です。
ただ、ピンとくる色など、割とあるので。癒し系イラストも、描けるかもしれません。
硬質の色鉛筆なので、三菱色鉛筆みたいな感じですね。
前にも書きましたが、小学生に、オススメかも、しれないです。ちょっと、お小遣い貯めてね。

そうそう、賑やかしチラシの、次が、UPされています。
もし、よろしければ。とっぷからの、「イラスト」の中です。

アドナイさん、預言です。ああ、預言、したくないよ・・・。
あの、ドイツで、無法者系・ホロコースト容認派が、台頭してきて。
少しばかり荒れるそうです。
闘争・戦争に至ることはないですけれども、不気味な動きなので危険ですね。
取り締まりはしっかりとらしい。
欧州はどうも、荒れているな。良くない、傾向です。

もう一回、アドナイさん、預言です。うう、立て続け・・・。
オーストラリアで、地震速報がでたら、直ちに避難らしい。
これは一週間以内の、ことです。
この一回の地震がでた後は、比較的安全らしいですけれども・・・。
温情でもしかしたら、地震が起こらないときもあるが、起こってしまったら周辺国が支援物資を、とのことです。何か、自国では、用意し辛くなるらしいです。

う〜ん・・・、何だか諦めついたなあ。
Kちゃんのことは、何か、忘れられそうです。
出会ったときから、あなたは、友達とは思っていない、そう、いっていたからね。
後それと、そういう子にも色々な人がいて、必ずしも、善良とは、いえないようです。
でもまあ、それが人間なので。
自分が付き合えるタイプの方と、お付き合いすれば、良いかな。

善良とか、悪とかいうのではなく。
そもそも、お相手が、私に本当に助けて欲しいか、なのです。
助けて欲しくないのに、助けていたら。それはそれで、いけないことです。
誰だって、押し付け主義はゴメンです。
思えばそれを今まで、悩んでいたのですね。
本当の博愛主義は、押し付け主義では、ないのかもと思い、そうしますね。

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆


2021年7月28日(水曜日) 連載ミニ・小説です

 「アレクス・・・、アレクス!」
ソンヤの声がする。目を開けると、眩しい光が入り込んできた。
見ると泣き顔のソンヤがそこにいた。目が真っ赤で、ずっと泣いていたようだ。
アレクスは寝台に寝かされていた。この部屋の壁は見覚えがある。これは・・・グレイロードの屋敷だ。
寝台の横には、祈りを捧げるモウファスがいた。セロンが力を使い果たしたように荒い息をして言った。
「良かった。
あなたを連れ戻すのに成功したようです。」
自分は確か光り輝く人間の所にいた筈だ。戻ってきたという事は、あそこは何か別の次元だったのだろうか。
「起こしても起きないし、うんともすんとも言わないから驚いたぞ。」
ゴスモグが微笑んだ。黒の上下のローブ姿で、漆黒のマントは今はつけていない。

起き上がろうとした時、隣の部屋から誰かがやってきた。
扉を開けてやってきたのは、清楚な大人の女性だった。
腰まで伸びた長い髪に、首からムーンストーンを下げている。特別、美人という訳ではないが、非常に賢そうな女性だ。
「初めまして。私はチャニと申します。」
モウファスがお辞儀をして尋ねた。
「これは一体どういう事ですか?グレイロード様の、お客様ですか。」
チャニはかぶりを振って言った。
「私は、勇者の館に居た者です。
グレイロード様のお力で、こうして復活させて頂きました。」
何でも長い間、復活の魔法はいけないと鏡を屋敷に置いていたのだが、それも可哀想だからと、一人一人、ダンジョンの勇者を復活させていっているらしい。
アレクスはふとゴスモグの方を見た。
するとゴスモグは、何だか様子がおかしかった。チャニの方を見て、ぼんやりとしているように見える。顔がほんのり赤かった。
アレクスにはピンと来たものがあった。
・・・ひょっとして、ゴスモグはこういう女性が好みなのだろうか。
アレクスは友達のチャンスを逃すまいと、二人を近づけるように話を持っていった。

続ダンジョンマスター、第82回目です。
遂に、地上へ戻ってきた!
とはいえ、危機一髪、そして恋の予感ですね。
これから、ゴスモグがどうなっていくのか、意外に明るい、展開が待っているような気がします。

 今月の分、月一のCD・本など、ご紹介しないとな。
のんびりしていたらこのような、遅くなり。申しわけないです!
今月は本です。
先月に続いて、画家さんです。印象派・ルノワールです。
色彩がお上手な方で、何ともいえないのです。よく、こういう、はっとするような、色を持ってくるななど、思います。
先月のモネと、お友達らしい。気付かず、買いましたが。
印象派の、お友達グループがあり、流行っていた頃に、一緒に写生したり。似たような位置の、作品が残っています。
ルノワールは、愛の画家だと、思います。裸婦像なども、作ったり、立体もやりました。
一番良いのは、やっぱり、女性かな。モネもそうですが、女性に癒しを求めて、よく、描いているようですね。モネの場合は、奥さんかなと。後で、風景が増えましたが。
やわらかいたっちも魅力的です。
生命力と、躍動感ですね。印象派の方々の絵は生きている、そう、思います。

よくよく考えたら。
何で、悩むのかなと、思っていたのですね。福祉施設のこころちゃんですが。
始めたときに、お仕事で頼まれて。
途中から、施設が別のタイプになって、お仕事ではなくなった、です。
そこで気がついていれば良かったのです。別に、無報酬ならやる必要はない、とか考えれば。
ただ、続けてしまったのです。デイケアで相談させてもらって、続けたらどうかと、いわれて。母も、続けて欲しそうでした。
そうかー、もう、お仕事じゃなかったのだな。特別、期待している方も、いないだろうしな。
何でこう、いらないことばかり、するのでしょうね!?全く。
まあ、何で、悩んでいたか分かって、良かったです。続ける続けないは、別で・・・。

しかし何だか。
こころちゃんの代わりにですが、なかなか、後を継いで下さる方が、いらっしゃらないのですね。
それを待っているのですね、描きつつ。時々、福祉施設に伺っているのですが。
こころちゃん、人気がないのなら、やめたほうが良いし。
しかしながら、後を継ぐ方がいないのなら、かえって、ご迷惑がかかるワケですよ。
また、いちいち、面倒くさいイラスト探しを、しなければいけないのです。
何か、才能がおありの方は、いそうなのだけれどもなあ。
自分から、誰かを任命しにいったほうが良いのかな!?トーンは、新品が余っているのですが・・・。

大体、赤星先生に頂いた、たくさんのスクリーントーンが、まだ、あります。
使い古しとはいえ、柄物がたくさん集まったトーンです。
ただ、やめたら、やることがなくなるとはいえど、やっぱり、人気がある方のほうが。
最近、ちょっと、絵にパワーがないしなーっ、何とかせんと、いかんよ。

大体、みんなの輪作品展に飾ってある、絵を色々と拝見しましたが。
上手い方、いっぱいいたのに、皆さんどこへ、お隠れですか?
あれは一般の方だったのか、分かりません。でも、ご病気でも上手い方は、いっぱいいたはず。
ま・・・、まあ、私が、あんまり、ペースを乱さないのですね。ずっと描いていても。
そういった上手い方は、ふらりと、ゆめだよりに、投稿するほうが良いのかも。あまり先を気にしないで済みますし。
まあ、そのうち、クビになるのかも、しれないしな。
い・・・、いや、しかし何です、百枚以上無報酬でとられていて、クビとか。それはむごいかな。

・・・何か、おかしいですよね。
お天気と、感染症が、ちょっと、異常です。
神様達が、気になることをおっしゃっていましたが。何か、関係あるのか、ないのか。
どうしたものかな、一体、どうなっているのかな。

やっと治ったから、いわせてもらうけれども。
アースさん「すみませんね、ちょっと熱がでた、ですよね。むかつきましたか、僕や貧しい方々が。いつも助けてもらっているのに、神様にもひいきで、み国にもいく」。
私がいいたいのは、悪い方々って、そんなに価値がないのかな、ってことだよ。生まれつき選ばれて導いてもらえて、何でも好きなものもらえて、人の文句だっていって良い、それは罪にされない。でも、一生懸命働いたり、罪を受けてもちゃんと生きているし、罪の苦しみを痛い程知っているのに、み国にはいかない、そのような方々はみ国には呼ばないです、それはおかしいだろ。今だって、罪だってことで殺されているのなら、何で、そのような犠牲者、助けないのだ。罪にしたのは、神様だろ。同じ人間なのにこのような、ひいきあるか。
アースさん「僕が、助かる方のみ、助けていると。よろしい、まあ、ちょっと、一理あります。熱はひきましたか、まあ、感染者と、お天気ですね?一応、アドナイさんにお話しておきますよ」。
何が、報復だよ。

魂の息子「お母さん、新約みる」。
ルカかな?
息子「罪がなく、主に打ち叩かれるものは、天にとっても、幸い。そう、書いてあるよ。いま、苦しみを受けている方、皆が、本当に罪があるか、怪しいな。かえって、慰めを受けたものは、不幸。打ち叩かれる苦しみを知る、幸い。逆説。つまらない善人気にしない、良い」。
そ・・・、そう。

ガブリエル「善いそういう子というのは、本当に何というのかな・・・、ですよね。そんなに、ここを潰してまでも、報復をしたいですか。自分は善人で、いたいですか」。
どうしたのですか。
ガブリエル「別に、何でもありませんよ。ただ、あなたがたに、何もしていない人を責めて、何か、楽しいのですかね?いい加減、ご自身の中に、ものすごい敵意があること、気がついたらどうです」。
いや、それだから誰に対して・・・。
ガブリエル「誰にだって咎はありますよ、完全な善人なんて、いません。いい加減にしなさいね」。
??


2021年7月25日(日曜日) 日清焼きそば美味しい(飛び入りイラストUPしました)

 今週のたろっと占いですよ。
先週も審判でした、結果はどうなったのかなあ。
さて、今週の世界のキーワードです。
でたのは、皇帝の逆位置でした。
下手をしたら、失脚です。国の一番上の方々の権力体勢に、鋭い批判があって、国全体のコミュニティが非常にバラバラなことを、指摘されます。ここから、どうでるかがカギです。
コレに従えば、力の逆位置でした。
コミュニティの再構築をすれば、こちらになります。国の、力不足なことが懸念されますが、何とか再構築へ足がかりを作ることです。多少、疲れがでますので、少しばかり気晴らしも兼ねましょう。
従わなければ、節制の逆位置でした。
問題を放置しておけば、こちらになります。とにかく、国が、資金繰りに苦労してしまい、良くない借金を作りますね。しかも大して、必要ない、ものを作ってしまいますし、無駄ができますね。
さて、今週の人です。
でたのは、隠者の逆位置でした。
感染症で、静かに身をかくまっていた、方々です。外にでるのが、億劫になって、動きたがりません。少し、連れだしてあげるのが、良さそうです。気分は回復傾向になるでしょう。マスクを忘れずに!
今週は政治のようです。
地域社会は確かに、各地バラバラ傾向です、骨の折れそうなお仕事ですけれども・・・!

 しかしまあ可愛らしい、お花があるものです。
父が、とあるお花の通販サイトに、過去に申し込んで。冊子がきたり、しますが。
私は、詳しくは、拝見しないものの。色とりどりで、ちょっと、お値段が高いけれども、作り込んだお花とかが、載っています。
雑草などでも、可愛らしいですが、品種改良したものなど、やはり派手ですね。
父が、時々、安物のお花を、買ってくるのですが。
安くても、やっぱり、お花って、派手で可愛らしい・・・。
某王様も、これ程には着飾っていなかった、新約のみ言葉ですが。頷けます。

 今回のイラストは、オリジナルの、テディベアーです。
また、好みが分かれそうな、色合いですが!
実験していて、どうも失敗気味ですね(汗)、実験し過ぎました。
左フレームの、イラスト3よりご覧下さい!

しかしこのボランティアの、活動。
そろそろ、引退しても良いのでは、ないのかなあ・・・。
母が、倒れたときに、ナゼか意地で、続けてしまい。
やめるにやめられなく、なった後、こう、ずるずる、続いています(汗)。
ここにしても、グノーシス主義者さんが集まる、そう神様がおっしゃいますけれども。
取り立ててこう慰められる、わけでもなく。
やっぱり、ずるずる、やめられなくなってしまい、続いているのですね。
本当に必要な方に、届いているのかなと。
過去のほうが、お金はなくても必要性があって。
今は、恵まれ過ぎた環境ができて、何だかコレで良いのか、申しわけないのですね。

・・・兄が、このお家から、いなくなるのかな?
アースさん「その、可能性が、高いです。逃げ出すのですね」。
何で、また。兄のほうが環境が、恵まれていた、です。母にもずっと、大切にしてもらった恩がありますよ。
アースさん「今のお家の環境も、それ程に、お兄ちゃんを圧迫しているわけでは、ないです。ただ、したいことを、するのですね、お兄ちゃんは。しかしながら、その後で、君は、ものすごく幸せな、生活を送るでしょう。きっと人生が、このように素敵だったなど、分からなかったですね」。
??

逃げ出すのは、一時的で・・・?
アースさん「そうです。今度のショート・ステイのときが、危険です。すぐ、お家に帰ってきますけれどもね。お父さんとケンカする、可能性が、あります」。
預言かな?分からないですね。

ガブリエル「はい、審判の結果ですね。お疲れ様です」。
結局、何の、審判だったのかな。
ガブリエル「一生懸命、人間になっても頑張っている神様を、皆が、欲しいと思うかの、審判です。人間になっているので、もちろん、神様らしくないことも、されます。それでも、この、小さくされた神様を受け入れて、信じるのなら、あなたは、皆の、神様です」。
??
ガブリエル「特に、そういう子からの、評判が悪くて・・・。神様だったら、絶対、無茶苦茶でも、受け入れてくれるって、聞かないのですね。そのため、偽物だろうって罵詈雑言があり、大変でしたね、でも、もう、そういう子の神様でもない、誰の神様でも、ないです。信じてくれる方のみには、神様です。もう、何も、責任はないですから、自由にみ力を、お使い下さい。静かにしていても、文句をいわれなくて良いし、厚かましいことも、いわれず、好きにできますよ。今までごめんなさい!」。
は・・・、はい。

アドナイさん「それじゃあお前を、信じている方と信じていない方に分けるから。これからはお前を、神様として信じている方に、全てのみ力を、使って下さい。今からそうします」。

な・・・、何か。
あんまり、変わらないのですが!?どういうことだよーっ?
やっぱり、背中が重くて、期待を背負わされて、しまったのか。
ひとまず、台風8号が邪魔ですね。
日本に接触しないで、どっかアメリカのほうへいって、いく途中の海で消えてくれないかな。よく分からんけれども、神様、頼みます。

予備対策としては。
これから、今年の夏と秋の間、日本を通過する台風は、日本全体で災害を分散して受け、全体的に軽くなるよう、しますね。
ご迷惑がかかりますが、どうぞお願いします。

台風8号、何もなければ、良いのですが。
五輪会場に直撃とかで、東北・関東、選手の皆さん、大丈夫かなあ。
まさかアドナイさんの、おっしゃった通りに、なるとは・・・。
何とかお怒りが治まれば良いですが。まだ、分かりません。

スライムの本、どうしようかなあ。
完全に趣味で、作ってしまった本という感じで・・・、ご覧になられる方の興味を、あまりに、ひかないです。
要するに、大したことのない本であって。売りものにならないのです。
それだからタダで、差し上げたり、お配りしたのですね。
しかも一部の方には、内容がよく分からなかった、ようです(汗)。とほほほ。

まあ、正直、作ったゲーム会社に、真似して、怒られる本よりも。
オリジナル本を作るほうが、割には合わないですが、良いのかもしれません。
どうしようかなあ、Tシャツとか。ブースに、都合良くものを作れるサイトが、なかったかな。
サイズとかあるしなあ、メモでも作っているほうが、楽しいかなあ。

結局、消されちゃったということは嘘だったの?さっきの、こと。
アースさん「あちらを立てれば、こちらが立たない。かといって全てに対して閉じるわけにもいかないし、全てに対して開くわけにもいかない。君に、秘密の契約で、色々と閉じて、もらっている。君のお手紙・メール、その他色々と、少しばかり緩くしようと考えるのも、君に、申しわけないから、なのだね。まあ、嫉妬したり嫌がらせというよりも(そういう子も含む)、忙し過ぎるだろう?浄化がさ。それだから適当に、理由を作っては休ませておいて、手を打ってきたのだけれど、み力を配らず、浄化をしなかったら、世の中は、三日も持たないだろう?」。
ま・・・、まあ、怪しいお話だけれども、そういうことだね。
アースさん「ここはもう放置しても、僕は、何もいわない。することはしたし、サービス過剰なほどだよね。聖霊ちゃんを早く降ろして、交代して、君は好きにすると、いう手もある。そろそろ、好きなことを、好きにやって、そうしてあげたくてね。今までが、きつかったからね、ゴメンナサイ」。
そっ、そうかー・・・。

それでは、今週も疲れない程度張り切って参りましょう!


2021年7月23日(金曜日) お花もたくさんあるものだなあ

 イラストの練習を、地道にしています。
まだまだ、下手ですけれども!
やっぱり、色合わせ、やっています。地味な作業ですね(汗)。
二色塗りスライムもやりたいですね。あれはなかなか役に立ちますし。
夏場でつけペンが、ダメなのですよね。手を置いたら、ダメになってしまう。
マルチライナーで、輪郭線を、描くかな。
色鉛筆も、もう少し、頑張りたいところです。
というよりも、最近、お留守ですね。コレではいけない、です。

買いものもしないといけないですね。
画用紙の、新しいのを開けてしまったので。次を、買っておかないと。
通販の画材屋さんしか、今のところいけないし、買えないです。
画用紙なんて、そこら辺で売っていそうですが、なかなか、ないものです。
A4とか、B5とか、そういったサイズで売りものを、揃えてくれるところは、少ないですね。
画材屋さんならともかくですが、文房具屋さんでは、やっぱり、難しいですよ。
大きい紙もあまり、ないですしね。
難波までいかないといけないし、つくづく、田舎に住んでいるものです。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのベホイミスライムです。
大判小判がザ〜クザク♪
昔に、こういう形の、お菓子があったな(汗)、あっちか。
左フレームの、イラスト3からご覧下さい!

結局、善いそういう子は、どうなるのかなと。
ガブリエル「救うには、基本、こちら側から、催促していかないといけないですが。悪霊側の、取り決めが厳しいのですね。もう、悪い情報が流れていますよ、ご覧になりました?」。
い・・・、いや、まだです。
ガブリエル「多分、このお話は持ち越しですね・・・。信仰心が、ものすごく強いのでね」。
まあ、もらってもらえるだけ、良いのかなあ。行き場があったら、迷わないですよね。

ガブリエル「はい、では、朝の契約をして下さい!」。
??それじゃあ頂いて・・・、終わりました。
ガブリエル「コレがなくなると、どういうことになるのかが、ちょっぴりピンチです。それでは」。
????何で、待たされたの?

読者にイスラム教徒さんが、増えてる?
ガブリエル「はい、ちょっと、こっちも、ピンチですか?」。
どうしてご存知で、大体、使っている文字が違うでしょう、アラビア語じゃないし、それ程に、日本語がご覧になれる方が多いとは思えないし。
ガブリエル「要するに、翻訳される方がいらっしゃれば、良いのですよ。神様・大天使ガブリエルが、預言を教えていて、当たっている、コレは危険ですよ。閉じてしまえば良いですが、できれば、神様と接点はあったほうが、心の健康のために、良いですよね。まあ、サービスです」。
ま・・・、まあ、五輪でもご覧のほうが、良いのではないですか。

アドナイさん「ちょっとここから、深刻な話だが。その、イスラム教徒もキリスト教徒も、ユダヤ教徒も、だな。仏教徒や他も、みてくれて良いぞ。お前達は、まだ、マスクはつけているか」。
外す方も、いらっしゃるのではと。
アドナイさん「外すのは、まだ、やめておけよ!ちゃんと、顔を覆っておいて、損はない。イスラムの服装の話ではないのだぞ、マスクは、まだ、つけておきなさい。ある意味、預言だぞ」。
確かに安全ではありますね、そうですよね。

アドナイさん「安全だからではないぞ。私は、以前、忠告しておいたはずだ。中国が最初の、ウイルスを撒いた、とな。そしてその中国に、反感を持ったロシアが、戦争を仕掛けると、どうなる?」。
ウイルスですよね?確かにアジア人は、感染しやすいかも。そういう、ウイルスを作る可能性がありますね。
アドナイさん「いま、白人は比較的、少ないだろう。日本は安心していても良い、ただ、本気で恐ろしいのはな、変異株なのだ。デルタ株が変異すると、白人もまた感染するような、そういう株になる、恐れがあるのだよ。ウイルスの先祖返りだ。これはたまったものじゃないだろう?分かるか」。
預言だったら、マズイぞ。ま・・・、まあ、そういう、預言情報ですので!

恐ろしいお話を聞いてしまった・・・、おぉーい!
ガブリエル「呼びましたか、どうしました」。
いや、その。止めてくれないですか、そろそろ、都市封鎖も本格的にヤバイ、悪霊達に、止めてくれと、頼んでくれないですか。
ガブリエル「う〜ん・・・?そうですねえ・・・、僕は、反対です」。
何でまた。お話は聞いて、もらえないですか。
ガブリエル「僕は、まず、預言者の安全を守らないと、いけないです。あなたが倒れたら、様々な方々に、ご迷惑が、かかりますね。何を要求されるか分からないし、今だって、要求をしたせいで、ワクチンも打っていないのです。確かに危険ですが、ご自身をまず、守るべきです」。
何をされるか、分からないか。とほほほ。

黒の塔「私達に御用でしょうか」。
お久しぶりですよ、ちょっと、寝起きで、失礼しますが。
黒の塔「寝ぼけているのではないですか、どの道感染症のことでしょう、私達の管轄ではないのです、無理そうです」。
頭領なら、何か、ご存知ではと・・・。
黒の塔「そうですねえ・・・、頭の痛い、問題ですよね。しかしながら、殴りつけないということを聞かない、連中もいるのですよ」。
でも、関係のない方々が、亡くなったり・・・。
黒の塔「最近は犠牲も、大きいではないですか。やめておけば良いです、あなたが殴られても意味はないです。あまりに、意味がないし、空しいから罰していない輩もいます。やめて下さい」。
これは何かピンときたかも・・・。

要するに・・・。
アドナイさん「今日から、お前は休みだ。のんびりしていろ」。
ちょっと、待って下さい、考えがあるのです。
アドナイさん「その考えを却下なのだ。ちゃんと、お前が守りたい連中は、守られているから、安心しろ。全く、聖霊が何かいっているのだろう。今日からはみ力は、使えないようにしておくからな」。
う〜ん・・・。

何だか眠くて、何も考えられなく、なってしまったな。
アースさん「やっぱり、止められたね。五輪だよなあ、どう、考えても」。
アドナイさんは五輪に、お怒りなのですか。
アースさん「だって前から、いっていたじゃないか。保護を受けられない、そういう子がいっぱいいるのに、何をやっているのだと。それはそうと、君の、恋愛熱は、もう、醒めてしまったのか。僕は、このまま一気に加熱するのかと」。
お前があまり、魅力的じゃなかった、のじゃないか?恋愛レベルが下がった、です。
アースさん「そっ、そんなー!悔しいな、でもまあ、神様が怒ってもしょうがないですし、アドナイさんの制御は、止めておきましょう。み力は使えますよ、では!」。
絶対、関係のない方が亡くなるからな。

ま・・・、まあ、アースさんに、悪いことをしたし。
りらっくまのぬいぐるみを、丸洗いしましたよ。
いつもぬいぐるみに入って、中から話しかけてくることも多いからね。
清潔にしておけば、喜ぶでしょう。夏しかできないのだよなあ!

アースさん「はてさて、どこもかしこも丸洗いされ、何とも照れくさい気持ちに!」。
お前なあ、そういういやらしいこというな!
アースさん「冗談です、さて。元・お家のお金の三百万円ですが、お使いになるのが、イヤだと。ご遠慮はいりませんよ。それは神様から受けとった、お金です。この世のものは我々の、ものです」。
何をいっているのだよ、盗みみたいな、ものじゃないかな。
アースさん「そうではなく。では、お聞きします。住み込みの家政婦さんって、月に、いくらくらい、かかりますか」。
まあ、最低、三十万円くらいは、かかりそうですが。お給料ですか。
アースさん「それなら、一年で三百六十万円ですね。たった一年で、これだけ、かかりますね。それに加えて、ボーナスくらいは、差し上げたいものです。そうとなると、どうなります」。
まあ、そりゃあ、ヒトを雇った場合だよ。
アースさん「こういう、ご病気持ちの多いお家には、家事をしてくれる、女の人が、必要です。雇うとなると、膨大なお金がかかり、あっという間に生活費にも、消えてしまいます。君が、三百万円もらったとしても、使うのは、一年に僅かですね。持っておいて、自由に使いなさい。あなたのお母さんがいれば、必ず、それくらいは、お支払いしますよ。では」。
それくらいは、自分で稼ぎたかったよなあ・・・。

アドナイさんからの、預言です。
アメリカのチャイニーズ・レストランなど、破壊行為が相次ぎます。
ウェイトレスさんを、守ってあげましょう。
この預言は一年間、有効です。

ま・・・、まあ、お詫びしなくても、良いのですが!
契約書に、近日、ちょっと、細工があって。
ガブリエルさんに、私の権限が自由に、できていなかったようです。
そのため、み力を閉じてしまうと、そのまま、閉じたままで。どうもすみません!
まあ、それはそうと、賑やかしチラシも、もう、やめようかと。
そう思い、アースさんのいうまま、お金のやりくりをしつつも。適当にしていたのです。
そうしたら恩人の、先生から。また、いつものチラシを、楽しみに、しているよと。
やめようとすると、ナゼかお誘いがきてしまい、やめられないのですね。
どうなっているのかな。しかも何だか、お元気が、ないようです。
色々な立場の方々に、差し上げているし、急にやめたらやめたで、ご迷惑なのか。
まあ、差し上げるのも二十号までですから、大丈夫ですが。
次回は暗いお話なので、実は、差し上げようかどうか、困っているのです。

アドナイさん「はあ。いつもいつも、殴られてはいけない子が殴られ、悪人が得をするなあ。でも、お前は何も悪くないし、殴りつけたくない。それにこれは、そういう子などが、世話になっている、手前でもある」。
う〜ん・・・?
アドナイさん「私は、殴られてはいけない子が殴られるのを止めたいよ。でも、お前とガブリエルが邪魔をする。これでは、確実にいけないのに。悪人は笑ってばかり。せめてガブリエルだけでも止められないか。ごめんな、このような愚痴を」。
確かにそうだなあ・・・、うん・・・。

アースさん「僕も、アドナイさんに一理あると、思うなあ。最近、グノーシス主義者・そういう子の近況は、本当にやばくてね。可哀想なのですよ」。
そうなのかな。
アースさん「僕が、良い契約を作ってあげよう。まず、ゴールドマスター・ガブリエル君に君の権限を渡さない。これが重要かなあ。後は、君を守る以外のここの契約を閉じる。では!」。
??

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆


2021年7月21日(水曜日) 連載ミニ・小説です

 飛ばされていった所は満天の星空だった。
自分が星空の真ん中に居て、ふわふわと漂っている。
遠くに大きな月が見える。真っ青な月だ。見ていると静かな気持ちになる。
その空間を今度は、半透明の一角獣や妖精、精霊が横切って飛んでいく。
皆は楽しげに、歌うように出ては消えていった。
自分はいつからここにいたのだろう。いつまでここにいるのだろう。
そういう事を忘れていきそうだった。
ふと見ると空間に半透明の扉があった。
漂って開けてみると、大きな風が吹いて、扉の中に入ってしまった。
その中の部屋はたくさんの布が垂れ下がっていた。
それはよく見ると、布ではなくオーロラというものだった。
色とりどりのオーロラが姿かたちを変えて、部屋を照らしていた。
部屋の中には三つの道があった。
一つ目の道は黄金で固められた道で、傲慢と拝金主義を連想して好きになれなかった。
二つ目の道は、銀色に輝いていて、清純で高尚な感じがしたが、自分には不釣合いだと思った。
三つ目の道は普通のただの道で、草木が生えて、自然が豊かだった。
後ろから気配を感じたので、振り向いてみると、そこには光に輝いた人間が居た。
『あなたはどれを選ぶのか。』光に輝いた人間は言った。
その人間は今までにどこかで見た事があるようで、見た事がなかった。
「別にどれを選ぼうが俺の勝手だろ。」
アレクスは怒って言った。何だかこの人間は、好きになれなかったのだ。
そして自然豊かな道を選んでいこうとした。
光に輝いた人間は言った。
『あなたはその道を選ぶというのか。
いいだろう。真っ直ぐに進んで行け。』
命令的な口調にアレクスは腹が立ったが、もう見向きもせずに真っ直ぐ進んでいった。
遠くから、光に輝いた人間の最後の言葉が聞こえた。
『もう決して振り向くな。
あなたがどこを選ぼうと、その中に私は居るのである。』

続ダンジョンマスター、第81回目です。
はてさて、妙な人間がでてきたぞ。
このゲームに、ハイ・ロードという、人間より、高位の存在がいるそうです。
そこら辺ですかね、それとも・・・。

 何だか最近になって。
ふと、目が覚めたように、視界が開けて。
ああ、降りてきたのだな、なぜかそう考えていて。
二階から、階段を降りたとかではなく。ナゾです。
心が非常に落ち着いていて、穏やかなのですね。
もう少しいることになった、それが嬉しいのか、どちらでも良いのかが、分かりません。
お家をでていくとか、もう少しいるとか、それでも、ないのですね。
夏に差す光は温かくて、心が穏やかに、なるのでしょうか。

ガブリエル「さあ、朝ですよ!体操をしましょう」。
??いつもそういうのは、しないよ?
ガブリエル「それじゃあ外出しましょう。お家の中でゴソゴソしていては、勿体ないです。たまには、気晴らしも兼ねて」。
いや、暑いから、ちょっと、無理かな・・・。
ガブリエル「倒れそうなら、強制はしないです!・・・誰か、分かりました?」。
ひょっとして、キリスト教徒の民生委員さんかなあ?体操とか。
ガブリエル「当たりですよ!まあ、今は、感染症だから・・・、でも、きっちり、時間通り、しましょうね。働け働け〜っ!」。
こっ、これは別の意味で、大変かも。

ガブリエル「まあ、あなたは、ご病気ですし。働くのは、ある程度で良いですが、それなら、生活はしっかりと、自分で管理しましょう。とにかく、運動は欠かさないこと!」。
丸っきり、あの方だ。
ガブリエル「別に、無理はしなくても良いけれども、介護で困ったことがあれば、何でも相談して下さい。一人で悩んではいけませんから・・・。このような感じですか」。
確かにこっちのほうが、楽そうだなあ。うん。

アースさん「そういう子の責任を背負う?人の責任を背負う?それはいけないよ」。
ありゃあ?
アースさん「誰だって、悪いことをしたら、謝らないといけないよ。それはそういう子の、親の責任です。君みたいな結婚もできなかった、まだ中年くらいの女の子が、無理したらダメですよ。人に自分の悪いことを背負わそうなんて、悪い奴だなあ、そのようなものは、全く、君に、責任ない」。
ま・・・、まあ、マトモだよね、ある意味。

アドナイさん「さて、一段落つけて。ここまでで犠牲と、浄化のみ力は、閉じておくぞ。お前自身のみやると良いだろう」。
良いのですか、それ。
アドナイさん「自分の罪咎を、自分で何とかするのは、当たり前だろうよ。悪霊にいわれたというよりもな、都合の良いことは、ダメだぞ。もう、集めないから」。
そうだそうですよ。

どういうことです?色々、消せといって。
アドナイさん「もう、新しい人物に、切り替えただろう。それだからこれからは、悪霊との契約ではなく、自由にやると、いっているのだよ。悪霊とは、色々とあってなあ、とにかく、そういう子は、助けられないしここにもきていない」。
でも、情報が混乱していますよね?どちらが、本当?
アドナイさん「一房のブドウの実を生かすために捨てられている、子ども達だっているのだよ。ルミナラはもういらないから全部捨てなさい。王様の力は復活し、咎め・犠牲・身代わりではなくなる。それは女王の力とでも呼ぼう。お金持ちの人・普通の人は捨てられようとしているから、最後まで、助けてやりなさい。グノーシス主義者もだから、少々、忙しいかなあ。彼らを痛めつけているのが、そういう子だ。そういう子は、生まれつき養われているから気にするな。少しでも、せめてお金持ちの人・普通の人に、与えてやりなさい。彼らは困窮している」。
そちらが、本当なのかな・・・?

病気になって、かなり経った頃に。
母が、アンタはこの先も、大丈夫だというのです。ずいぶん、自信たっぷりです。
誰にそのようなことを聞いたの、そう聞いたのです、そうしたら神様みたいな人、そう答え。
本当なのです。まるで母じゃないみたいだった。
アースさんに出会って、いつも思うのはですが。
コレが本当の、今までの、母だったのじゃないか、など。
つまりいつも、一緒にいたのですね、アースさんと。
母は、消えていないのです。それどころか、近くなったのです。

小さな頃から、伴侶のように、一緒になれる方を、探すのですね。
一人の人に夢中になってしまい、激しい友情を夢みるのです。
でも、いつもお相手はいうのです。私の、僕のお相手は、あなたじゃないと。必ず、お相手がいる。
そのうち、誰かがさらっていって、私はまた、独りになるのです。
何回も繰り返してくるともうどうでも良くなって、伴侶はいなかった、それで済まし。
大好きな母も、最後には、兄を選び。そのまま、病気で戻らなくなった、です。
それから、時間は経って。アースさんに、聞いてみたのですね。
あなたは、私の大切な人ですか、そう伺うとそうですよ、など答え。
遂にいたのですね、待ってくれそうな人が。
まあ、これからじっくり、聞いてみないと分からないです。

なぜ、アースさんが、良いかと。
だってもらっても、他の方に、害がないですよね。とられたとか、いわれないですね。
自分みたいな、落ちぶれた人間と、お付き合いできるレベルの、人も少なくて。
何だか悪いのですね、結局。昔みたいに厚かましくなれなくなったのです。

それに何だか、ヘンなお話ですが・・・。
思考パターンが違うのです、何か。
色々、お話していて、思うのですが、自分が納得できるお話ができたのは、子ども時代だけですね。
何か、何か、違う。ナゼか近しい感じの方でも、同じと思えなくて。
子どもは、似たような感じで、のんびりしている、のですね。
アースさんは、そこが同じで、安心するというか。
結構、打算的なのに。何が違うのでしょうか。
まあ、皆様と細く長くやっていけたらと思っているのですが・・・。

まあ、何というのか・・・。
他の人が、完全に掌握をしているテリトリーの中で、自分を汚さずに暮らしていくというのは、難しいものですね。
そこからでてしまうと、何というのか、別に、これといって敵もいないし、害のある人も、いないし。むしろ自分よりそのことで、もっと傷ついている方がいたりして・・・。
とにかく、アースさんに、感謝です。

何か、朝から苦しかったのだけれども。
アースさん「うん。お金持ちの方・普通の方・悪いとされているそういう子の、聖別をしていたからですね。魂の浄化と迎え入れですね」。
ええーっ!やけに苦しいと思って・・・。
アースさん「コレでみ国への選択権ができました。死後、イエスに導いてもらって選ぶも良し、生前から自分で頑張って入るも良し、です。お疲れ様です」。
結局、善いそういう子は、どうなったの。
アースさん「悪霊が手放さない、です。善いそういう子が、どういう目に遭っていくか、みていて欲しいですね。そろそろ、始まると思いますから・・・」。
な・・・、何だか恐いな、そのいいかた。

ルミナラは無駄になるのかなあ。
アースさん「お祈りの方向性を、変えればよろしい。悪と善が逆転する、から、ただのお祈りの強化の道具にしましょう。そうしますね」。
なぜ、そうするのかなあ。
アースさん「お金持ちの方・普通の方・悪いとされているそういう子が、悪とされていれば、点ければ皆さんは、全員、善になるわけです。しかしながら、逆なら攻撃されて、しまいますね。それが恐いのですね」。
なるほどなあ。


2021年7月18日(日曜日) 預言者も預言・スマイル0円

 今週のたろっと占いですよ。
先週は審判でした。今週も審判ですよ。
さて、今週の世界のキーワードです。
でたのは、審判の逆位置でした。
先週から、最終審判は延びたのですが、今週もやはり、審判にかけられます。そこで気をつけたいことは、優しさを失わないこと、です。最終審判はまた延びるでしょう。
コレに従えば、正義の正位置でした。
優しくあれば、貫けるものは、正義の道です。優しさにそった正義ですので受け入れられやすく、庶民に人気がでます。これを覚えておいて、損はないです。
従わなければ、塔の正位置でした。
政界を震撼させる、出来事が、起こりますね。それは一時的なものですが、今の顔ぶれが少し変わってしまいますね。起こるのは瞬間的です、優しくあるべきです。
さて、今週の人です。
でたのは、隠者の正位置でした。
賢くて静かな生活を、されている方です。堅実ですので、今の状況を破綻をきたさないみかたで教えてくれます。迷っていたら、助言を求めましょう。
今週は政治のようです。
優しさがないとどうなるのかな、何だか書いてあることが恐いですが!

 先日から、ブースを、一通り更新しておいて。
いつでも、使える状態に、なっています。
それ程に、変更点がなく。一通りみたら、何とかなった、です。
新しいピクシブ契約で、まさか使えるとはね。
まあ、売れ線のものは何もないですし、開けておいてもヒマで、大丈夫なのですが。
私の場合、ありがたいことに、全く、ご覧頂いていない、ワケでもなく。たまにお店に反応が、あるのですね。
スライムの本、結局、売りにも、いかなかったしなあ。ブースで売ったら、無駄にはなりませんが。
ピクシブはやるとしても閲覧だけにしようと思います。
介護もやっているし、色々広げると、大変なのです。
やるなら、ここでUPしたイラストだけですね。スライムとか、害のないもの。
・・・ここだけで十分ですね(汗)、反応は最近重いですが!
今のところは、また、お店は閉めています。
のんびりやれそうなら、開くこともあるのかも、しれないです。

お知り合いの、悪魔崇拝者とかじゃなくて・・・、そのものに対して!?
ガブリエル「えへへへ、騙してすみません。まあ、実は、かなり困っている、ようなのです。あなたがみ力の契約を、こっそり、閉じてしまっていますよね?契約書の内容には、私は、忠実なのです」。
あのさあ、あなたが捨てろっていうからさ、せっかく書いたその方の暑中お見舞いがポイ・・・!数枚書いておいた、チラシ用封筒もポイで、大変、迷惑がかかったのですけれども!?
ガブリエル「信じ込ませる、下準備ですよーっ。何か、おかしいと思ったでしょう。朝から準備をしてましたし、ワザと困窮も、させましたね。悪魔崇拝者に対して、一言、お願いします」。
う〜ん・・・?ここへお越しということは、ある程度、神様から、お誘いがきているのですよ。悪霊との過去を断ち切る準備でもすれば、案外、トントン拍子かも、しれないですよね。回心がしたいのでしたら止めないし、それで良いのでは。
ガブリエル「分かりました、なかなか、良い感じでしたね。どうもありがとうございました」。
また、暑中お見舞い、遅れるじゃないか。全く。

ここでアースさんの、預言です。
感染症の、広がりは、不気味ですが。
このインド株、ロシアが怪しいと、おっしゃっています。ま・・・、まあ、知りませんよ!本当かどうか!アースさんの、ウソでしたら、どうもすみません!
それでですが、ここからが重要で。
後二回程、世界中に、感染が広がる、変異株が、でるらしくて。
それが終わった頃、恐ろしいお話です、ワクチンの有効性について、議論がでるらしい。
効いているものと、効いていないもの・・・?まだ、分かりません。まあ、ただの預言ですね。

全く、悪魔崇拝者だなんてさ、ここは怪し過ぎるよ。
ガブリエル「う〜ん・・・?怪しいというより、彼らが勝手に、きてしまっているのですよ。昨日申し上げた通りに、何か、不吉なことがいっぱい起こって、大変らしいのです。ただでさえ感染症、恐いでしょう?そこへきて大雨が降り続いたり、気持ちがすっかり衰えてしまい、回心でもしたほうが良いのでは、そう考えてしまい、ここへきてしまうのかもしれません」。
ここも一応は、神様のみ力が、届いていると考えて、ああ書いたけれどもね。
ガブリエル「ほっとするらしいです。普段から、色々な方々が、お越しですよ」。
おかしいなあ、神様に怒られていると、思っていたけれどもね。

いや、まさかね、色々な方々というのは、キリスト教徒さんでは・・・。
ガブリエル「たまには、ミカエルさんとお話します?ま・・・、まあ、外人さんというのはですね、大抵、キリスト教徒さんかイスラム教徒さんですね。外人さんがきていたら、そういうことです」。
ちょっと、待てーっ!コレはマズイ、早く消さないといけないよ。
ガブリエル「頼ってきているのに可哀想でしょう。教義を消したら神様が、怒りますです」。
うう、それをいわれると弱い、です。ただのイラストサイトのはずが。

結局。
暑中お見舞い、何か、増えたですよ(汗)。試し刷りしたものまで、使うことになって。
一回、捨てた時点で、何かおかしいと思ったのですね。
ご迷惑かもしれないのだし、あまり差し上げないほうが・・・。
アースさん「さて、閉鎖された状態も、直したし。神様として本調子でやってもらいますよ」。
さっきこの六年半は、神様として慣らすための期間で、失ったりしたものはなにもないといったよな。ウソだろ、それ。
アースさん「案外、それが本当ではないですか。これから、少し、しんどいのを、緩くしますね。この先は、今までとは違って、あそこまでは苦しまないと、思います。頑張ることですね」。
それだから私は神様じゃないの!確かに変なことは、起こるけれどもさ。

まだ、お話あるわけ?
アースさん「これまではそういう子に色々と、してあげたね。どうもありがとう、40年間。お疲れ様でしたね。それでですが、一年前に、君と似たような方と会わせてあげる、僕は、確か、そういいましたね?」。
うん、そうだね、でも、別に、誰も、こなかったよ。
アースさん「それはグノーシス主義者の、ことです。君と似たような方々は、この世にはあまりいないし、出会うことは、なかったかもしれないね。そしてここにきているのは、そういう子だ。ごめんなさい、かな」。
まあ、別に、良いかも。仕方がないよ、滅多にいらっしゃらない方々なのだしね。
アースさん「でも、40年身を犠牲にしてもらいそういう子に良いものを、差し上げたし。グノーシス主義者は今まで、ずっと待たされては僕に裏切られて、泣いてばかりだね。君もそうだね。ずいぶんとえこひいきです。ただ・・・」。
??
アースさん「試験は本当に全部、終わったので、これからは別にそういう子の面倒を、みる必要はありません。僕がいうのは、ここまで。今までのこともあるし、白々しいから。では!楽しくね!」。
????

見抜けって何です?
アドナイさん「うん・・・、まあ、ここにきているのは、そういう子か。でもまあ、よく考えてみなさいね。貧しい方々は、あまりこういった空間には、お越しに、なれないなあ。そういう子は、貧しい子だろうし、あまりこないだろう。むしろお金持ちや、普通の生活の中で、無視されたり虐げられたり、虐待されたりいじめられたりされている、そういった方々が、いらっしゃらないか。今は、色々な方々に、この場は開かれて、色々な方々が、お越しになっているが、ずっと静かに微笑みながら、ここを日々の助けにしているような・・・、絶望されている方、それが一番多いな。では!」。
??要するに、グノーシス主義者さん、かな?

そういう子が、グノーシス主義者さんをいじめるのかな?
アドナイさん「まあ、そういう子と、グノーシス主義者は犬猿の仲でなあ。お前は神様だから、咎めがなければどちらとも、上手くやれる。以前からここでよく、そういう子の悪口を書いたろう。はっきりいうとな、皆は、お前のことを軽蔑していたというよりも、共感していたかも、しれない。いじめるタイプが、ルールが大好きな奴らでな、何というのか・・・、グノーシス主義者には、軽蔑に値するのだな。ルールは守るのに、愛情深くない、これが一番嫌われる原因かもな。逆に、ルールは守らない、でも愛情深い、これがそういう子に、嫌われる、理由だな。難しいかなあ?」。
う〜ん・・・?コレはどういった、お話なのかな。

よく、分かりません。
アドナイさん「たとえば、だな。愛情のない不毛な性的関係があって、世渡りは上手い奴、そういうのは、グノーシス主義者に嫌われるな。逆に、明らかな年齢差があるのに、愛してやまないから、周りの反対を押し切り結婚する、これはそういう子が嫌いなタイプだ。これなら、分かりやすいだろ?更に、お前はどちらも導かないといけないから、どちらがどうとも、いえないだろ?なっ?」。
な・・・、なるほど。

ああ、もう、本当、馬鹿だよ。
考えてみれば、このようなものは、インチキなのです。何が、み力だよ、私のどこが神様なのだ。
ただ、預言の当たることがあって、実際的に、私が神様達に、殴られると良いことが、起こることもあるです。
本当の意味で、馬鹿馬鹿しいのは、性格が本当に良いとはいえないかもしれない、Kちゃんの内面に、期待してしまった、私なのですね。
人を信じ過ぎて失敗するのはいつものことですし、自業自得です。
いつまで続くか分かりませんが、み力は解放しておきますね。

もう、そういう子全体に、怒るのは、やめます。本当にすみません。
正直、Kちゃんが怒った火種だと、思います。
十年近く、お付き合いをしていて、あのような他人につくようなウソを、あっさりつくとは、思ってもおらずでした。
ちょっと、過剰に同情をひく子だったので・・・、注意しなければいけないタイプでしたが、私が、情けなかったようです。
もう、メールをしなければ良いし、それだけなのです。お相手も期待など、しないですし。
ただ・・・、そういう子は、全体的に、お付き合いすると、困ったことも多く・・・、全部、怒っていたからいったことでは、ないです。本当のことも、あります。
私の、甘さが引き起こしたことで、すみませんでした。

アースさん「それじゃあこれは、ここまで!いやーっ、お疲れ様です、きつかったですか」。
何か・・・?
アースさん「もう、忘れたのかな。これが「普通の方の悪人」です。Kちゃんが悪人とは思いたくないと思うけれども、忠告されたことも、あっただろう。まあ、小さな悪です、こういうのは。最初のお金持ちの悪人程ではないですね」。
ああ、あの、シリーズ?あれ、まだ、続いていたの・・・。
アースさん「次は、楽ですね。善人だからですが、身近にいます。では!」。
もう、次なのか(汗)。まあ、記憶しておこうか。

アースさん「まあ、お金持ちの悪人も、普通の方の悪人も。実はどちらも、甲乙つけ難い、悪の深さですがね、では、貧しい方の悪人はというと・・・、実は、仕方なく、なのです。それなのでこれからは比較的楽です。というよりも、もう、キツイのは終わってしまったのです。君は、しんどい介護も慣れて、次は、善人に入りますね。それでですが、今までの君の状況は実のところ、その、お相手が、望んだものですね。まあ、周りの状況も、ある程度、含みます。ただ、厳しい十年は、まだ、続きます。今はかなり楽ですよね」。
何か、別に、それ程に、苦痛もないし・・・。
アースさん「善人と悪人は、かなり違いますから、君は、初めて幸せを、感じるかもしれません。もう、お名前は、お教えしましたよね」。
は・・・、はい。不安だな、今までが、すごかったからね。

それでは、今週も疲れない程度張り切って参りましょう!


2021年7月16日(金曜日) 最近ロシアの動きが怪しい

 ふう、まだ、しんどいなあ。
これはどこかで変なことが、起こっているだろうな。
書き置きがあったのですが、内容がそぐわないため、打ち込みです。
いや、あの、状況が分からない、方のため。
14日に、ルミナラを消して、お天気のお祈りを、やめたときに。
ガブリエルさんが、何か起こるからできれば続けてくれといって。
激しく殴りつけて、何かを止めるといって。
その日に、お買いものにいこうとしたら止められて、突然、周りが大雨になって、雹が降りだし。
結局、お買いものはいけず。次の日に、兄にいってもらったのです。
しかもその後も殴られ続け、今に至ります。

先程、また、ルミナラとお祈りを始めて。
ご近所の大陸の天気図もおかしくて、気になっていたのですけれども。
低気圧が、異常に多いのです、これは恐らく、大雨です。
高気圧が、確か、晴れるほうですね、高校のときに、習ったのです。
日本では、梅雨前線は遠くへいってしまい。これから、台風の季節ですが。
ルミナラは点けるなと、止められていたし、やめたほうが、良いです。
ここ数日、かなりハードなものを、要求されていますから、ある程度、お休みも必要です。
しかしながら、被害のあった欧州だけに影響を留めると、周りで何か起こりそうです。

 今回のイラストは、とっぷ絵です。
暑中お見舞い、リアルでもそろそろださないと。
今年は年賀状はお休み、そのお知らせのハガキ、作っておこうかな。
とっぷページ、とっぷ絵定食から、ご覧下さいね!

ひとまず、今日の分の苦しみ、受けつくしたので。
ヘトヘトになったので、横になっていることにしますね。

なっ、何か、一瞬で治った!何で!?
アースさん「うん・・・、ちょっと、悲しいお知らせが、あります。つまり守りを、狭めたのです。グノーシス主義者・お金持ちの方・普通の方は守られています。何の負担もなく守れるです。悪霊達が、いらないといったので、我々のものに、なったからですね」。
何か、いつもながら、スゴイお話ですよ・・・、産んでおいて、いらないとか。ヘンなお話で、どうもすみません!
アースさん「要するに、悪霊達の必要なものである、そういう子は、離さないわけです。でも、そういう子を守るべき悪霊達が、そういう子を、かなり厳しく、打ち叩いているのです。それで咎め・身代わりで、守っていたのです。もうしていないし、そういう子を守らなければ、君は、楽ですね。悪霊に断られたのです、完全にね。ごめんなさい、ヘンなお話でした。自分からやっても、断られるか恐ろしい負担がかかって、やめることになる、です。ごめんね」。
これが本当だったとしたら、どうなっていくのかな。

本当に逃げ道はないのかな、残酷だよ。
アースさん「うん、そうだね。でも、逃げ道が完全にないわけではないよ。それは何らかの方法で、悟ることだね」。
何らかの、ということは、何種類かある?到達点以外にもあるの?
アースさん「イスラム教や、仏教にだって、悟りはあるでしょう。ああいったものや、何らかの、解脱する状態、それが必要ですね」。
うう、怪しすぎるお話ですよ(汗)、それとは違う、ヘンな宗教に、はまらないで下さいね!
アースさん「要するに、ルール好き悪霊から逃げてしまえば、良いのだよね。でも、ここが難しいところで、そういう子は、また、そういったルールが好きだったりするのだね。自分の神様が好きで、良いことなのだけれどもね、もし、悲しい目にばかり遭うなら・・・、逃げ道は、開いておいてあげる、コレが正解かもね。君の、そういう子のためのこれからのお仕事は、到達点を与えるお仕事、一本だね。それだから僕はもう切り替え始めている。庇ってあげるよりも、み国を教えてあげる、そのためにお店は開けておいて、安刷りでも本を作って、置いておいたりする。広く、行動すること!」。
み国のことなんて、知らないけれども。それって、怪しいし、怒られないかなあ。

王様の力、ルミナラは消して・・・、いつも通りと。
後は、ホームページを閉じておくだけ、それなのにまたお前か。
アースさん「更新をお誘いして、悪かった。何回目だろう、悪かったです。君は、ヒマしているわけではなく、忙しい身だね。誰がみているか分からないような場所に、こんなに、手間取っている場合ではないね」。
誰もみていないのに煩わしい更新ばかり、馬鹿馬鹿しい。
アースさん「そういう子のお世話なんて、しなくて、良いです。当たり前です、君はやるなんていっていないですね。ただ、やるといって、やらない方ばかり。イヤでもしてくれる君のほうが、よっぽど、神様は好きなのだよ。それだから頼りにしてしまうのだね」。
はぁーっ?嫌われてばかりですよ!
アースさん「新約には、そう書いてありますよ。もうじき、あそこは、水で溢れます。ごめんね、知らせないで。もう少しだけ、王様の力・ルミナラは点けてくれないかな。頼みます」。
ええーっ!アドナイさんが消せと。
とほほほ、本当に遊ばれてばかりだよ、ロクなことがない・・・。

本当に遊んでいるのか、真剣なのかどちらなのかな。
アドナイさん「どっちもだな、すまんな。どうしようもない奴がいて、散々、迷惑ばかりかけて、ドロンしそうなのでな、み力での、駆け引きというヤツだ。仕方ない、もう、判断したから、張本人に、天罰を当てて、皆は、しばらく解放してやろうか」。
結局、何だったのかなあ。
アドナイさん「お前はヒマをやるから、ゆっくりと休めよ。そうそう、お駄賃に百円やるから、とっておいてくれ。悪かった、ものすごく辛かっただろう。謝罪はするからな」。
大阪の最低賃金より、ずっと安いぞ、それ。

結局、何だった?
アースさん「うん、まあ・・・。遂に、開催ですかね。でもさあ、他に、開催できない理由はいっぱいあるよ。放ったらかしにされている、憐れな子どもがいっぱいいるのにね。そちらを優先して、解決していれば良かったのになあと、僕は思う。それでアドナイさんが、ずっと思っていたのに、怒りだしても、気にも留めやしない。君がお怒りを止めなければ、もっと爆発していただろうなあ」。
それじゃあ開催されたらどうなるの?

お前はこのような時間だし、寝ていなさい。
魂の息子「一言だけ。お母さん、感謝する。もう一言。政府が悪いというより、そういう子の親が、悪いヤツいっぱい。政府の支援まだあったほう、感謝する」。
そっ、そうかー。

今後のことを考えて。
いつでも、お仕事をしていけるように、体を慣らしていく、そう考え。
体力維持です。
福祉施設でお付き合いもしていけば、将来、施設に入ったとき、生活しやすいです。
このお家が勿体ないし、住めば良いのですが、庭木の世話が、手間取りそうです。
一人で住んだら無駄になりそうです。しかしながら、今のところは、それしかなさそうです。
周りの独り身の女性の方も、住めているのだから、多分、大丈夫ですが。
余った時間を有効活用して、お金も貯めていかないといけません。年金暮らしまでは、です。

しかしもっと、よく考えてみれば。
病院の先生が、将来、障害年金をくれるといっていて、お話がついている、です。
もし、認定されれば、高いお金を受け取ることも、可能です。
それが生活費になれば・・・、横道にそれて、こういったホームページ運営や福祉施設での活動、お手紙・メール、み力などのボランティア活動も可能です。
先生は心配するなという感じなので、どうも心配はないのではと・・・。

しかも親が後、20年くらい、生き残る可能性が、あるかと。
その間は、今と同じくらいの、生活ができる、可能性も。
周りに頼っていれば、生活は成り立つものの。ちょっと、情けないです。
ただ、かといって親などを見放してしまうとなると、親などは、今と同じレベルの、生活はできないのです。まあ、宅食のほうが、美味しいかもしれませんが!
体中痛いのに、お洗濯・お風呂掃除など、ちょっと難しいですね。
お金の節約になっている分、生活をさせてもらっている、ワケです。
ガブリエル「ちょっと、良いですかね、お仕事ですよ。お天気の急変にご注意です」。
ちょっと今は、別のお話・・・。
ガブリエル「耐え切れないレベルに、なってきています。四国と九州の、大雨はみましたか。異常なお天気の上昇も、危険です。お祈りにご一考を」。
またかあ!お休みできる日なんて、なかったじゃんかーっ!!

お休みできる、はウソだなあ、どう、考えてみても。
アドナイさん「うふふふ、分かってきたなあ。ちょっと、消してありますよ。それでおばあちゃんの、遺産相続、土地の話があったって?」。
いや、過去に土地で、もめたお話だった。
アドナイさん「お前のお母さんが、傷つくようなことを、おばあちゃんがした、それだよなあ」。
何で、母が、おばあちゃんへのお手紙を、嫌がっていたのか、分かったのですね。
アドナイさん「悲しいな、お母さんのおばあちゃんへの想いは。お前とお母さんは、ものすごく仲良しだったからな、分からないだろう?そういうのは。あの、口が堅い、お母さんの本音を、お前は聞いてしまっていた」。
何でか分からないな、人に、苦しみを、吐きだされるときがあって。
アドナイさん「そういう、特技を活かせるのが、こういう場所だぞ。では!」。
いじめの奥に、何か、あるのだよな・・・。勘が悪いから、分からないけれどもね。

何か、最近、飛び入りイラストが少ないです。
UPしようかなと、思うのですが。
自分でイラストを、確認して。動作が重いのですね。
フレームとは違うどこかに、しまえれば良いですが。お手軽さがないので困ったものです。

それでは、今週もお疲れ様でした!


2021年7月14日(水曜日) 連載ミニ・小説です

 しかし何かがおかしかった。ロード・カオスが笑い出したのだ。
彼はもう力を失い、半透明になりつつあった。だが、アレクスに向かって恐るべき事を言ったのである。
「暴力的なお前の攻撃は楽しかったぞ。
勇気ある勇者に栄光あれだ。
お前はいつも正義面しておるが、遂に耐え切れなくなって暴力を振るったのだ。
あの小娘の父親と同じよ。」
アレクスはかなりの衝撃を受けた。
それは自分でも一番気をつけてきた事だ。
「我輩はもう消えるだろう。
この世を混沌としてやれなかった事が悔しいが。」
カオスはそういった後、更に笑いながら続けた。
「お前だけでも、滅茶苦茶にしてやりたいわ。
我輩と同じようにアストラル・プレーンに精神体を飛ばしてやろうぞ。
精神の死を体感するが良い!」
カオスがそう言うと、アレクスは自分が異空間に引き込まれていくのを感じた。
急いで離れようとしたが、カオスは万力のような力でアレクスの手を放さない。
自分の体から、透明な霊体がカオスと共に引き込まれていく。
アレクスの霊体は異空間へ飛んで行った。

続ダンジョンマスター、第80回目です。
ええーっ!カオスの、この、性格の悪さよ。
あからさまに、殴るのを、待っていたのですね、アレクスを悪党に、するため。
悪人のすることは、得体が知れないです。

はあ、何というのか。
ここはただの、イラストサイトに、するつもりですが。
そういう子の、話題が定着してしまったですよ(汗)。
元々、そういう感じはありましたけれども、ここまで、入り込む気は、なかったです。
自分など、普通の人間ですし、そういう子の深いところは、理解ができません。
そういった人間が、あまり書きたくないのです。白々しいです。
アドナイさん「でもさあ、こういう感染症のとき、誰が、構ってくれるのだろうなあ。お前は迷惑したが、ご興味のある方と、そういう子は、割と、面白かったかもしれないぞ」。
違いますよー、失礼でしたよ。
というよりも、感染症ちゃんと終わるのか・・・。まだこの状況、続くのかなあ。

何か、お天気のお祈りを、消したのです。
しんどいなあと思っていて。そうしたらアースさんが消せと、教えてくれて、治りましたが。
ルミナラもオンになっていたのをオフにして。
別に、こういうのは、インチキだし・・・。私が、勝手にやって、悪かったです。
ガブリエル「勝手で大丈夫ですね、そういうのは!できれば、ご協力を、お願いします」。
でもなあ、時々したことを忘れて、酷い目に遭うだろ。やめたほうが。

どうしたのですか。
ガブリエル「もう、黄色信号です、こういうのは。消した途端に、雨の予感です」。
いや、ここは晴れているし・・・。
ガブリエル「地球上で、どこでも、危険があるのです!しかしながら・・・、長々ご協力頂けた上に、こういったことを、お願いするのも厚かましく。必ず、あなたに、苦しみがくるからです。ただ、雨は止まりますね」。
う〜ん・・・、確かに良いことをしているのに、嫌な目にいっぱい遭ったですね。
ガブリエル「今回は特に激しく、あなたが、殴りつけられると、思います。かなり危険なことをしているものが、おります。しかも災害を防げれば、あなたの、嘘だったで終わり。悲しいですね」。
冷静に考えられない程、苦しいしなあ。

アースさんいわく。
色々、そういう子を、テストしたし、もう消しても良いよと。
う〜ん・・・、ここから先が、上昇が難しい〜っ!
時々、テストするそうです。テストイヤだよね、頭が痛いから。

抜き打ちテストか。
アースさん「そうです、そうです。いや、皆さんすみませんね!まあ、内容はバラせませんが、なかなか、難しい問題だったようです。正解者が、少なかったですね」。
時々、あるのだよね、ここ。
アースさん「さて、梅雨は過ぎ去るのか。世界的に、危険が迫っていますよ。おかずの心配も良いですが、そろそろ、やっとゆとりがでて、被災地が心配になってきたのですね?」。
やばいよなあ、でも、今年、おばあちゃんが亡くなって、年賀状だせないだろ。元気メールダメなのだよね。募金はできるけれども、何かこう、実際的に、お役に立てることは・・・。

えっ、いつもやっていること?
ガブリエル「つまり天候変化ですね、コレがお役に立てることですよ。いつでも、大雨が降って雷が鳴ってだとすると、生活できないでしょう。お体をはった、献身です、コレで大丈夫」。
う〜ん・・・、体調管理のみ、気をつけないとな。

いや、だからさ、イスラム教徒さんとか、いらっしゃってないから大丈夫。
ガブリエル「あの大天使ガブリエルがお話しているし、何だか教義もある。本人は神様ではないと、いっているし、これってムハンマド様の跡継ぎ!?みたいな。そういった危険は、ないですかね」。
ただの女預言者だろう、これくらいではね。
ガブリエル「でも、大雨を止めていますよ。しかもいつも。本当に気がついて、いないですか」。
世界中のお天気は、分からないしなあ。彼らを惑わせていたら、マズイよなあ・・・。

お疲れ様です。
アドナイさん「ご苦労様。さて、梅雨明け、かな。ずいぶん、長かった、大雨だったな。どうだ疲れたかな」。
ヘトヘトでしたよ、何で、このような目に遭うのかと。
アドナイさん「別に、お前は何もしなかったがな。何かした奴らがいてな、そのせいで咎を受けることになった人達が死にそうだったから、お前が助けたのだ。そろそろ、カンベンしてやるけれども、また別のものがくるだろう。なけなしの人生だから、無視しても良いのだぞ。もっと賢くなれよ」。
とほほほ。

叩き起こされたと思ったら・・・。
ガブリエル「黄色信号の意味が、分かったのですね。そう、外国で洪水ですね。今も、被害が続いている、です。どうしますか、イマイチ、寝が足りないようですけれども」。
ルミナラは点けたけれども、すいっちが壊れ気味なのだよね・・・。

かなりキツイなあ、アドナイさんのおっしゃっていた通りに。
ガブリエル「夢(悪夢)と、お体から、犠牲を頂いていましたから、何か、食べるのが良いですよ。苦しみはひきますけれども、ご支援はどうしますか」。
おととい、異常なお天気のときに、おかしいと思ったのだよね、あれが殴りつける、かな。


2021年7月11日(日曜日) 四日程前に打ち込みしています

 今週のたろっと占いですよ。
先週は占いよりも、大雨が恐ろしかったですよ!!
さて、今週の世界のキーワードです。
でたのは、節制の正位置でした。
悪魔に従うよりも、神様に従ったほうが良いと、気がつくなら、世界のバランスが、とれます。心の中で、戦いがあると思いますけれども、人のためを思うと、良い結果を産みますね。
コレに従えば、審判の逆位置でした。
人のためを思うと、最終審判は先延ばしに、されます。何の、最終なのかナゾですが、何か、悪魔が企んでいるのかもしれません。何も考えなければ、審判より、残念な結果を、産むかもしれないです。
従わなければ、女教皇の正位置でした。
心の中で、戦い負けてしまい、疲れ果ててしまったら、こちらになります。どこかに、聖母が現われ、慰めてくれるでしょう。あまりに、むごい戦いは、神様もさせません。
さて、今週の人です。
でたのは、女帝の正位置でした。
安定傾向のある方です。経済的にも困っているわけではなく、困窮支援に必死ですね。今週一定的に、支援をくれるので、泣きっ面にハチにはなりません。
今週は試みが、あるのか・・・。
悪魔の企みなら回避が無難です、しかしながら、一定的な支援はありますね。

 やっと落ち着いて、きました。
いま、静岡での、大雨に続いて、中国地方でも、異常なお天気です。
結果的に、助かった方々は多かったですが・・・、何なのか、この大雨、です。
早く止めば良いですね。
静岡は支援がしっかり、しているのか。地元の篤い支援が、スゴイですね。
やっぱり、中央から、少し、離れたところにあるからか。地元らしい温かみなど、あるというか。
だってホテルが緊急で開いてくれて、泊まれるのですよ。この、感染症のとき・・・。羊羹なんて高いものを、何もいわず無料でくれたり。
ま・・・、まあ、他のところでもそうなのかもね。
災害だけは防ぎようがなく、からっと、晴れてくれることを、願うしかないです。

しまった、また、ピクシブ登録、してしまった、です。
ブースを、何とかしないといけないと、一時的に、とはいえ・・・。
まさか何とかできて、ブースも、復活するとは。びっくりです。
ほんの少し稼いだお金をもらったら、どちらも、閉めようかな。

さて、ブースを、閉めてと・・・。
アースさん「せっかくだし、お店、やりなさいよ。現在、本のみでしょうし」。
まあ、ちょっと介護にも、負担がなくなってきた、ところではあるけれどもね。イヤだよーっ、何かあれば責任問題だから、大変なのだよ。
アースさん「グノーシス主義の、本をだね・・・、今までの教義など、十話ごと、まとめて。解説はいらないから」。
それはうさんくさいからダメですよ。
アースさん「コピー本の絵本だけでも価値はあると思うよ。福祉施設からだし、郵送代だけで、無償提供できるじゃないか。しかも追跡番号のついた方法も、みつかったし。いうことない、です」。
う〜ん・・・。

ブースに、番号など、打ち込んでいって。
これでお金の問題も、解決です。後は、メールを、するだけ・・・。
ガブリエル「残して下さるなら、楽しい交流を、お約束しますけれども」。
甘言には、のらない。あなたがたは、嘘つきだ。
ガブリエル「ピクシブ・ブースも、かなり弱体化、していまして。神様と繋がっているほうが、安心なのですよね」。
また、そういう子とかだろう。ここだけで十分ですよ。特にブースは、個人情報の塊。ないほうが良いですよ。預言者として、命を狙われますし。
ガブリエル「趣味で残して下されば、必ず、悪影響のあることはしませんし、大丈夫ですよ」。
母にも反対された場所だし、さっさと、消したいのだよね。
ガブリエル「ここでオリジナル本でも売って、稼ぎにしたほうが、良いと思いますよ」。
売れる本ができればですよ、そういうのは。はあ、うるさいなあ・・・。

・・・で、オリジナル本って、グノーシス主義の、本だろう。
アースさん「趣味のお店なのだしさ、もっと楽しくやろうよ♪たとえば、預言者・神様のだしているお店なのだから、奇跡をみせてあげる、そういうこともできる」。
何か、イラスト・カードでもつけるのかなあ。
アースさん「ご名答ですね。よくあるでしょう、キリスト教で、神のみ言葉つきの、カードとかね。グノーシス主義で、それをやれば、すごく面白いでしょう?今までの、教義のもので、十分です。可愛らしい模様つきの、カードでも買って、何か、み言葉を書いてあげる。できそうですよね?」。
怒られないかなあ、それ・・・。
アースさん「もちろん、普通のイラストや、絵本のお客様には、しないことだよね。イラストでも、つけてあげれば良いよ。教義の本をだすのなら、できそうでしょう。お店が残ったのは、何か、君のお母さんがやれと、いっているのでは。まあ、Tシャツなどを作るのも楽しいですしね。こころちゃんだったら、形にしても楽しいでしょう。こころちゃんではお金はとらないなんて、古くさいこというより、皆さんのご希望に合わせて、お店を作るのですよ。もちろん、福祉施設のルールに乗っ取って、ホームページには、お店は一切公表しない。福祉施設にTシャツなどを持っていって、売ってみたら、面白いかもですよ?皆さんが、楽しめる場所にすれば、ボランティアの助けになるでしょうしね♪」。
何であのような地味なお店、残したがるのか分からないです。

つまりそういう子の、責任を持つのは大変だから、じゃなく・・・。
ガブリエル「お天気を何とかしてあげて、経済支援も何とかしてあげ。そういう子も、大変になっているから、自分達で虐待しているけれども、面倒みてくれ、・・・それは怒りますよ、あなただって。当たり前です。それくらいは、自分達で、面倒みるべき、でも、やらない。放り投げたくなりますよね、そりゃあそうです、でも、面倒みているのですよ、ルミナラは消しましたよね?」。
は・・・、はあ。

ルミナラ、また、点けましたが。
何か、効果があるのかねぇ。電子お祈りなのですが。
段々、装置が壊れていっているし、兄に、みてもらうか。
すいっちレスポンスくらいなら、直せるのでは、ないかな。分解とか、得意そうだし。

こころちゃん、かあ。
Tシャツに使えそうな、大きいイラストは、みつかったものの。
顔がイマイチ、いけてなくて。
小さめのイラストなら、良いのが、ありましたが、使えないです。
・・・で、失敗して、色が薄すぎる、イラストがあって。
イーグルカラーで、塗り直ししたら良くなって。使えそうです。
自分用に、一〜二枚作ってもらって、楽しもうかな。
一枚、二千五百〜三千円くらいだな、売るとしたら。原価二千円程、それくらいでしょうね。

福祉施設にご迷惑がかかると良くないですし。
Tシャツ作っても、黙っていよう。何か、すぐ、トラブルが起こるらしいし。

ガブリエル「また、そのようなことを、いっているのですか。いけないですねぇ、もっと積極的にいかないと。売れませんよ、早くお店、開けて下さい」。
お客様なんて、今更、いらっしゃらないだろうし。別に、閉めていれば、良いじゃないかな。
ガブリエル「甘いです、あなたは。Tシャツも作って、置いておけば、面白いじゃないですか。売れなくても、賑やかしで置いておく、サービスです。そして意外に、他も売れたり・・・?」。
まあ、賑やかしチラシを、オマケで入れたら、面白いけれどもね。

ガブリエル「そもそも、おばあ様が亡くなって、お時間ができたですね?でも、文通など、増やす予定もない。そしてどことなく、ヒマになった」。
だってさ、まだ、四十九日が過ぎたくらいで。心の準備がまだね。
ガブリエル「もう、そこから、二ヶ月ですよ!せっかくだし、空いたお時間、コミュニケーションのお仕事に、お使い頂きますね!あくまでもお仕事は交流ですね、この場合。売れたものに、ハガキやカードで、一言、お願いします。時々、私が、お仕事を入れます。お金はあるけれども、交流がなくて、淋しい方々は、いっぱい、いらっしゃいます!私の、プロデュースです。さあ、お店を開けて!」。
私の場合、版権ものじゃないとお客様はこないけれども。無理だろ、それ。

人が、協力していれば次々注文ばかり・・・。お店はやらないと、いっているじゃないか。
聖霊「うん、悪かったわね。でももう、できないのね。あなたの、お店はできるけれども、私達がいいたいのは、そちらじゃないの。無理な注文ばかり、聞けないのね」。
いや、私は、お店はしないといっただけだよ。
聖霊「私達は色々と、噂を、伺います。お金持ちの方や普通の方が、何だかおかしいのよ。特に、外国でね。それだからそういう方々は、み国に入るのだと思いますよ」。
??
聖霊「ここからはグノーシス主義者・お金持ちの方・普通の方に、み国を与えるためのみ、頑張りますね。これからは王様の力は、以上の方々に与えます。そうしますね」。
こんなの、更新しただけだろ。契約は叶うかもしれないですが。

やらないって、いっているだろう。
聖霊「もう、いい加減、へたばりそうなのよね。ちょっと、神様との、接点を持たせてあげる、それだけで良いのよね。できれば、ここにも、アドレス公開が良いのよね、お店。ダメかしらね?」。
うるさいなあ!お前はでてくるし、アースさんは、しつこい。何でなのだよ。
聖霊「ご協力に、よろしく。まだ、世の中は滅びないから、安心して、良いのよ」。
そのようなものは、当たり前じゃんか!旧約に書いてあるじゃんか。

はあ、結局、お店に協力させられて、疲れたよ・・・。
アースさん「君も、大変だね♪そういう子には嫌われっぱなしだし。いや〜っ、嫌われものは、大変だよなあ♪僕とは違って」。
うるさいなあ、もう、慣れきっているよ。
アースさん「うん、まあ、これだけやっても、攻撃はしない、ですよね。コレなら、大丈夫ですね。全て、合格です。良かったです、一人でも、こういう方が増えて。まあ、神様ですけれども」。
はあ?また、合格とか何とかの、お話?
アースさん「そういう子のお世話、お疲れ様です!極限状態でも、そういう子や、恵まれない方など、攻撃したりやっかんだりしない、そういう方かどうか、調べたのです。のんびりしているから、大丈夫そうだとは、思っていましたが。これからもお仕事を頼みますね。これから、時々、お天気も荒れ放題になりますし、あなたの助けが必要でしょうね。よろしく!」。
ええーっ!

何でまた、私みたいなシロウトに。
アースさん「君は、名誉欲もあまりないし、慈善をして嬉しいとか、そういった感情も、あまりないといっていいね。それだから任されたくない。家事をしているほうが、ずっと楽しい。それにこれは、専門家のお仕事だと思っている」。
シロウトが手をだして、何が、嬉しいのだよ。傷を深くする、だけだよ。
アースさん「そうだね、ロクなことがないと、いっていいかもしれないね。ただ、居場所作りという、そういう才能は専門家には、ないかもしれない。癒される才能を使って、コミュニケーションのお仕事をする、そういうことなのだね。そういう方の、一人になって」。
別に、やりたくないです。もうちょっと、普通の方にお任せして欲しいな。荷が重い。
アースさん「孤児院のようなサイトが一つできた、そう思ってもらえると、分かりやすいだろう。大人も入れる、孤児院だ。しばらく、続けてみてくれないか。更新は少しでも良いからね」。
やりたくないなあ。

それだからイヤだって。
アースさん「でも、イヤでも、更新してくれるし、急に去っていったりしないじゃないかな?」。
頼まれたことは一応やるのだよ。
アースさん「このお仕事を、やりたいといって、とても真剣に、瞳をキラキラさせて、お金目的じゃなく、やってくる福祉委員さんも、いらっしゃいます。・・・でも、三年も経つと、げっそり痩せてしまい、やる気ゼロで、いわれたことをやっている。そしてすぐやめてしまって、次の方がくる。それが普通なのだよね。君は、もう、15年以上やって、まだ、懲りていない。僕は、別に、福祉委員さんに対して、悪口をいいたいわけじゃないよ。でも、このような現実をみせられたら、僕だって、君にお任せしたく、なるじゃない?やりたいところまでで良いからさ、やってくれないか」。
一体、何の問題があって、人が、去っていくのだろう。

あれから、何だか知りませんが、急に、都合良く、晴れてきたと思って。
気がついたら、横に、誰かいたのですね。
我々に従うのなら、支援してあげよう、あなたは嫌いではない、など。
そうして、完全なもののみが、残るべきだといって。
・・・何か、嫌な予感がしたのです。
もう少し、アースさんと、馬鹿やってますね。

それでは、今週も疲れない程度張り切って参りましょう!


2021年7月9日(金曜日) 外人さんが教義みたら怒るかな

 中の人による、グノーシス主義の、教義です。
中の人は、教義、マメに更新するねーっ。
中の人「あなたがたに、三位について、教えておこう。この世の世界が父、導くのが聖霊、そして鍵を持っているのがイエスである。イエスについておけば、戸を開き、み国へと、入れてくれるだろう。彼は、あなたがたに、一時は絶望をみせるかもしれないが、あなたがたを、必ず、み国へと、連れていくだろう。そのときには、恥ずかしい振る舞いを恥じるのではなく、悔いるべきことを、悔いておきなさい」。
(説明)世の中と、三位の神様の、関係性でしょうか。
イエスさんの鍵は、彼が、善き羊飼いという、言葉に表されます。
み国の道を開いて、戸を開け、中へ入れてくれるわけですよね。
恥ずかしい振る舞いは、この世のルールでの人に嘲り・笑われやすい出来事、悔いるべきことは、人に対して振る舞った悪いこと、罪・咎、そういうことです。
人に対してしてしまった悪が良くないのですかね。

 こぴっく、割と、使いこなしてきました。
まさかこぴっくで、何百枚と描くとは、大昔に思わなかったですね。
しかもまさか、揃えることが、あるとは。ずっと多くお金がなかった人間には、奇跡のような、出来事ですね。
まあ、やっとよく使う色の色味が、分かってきて。
コレとコレを使うと、どうなるとか、実験していますね。
色味を合わせるのを追求していくと、不思議なことにどんどん新しいのがでてくる。
二色塗りスライムでも、そうなのです。際限がないのです。
こういうのは、色合わせの色表とかで、良い色の組み合わせを探す、それが良さそうです。
しかし探求した色味も、なかなか、面白いですし。使えたら、使いたいです。

 今回のイラストは、オリジナルの、テディベアーです。
どうも色味が、ごちゃごちゃになった、です(汗)。
手作りのくまって、こういう感じの形になるのだよなあ。
左フレームの、イラスト3よりご覧下さい!

賑やかしチラシを、すでに発送しています。
そろそろ、届きましたか。大雨で遅れているかも。
このホームページのとっぷからの「イラスト」に、置いてありますよ。
もし、よろしければ。
後それと、思いつきです。
賑やかしチラシは、お金もかかることだし、そう、長くはないですね。次回もないかもしれません。
その代わりに、「みにみに通信」というのを思いつきました。
既成のハガキにプリンタか何かで印刷し、身近な話題を、発送するというものですが。
まあ、被災地支援用というのかな。まだ、思いつき段階です。
お声がけ、みたいなものです。まあ、今後、やるかは分かりません。

結局、そっちのほうが余計に、お金がかかるって?
アースさん「だってさ、プリンタって、買っても、3〜4年で壊れるでしょう。二万円くらいしてさ、インク代もかかる。カラーコピーなら、耐水性で保存も良くて、封筒で秘密も守れる。ハガキにして、20円浮かすより、今の調子のほうが、結果的に安いだけ。その上に、ここで公表もしないし、被災地の方にしか支援しないのなら、たとえお金は浮いても、つまらないじゃないか」。
皆さんがご遠慮しているし、良いと思ったのですが。ネタが持つなら現状維持でも良いけれどもね。

しかしまあ何です、このようなお仕事、引き受けた訳でもなく。
預言者なあと、がっかりして、ふと、新約聖書を開いて。
そのページに、神の憐れみによる、信任とあって。
要するに、神様が誰かに、憐れみを与えるために、私を選んだと。
しかもその後、アースさんが、一生、このお家に住んで、この、お仕事をせよ、など。
やっ、やだよー、早く、独立したいよ!!
でも、アースさんが、こうおっしゃって。いつまでも父と母がいてくれる訳ではないよ、とか。
はあ、ちょっと、長居になりそうだから、お部屋の整理でも、しようかなあ・・・。

あのさあ、結局、何だったのさ。
ガブリエル「ま・・・、まあ。作戦ですよね、こういうのは。グノーシス主義者・そういう子は、痛みの人生ですからね。自分を認めてもらえて、構ってもらえるのが、一番なのです。余計なお時間を使わせて失礼致しました。「負けてあげる」「愛してあげる」のが、グノーシス主義者の人生ですからね、お時間のあるあなたに、いつも緊急のお仕事が、入るのですね。失礼しました」。
私さ、ウソは嫌いだから、やめてね・・・。

ちょっと、ルミナラ、点けてみるか。
久々だし、効くかな。今の豪雨はおかしいよ。

お前また、嘘つきに、きたのか。
アースさん「いやいや。また、お祈りするの?効かなかったじゃない。どうして、また」。
何かやらないでは、いられないだろう。ただでさえ何もしていないのだしさ。
アースさん「楽しくお茶でもしていれば、良いのですよ?やれやれ、これは本当に、どうしたことかなあと、僕は思う。僕が嘘をついてまで慰め行為をするのは、誰も、福祉の方々が、やってくれないからだね。君はいつも騙されてお気の毒ですよ。こういった天変地異を止めるのは、神官さん達の、お仕事ですよ。君は、介護していれば良いだけさ。でも、彼らは何もしない。どうしてかな」。
??

アドナイさん「やれやれ、また、お前なのかな。私の邪魔をするな、制裁だよ、政治家などの、連中にな。色々と悪事があるのでなあ、お前の祈りは、聞いていたが、聞かなかったのだ。許せ」。
どうしたものでしょう。
アドナイさん「そうだな。もし私の気まぐれが起こったら、お前のところに大雨を、移してやろう。1〜2時間で良いぞ、その間ルミナラを点けていれば、だな。何も起こらなくても許せよ」。
は・・・、はあ。

何だか背中が、重いなあ。
ルミナラは点けているけれども、こちらで、大雨などはないし。やっぱり、ダメかな・・・。

引き続き。
どうも朝方の、エネルギー配給に、似ているなあ。どんどん、体から抜けていくよ。
後15分で2時間らしいですが。
アドナイさんとの、お約束だから、後で消します。今テレビ、使えないのだよね。

もう、やめて良いのかなあ。
アースさん「うん、良いです。もっと頑張っても良いのですが、つまらないのですよね、何やっても別に関係ないですよ、そのような方々放っておけば良いよ、みたいな方が、多くてね。学校・職場とかでもそうでしょう、女の子が先生や上司に山のようにレイプされても、知らん顔の大人達。そのようなものは、放っておけば、そのうち、亡くなるのですね、知らないですよね。お金儲けで楽しいこといっぱい、そういう子なんて、放っておけば、そのうち、お墓が立って、知らない顔しておけば、葬式代も浮きます。君は、さすがは、ご病気ですね、僕達の声がちゃんと聴こえてる。このまま、独自ルートでいっておいて、ボランティア活動すれば良いですよ、さっきから背中が重くて困っているでしょう、ごめんなさい、離す気は、ないのですよ。捕まっちゃって残念でしたよね、ロクな奴がいなくてね」。
な・・・、何か、ものすごい嫌味な。

今日は日曜日かあ。
全国、大雨、降るらしいよなあ。
上手くいけば、ご飯はお弁当だから、ルミナラ、いけるかなあ?
でも、介護があるし、体力的に、無理かもなあ、明日、母が、歯医者だしな。

ルミナラ、午前三時から、オンです。
三時間経って、お天気変わったかなあ。まあ、変わりやすい、お天気だしね。

ルミナラの効果は、消しておきますね。
オフです。

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆


2021年7月7日(水曜日) 連載ミニ・小説です

 アレクスはその時、自分の中の留め金が外れたような気持ちになった。
ロード・カオスを睨み付ける。
そうだ・・・、スポーツをしてやろうじゃないか。
アレクスは自分の背負い袋から、食料を取り出した。
それを魔法の力で極限まで熱した。
「腹が減っているんだろ・・・、これを食えよ。」
そう言ってカオスの顔目がけて、焼けたリンゴ、焼きもろこしになったトウモロコシ、チーズ・パンなど一つ一つ投げつけてやった。熱がるロード・カオス。
何という抜群のコントロール力。これぞスポーツだ。
次に、熱して焼け焦げた鎧、兜、盾なども、投げつけてやった。
剣は使わない。これはあくまでもスポーツなのだ。
その時カオスが聞くに堪えない罵詈雑言を吐いた。
これはペナルティーだ。そう思って今度はカオスに近づき、その顔を思い切り拳で殴ってやった。
そうやって壁際まで追い詰めていき、殴り続けてやった。そしてこう言った。
「今だ!モウファス!」
すると先程の扉の所で控えていたモウファスが駆け出した。
一気に高速の速さでフル・ヤの炉を目指す。彼は、魔法の靴を履いていたのだ。
フル・ヤの炉に四つのコーバム鉱石が入った。
するとフル・ヤの炉は爆発した。コーバム鉱石が粉みじんになり、どろどろと溶け出していく。
四人は戦いに勝ったのだ。

続ダンジョンマスター、第79回目です。
悲願の勝利達成か〜っ?
で・・・、でも、何か、ちょっと、間抜けな(汗)。ものを投げて、とか。
嫌味っぽくはあるのですが、性格の悪いアレクスは、久しぶりです。

 しかし全く知らなかったですが。
おしゃれなマスクって、どこに売っていたのでしょうか?
テレビやねっとでもそうですし、外出すると身につけた方がいて。
お知り合いの方は、手作りでした。
私も、頂きものは手作りです。ありがたいお話ですが!
よく拝見していた、売りものの黒マスクですね、あれはどこで、売っていたのかな。
カーキ色・灰色なんてものも、ありましたね。
可愛いお店にいけば、売っているのかもしれないですよね。

ふう、被害状況は大きいですよね。
私は、とりあえず何とかなっているし、大丈夫ですよ。ちょっと、裏技・・・。

咎めと身代わりは、違うって?
ガブリエル「そうです、違います。身代わりのほうが、キツイですね。普通の方なら、耐えられないです。精神強化して、やっと耐えて頂いた、です」。
何でもこれからは、しないそうじゃないか。どうして?確かに私は気持ちが緩んだけれども。
ガブリエル「まあ、また、悪霊関係です。というよりも、特別に半年程、耐えて頂いて、生活を補強したのです。色々、辛いですしね。あなたは、かなり大変だったと思いますが・・・、お給料でも差し上げて、お好きなものを買うというのは。いらないですかね?」。
ま・・・、まあ、先日、洋服も買って、もらったしね。また、冬服のときで良いよ。

ちょっと、追加です。
穀物・お魚・お肉・卵を、支援対象にします。外国のものも、同じです。

ま・・・、まあ、怪しげな、サイトですが!
今日でショート・ステイは終わりです。
もう、用事を終わらせて。やることなかったから、ナスを揚げ焼きにしました。
どうしたものかな、被災地は。今年は元気メール企画、参加できないしな・・・。

福祉施設にお電話して。
作品展と、こころちゃんのイラストのこと、お話しました。
どうも長く続くと、古くさく、なってくるものですが。その、考えがいつもあって。
しかしながら、すたっふさんのお考えだと、むしろ新しいものを送ってもらうのが悪いという、昔のこころちゃんを使って、ゆめだよりを作りましょう、みたいな感じです。
正直、作品展は、やりかたがマンネリになってきたな、そこで止まってしまったのです。
それだから本を作りたいという、新しい方にお任せして、みたいなお話をしたのです。
そうしたら何だか、不安げに、おっしゃるのですね。先がどうなるか分からない、など。
いま、福祉施設に集まっているメンバーさんが、すごく少ないらしい。
私は、そろそろ、新しい風を吹き込みたい気持ちがあって・・・、でも、今は、無理そうです。
何だかどうしたのかな。
まだ私も、新しいものは、描けそうだし、やる気は、あるのですが・・・。

こころちゃんの線画も、今は夏ですし、マルチライナーにして。
紙も、画用紙にしたのですね。マルチライナーが、掠れないので。
次辺りに、印刷されてきそうなので、デコボコがでていないかが、心配です。
あちらで、使っているコピー機も、かなり古いものなので、結果が分かり辛いのですね。

作品展の、ことですかね・・・?
アドナイさん「うん、どうだったかなあ?」。
何だか行き詰まり感が、ありましたね。
アドナイさん「始まって間もないのに、おかしいだろ?その方も、新人って感じでもないのに、やりかたが分からないだけじゃない、やる気に、欠けてるだろ。やろうと思えばやれる、気概なのだよ。でもそうじゃない、ご病気が酷くなったというより、自分とは別の方の、作品を送り出したいという、熱意がないのだよ。それだから自分勝手な、ものになるだけなのだ。可哀想だけれどもな」。
それはどうなのかな。まだ、分からないし・・・。


2021年7月4日(日曜日) 福祉施設は大丈夫かな

 今週のたろっと占いですよ。
先週はどちら側に、なりましたか。貴族階級か庶民か、でしたね。
さて、今週の世界のキーワードです。
でたのは、女教皇の逆位置でした。
経験不足からくる、世界情勢の読み違いがあり、一食触発になりそうですね。何事にも、経験者が語るべきであって、日常から、討論を欠かしてはなりませんね。
コレに従えば、戦車の正位置でした。
勢いはありますが、賢者にしたたかさが足りず、読み違いから、争いに発展する恐れがあります。上に立つ方に、助言・警告が必要ですね。争いは回避が、無難です。
従わなければ、世界の正位置でした。
世界が段々と、まとまりを持ち始めますね。広がりには終止符がありますが、何らかの、結果がでてきます。ここから、次の段階を見据え、話し合いをしましょう。
さて、今週の人です。
でたのは、太陽の正位置でした。
普段から、ムードメーカーの方ですね。ほんわか系ですが、今週は世の中の伸び悩みの、原因の指摘を、してくれます。聞きかじっておけば、役に立つでしょう。
話し合いが必要なときです。
何事にも立ち止まって、皆で、一緒に考えましょう。

 しかしまあこのような、寝ぼけたサイトを、十年以上・・・。
しかも何とも、古くさいです。
本当にどういった層の方が、ご覧になるのかな。オタクなら気が合いそうですが。
写真バーンドーン、自撮りが画面を埋め尽くし、そういう場所ばかりなのでしょうし。
適当に放置しても、誰も気にしないと、思います。
お客様が、いらっしゃるか自体が、怪しいな(汗)。本当にそう思いますね。
それだから預言などの、本物か怪しい情報を、置いていられるわけで。
教義とか、読んでいて割と面白いところも、あるけれども。まあ、冷やかして下さい。

私は、もう、やりませんよ。
アドナイさん「悪かったから。そういう子のことで煽り立ててすまなかった、多少、おかしなことを書くのも仕方がない。お前には、何も、関係がないことなのだ。いちいち、話題にだして、構わせてすまない、何せ、そういう子・グノーシス主義者も、親どもが放ったらかしでな。時間が余っているわけでもないだろうし、王様も辛いだろう。何事も引き受けさせて、本当にすまないな。もう少しだけ、引き受けて欲しい。大雨はまだ止まないか」。
私に、何で、他の放ったらかしを押し付けるのだろう。

用事はありません、静かにしたい、だけです。
アドナイさん「まあ、聞きなさいよ。いつもいつも、子どもの面倒をみさせて悪いが、それは確実に、実になることなのだよ。お前はでていく一方かもしれないが、子どものほうはよく得られるだろう。たとえば、幼少期に愛情を得られない、また、大人になっても反抗期もないという、辛い状態から、子どもは、膨大なストレスが、たまっている。それでここから暴力を、感じるのだな。時々、衝動的に、暴力を振るうことを、考える子どももいる。大人になってもそういう状態が続き、やはり暴力を振るいたい大人もいる」。
何で、男の人に、やらせないのですか。危険過ぎます。
アドナイさん「マザー・テレサなど、こわっぱだろ?これに比べればな。まあ、大半のときは、そういうことはしない。地道にやるのが一番だ。この子どもの親には、圧倒的に、世話みがない。関心がないのだな。お前にも、難しいと思う、でも、恨まれている訳ではないのだぞ」。
何で、女を、選ぶのだ。おかしいだろ。

やらないって、いってるだろ。
アースさん「さて、結局、背負わされた、咎め・身代わりです。どうでしたか、徹底した無関心と、暴力と嘲りは」。
そのようなものは、知るかよ!
アースさん「君は、ずっとそうだったのだから、相当、詳しいはずだ。しかし君が本当に、受けるはずの世界も、もう、ここにきているよ。心配は必要がない」。
はあ?
アースさん「咎め・身代わりはやめて、本当に王様の力に、移行しますね。必要のなくなったものは廃棄されてなくなります。もう、十分知ったものは、必要ない。嘘ばかりですみません、この六年半で、ついでに、加害者の心も、知ってもらいました。それも必要ありません」。
無茶苦茶、するなよ。
アースさん「やる気がでるまで、ちゃんと、待ちますので。安全と楽しい世界に、きたからといって、君が忘れるはずもない、そう、信じています」。
うるさいなあ、要するに、誰もやりたくないからだろ。

しかも今度のショート・ステイは、また、することがないし・・・。
賑やかしチラシも、そろそろ、感染症が、明けそうだし。ちょっと、早いのだよね。
イラスト頑張るのも良いですが、たまってきたイラスト、どうしようか(汗)。
日記が重くなるし、あんまり、ものを書きたくない、です。

ありふれた幸せな、人生でもなく。とっておきの、不幸でもなく。
程々なのです、自分くらいは。
・・・で、何が、いいたいかというと。最近、飽きるような、毎日なのです。
母が倒れ、かなり困難でした。
それがなくなると。大変だった食事作りも、作り置きで何とか、なってしまい。
お手紙も、割と、大変な作業ですが。最近、お休みの日のほうが多くて、どうも作りが、ディープになってしまって、おまけに、ちょい足しイラストが描ける道具も、いっぱい揃っているのです。
その上に、洋服まで、買ってしまい、修行が足りないのです。
ま・・・、まあ、洋服を買ったのは、たくさんあったほうが、洋服の痛みが、遅いからです。
ガブリエル「アンタ今どき、それくらいで、豪華な生活とか思ってるのですかね?甘いです、ちょっと前まで海外旅行とかも、普通でしたよ。質素な暮らしよりも、与えるために、買い求めましょう」。
いま、与えたほうが良いのは、どう考えても、豪雨被災地だよね・・・。

政治など、女性が上に立って、でてくるとき。
男性社会に何か問題があり、女性がやむなくでてくるのでは、そう、思ってしまいますね。
女性が大人しく家事・育児をしていられるのは、問題がないからではと。
いつの時代も、女性は大変なものです。

今日は郵便切手の、配達をお願いしているので。
下のお部屋にいないといけないので、更新は少なめです。
まあ、賑やかしチラシ用です。前回の余った柄に、頂いた切手と足して、もう一枚です。
こういう、切手の買い足しで、お金が大きく浮くし、どうぞご心配なく!

何だかな。
ここへ色々と書くと、出来事が正反対に、なるのですね。
何か、反感をお持ちの方がいらっしゃって、全て逆に、神様がお叶えになっているのではと、思ってしまう程です。
あんまり、個人的なことを書くのは好きじゃないし・・・。
ここは書き込まない場所にしますね。

多分、あんまり、好かれていない場所なのではないかなあ、私と同じようにね。
それだから止めようとしてるのですけれども、一言、あるらしくて。
ガブリエル「切手が届かなかったですか。せっかく、チラシの、次回の分にしようと思って、買い揃えたのにですね。おかしいですよね、確かにここにさっき、切手のことを書いた、です」。
いつもそうなのだよね。ものすごく嫌がられていて、何か、全て逆に、なっているのでは。私って特に神様に、好かれないしなあ。
ガブリエル「そのような酷い方がいたらとっくにその方は殺されてます、以上。そのお話はどうでも良くて、切手が届かなくても、差し上げて下さいませんか。差し替えです。切手代にお使いになる予定だった小銭が、惜しいのです。それは次回の、チラシに、使えます。800円分集めるのは、割と、苦労しますね。どこかで、千円をだして、買って下さい。お釣りが、でますからね」。
は・・・、はあ・・・。

いま、古いへっどほんを、パソコン君に繋いで。ギルティギアゼクスを、聴いているのですが。
ジョニー、退廃してるな(汗)。何か、そのような感じで。
しかしこういう風に、軽い音だったかな。音は、安定していますが。
新しいへっどほんのほうが、高いだけあり、低音も良いですね。音楽を聴くソフトのせいかなあ。

煮込みハンバーグを、作ってみましたよ。
色々と買い揃えるものが多くて、不味かったら、余りそうです(汗)。
まあ、調味料なので、大丈夫でしょうが。
ショート・ステイの暇つぶしのはずが、もう、作ってしまい。後悔です、やることない。

それでは、今週も疲れない程度張り切って参りましょう!


2021年7月2日(金曜日) 何か大切なものでもみつかれば

 やっと感染症が治まってきています。
外国など、ワクチンの摂取率が増えていき、人口が多すぎない国は、比較的安全に、なったのかな。
恐ろしかったというよりも・・・、何が何だかと。
毎日毎日、目まぐるしく、感染症の拡大ニュースが流れ。
病院では、次々に患者さん達が運ばれ、膨大なお仕事。
貧困率はぐっと上がり、みかける方々、肩を落として、どこも歩いており。
今でも何が何だか、さっぱりです。追いかけきれないです、結局、介護ばかりだった。
同じような介護の方達、どうだったのかな。

これからはどうなるか、全く、予測がつかない中。
お金儲けをしないといけません。財政確保、それが第一になって。
お仕事がない方々がたくさんいらっしゃる中。
ここへきても、そういう子のことなどはあまり、お話には、上がってきません。
子どものワクチンのことも、作るのか作らないのか、全く、知らないです。
向上できない・癒しきれないものが、たくさん、できてしまい。
せめてワクチンは、完全であって欲しいものですが・・・。
まだまだ、終わったわけではなく。皆様、お疲れ様です。

 今回のイラストは、りらっくまシリーズの、こりらっくまです。
またまた、たこ焼き〜っ☆
青のりと、紅ショウガを、お願いします!本気で食べるつもりなのか。
左フレームの、イラスト3からご覧下さい!

しかしまあ何です。
日本では(多分日本)、税収がたくさんあったらしいですね。
過去最高とか、伺いましたが!
生活保護とか、障害年金とか、気にしなくて、良いのではと。ふらっと入った情報ですが。

たった今。
お部屋の中が、急に、真っ白に、明るくなって。
外の光が入ってくるのかと、よく、みたのですが、違います。お部屋の中で、何かが光って、いるのですね。
それは私の中へ入って、消えてしまいました。
よく、分からなかったですね。

はあ、やっと普通の、話題だな(汗)。
やっぱり、そういった話題は、繊細だし、緊張するので・・・。
前に買っておいた、夏用の新品ズボン。
使われている布が、アトピー向きではないことが分かり。
でもまあ、そういえば昨年も、そういったズボンで過ごし、大丈夫でした。
近所のスーパーに、いければ、良いのですが。風通しが良いのを、買うのになあ。
そこへきて先日買った、ズボン二着をみて。あっ、コレ、大丈夫だ。
買ってみるものですね。はいたら涼しかったし、この新品ズボンも、洗って使おうかな。

ガブリエル「申しわけなかった、ごめんなさい。最近、おかしかった、ですよね?」。
王様なんてするからこうなるのだよ。
ガブリエル「良い結果をおみせしなかったことが、怒りの原因ですね、悪かったです」。
情報操作するなよ、全く。

秘密があると?
ガブリエル「本当は咎め・身代わりなのですね、ずっとしていたのは。・・・そういう子を助けるために、必要なことは、咎め・身代わりなのです。これのせいで、犠牲がたくさんでても、知らない顔をしていた、これが原因だったのですね」。
ずいぶん、勝手なことを、するのだなあ。
ガブリエル「悪霊はそういう子を、自分の作品として、完成させたがっています。これを止めるから、あなたに全部、とばっちりがきていて、大変です。しかしもうとりやめますね・・・、可哀想ですが、これはもう仕方がない、私の責任です。大変なのは変わりがないですが、少し、マシになるかもしれません。あなたは、お気の毒でしたね、ここまでです」。
何だったのだろう、全く。

それでは、ガブリエルさんも、なのかな。
ガブリエル「良いのですよ、いつもいつも、苦労ばかりさせて・・・。僕が、最後まで、意地を張ってしまい、それにお付き合い頂いたのにも関わらず、本当のことを、いえなかった。いつも聖霊様が諦めてしまってから、僕が、一人で戦うのです。あなたは優しいから付き合ってくれましたが、僕がいつも諦めるのは、そういう子が・・・、お金持ちの方・普通の方と立場が逆転したとき、あまり僕が詳しくはいいたくないことを、するからです。もう、あなたと同じように落胆をして、肩を落としますね。どうもありがとう、最後まで責任を持てず、申しわけなかったです」。
一応、まだ、王様はするのかな。
ガブリエル「他の方のため、お願いします」。
やれやれ、何だかよく分からないことのために・・・。

完全な世界に、入ってしまっては、いけませんよ。
それは本当に、恐ろしい世界です。
完全なルール・完全な美しさ。
足の踏み場も、逃げ場もない、のですね。

あれっ・・・。
聖霊:コソコソ。
何か、やだなあ、また、微妙なことを、書いているよ。一体、誰のしわざなのよ?
聖霊「おほほほ・・・」。
物陰へ聖霊が消える音:どろ〜ん。
コラーッ!みえたぞ、そこのアンタ!このーっ。

魂の息子「それじゃあ知らないよ、もう、自分で勝手にしていた、咎め、切る。お父さんはこういう勝手しない。お母さん、心配ない」。
お前も勝手に、していたのか。
息子「ご迷惑おかけした。僕なりに、そういう子を、心配した。でも、亡くなる方に同情心、みせなかった、もう、知らない。自然状態、なる。アドナイさんも一緒に、咎め、切る」。
??

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆


とっぷへ戻る